フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 あるとき、チュウカナ大陸の雑多な世界の意味を創造神によって産み出された子供たちが尋ねた。  創造神はこう答えた。  自分は、遥か未来の出来事を夢見ることが出来る。  この箱庭は、夢見たこと再現する実験場だと。  尋ねた子供たちは、自分にも同じことが出来るかと聞いた。  創造神は笑って出来ると答えた。  すると、ぜひ自分も作ってみたいと子供たちはせがんだ。  しかし無造作に力を与えても悲劇しか生まないことを彼女は知っていた。  そこで彼女は、自分が創った箱庭で子供たちが世界を創るに相応しい神になれるかどうかの試験することを決めた。  こうしてこの世は世界に満ちたのである。 「創造神さま。見習い女神リブーラ参りました」  幼さが残る顔に蒼い大きな瞳にショートカットのピンクの髪。  身長は150前後だが出るところは出て引っ込むところは引っ込んだけしからんボヂィのちびっ子が片膝を付く。  目の前には椅子に座る創造神。 「貴女の試練が決まりました。一人の女性を一国の将軍にすることです。貴女は彼女の信仰の対象として適時、彼女の前に現れ、彼女を導くのです」  創造神は紅と翠のオッドアイで値踏みするようにリブーラを見つめる。 「将軍ですか?主に対する高い忠誠心、ある程度は上を望む程々の野心。れ、レベル高くないですか?」  面を上げ、リブーラは創造神の顔を見つめる。 「簡単に越えられる試練では試練になりませんよ?」  創造神は、リブーラが即座に難易度を理解した事に満足した微笑みを浮かべる。 「ですよね…」  創造神の微笑みに気付くことなく、リブーラは自分の手を見詰めながらつぶやく。 「頑張りなさい」 「はい。頑張ります」  リブーラは元気よく返事をした。 大陸歴3162年  チュウカナ大陸の南の端にアタラカ山脈と呼ばれる山がある。  南北に200km。東西に30km。 上空から見ると地面に剣を置いたような形に見えるという。  この山脈の東西と南北が交差する場所の麓に鬱蒼とした森がある。  その森の奥には、二十余人のエルフと呼ばれる種族が住む集落があった。 おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ  元気な赤ん坊の声が聞こえてくる。 「元気な女の子です」  生まれたばかりの赤ん坊を取り上げた女性はそう言って母親を安心させる。  数百年を生きるエルフは、その長寿ゆえか子供が産まれ難い。  にもかかわらずこの村では、ここ数日で二人の子供を授かる予定だ。 「よくやった。これで我が家も安泰だな」  イケメンなエルフがベットで横になっている美女エルフに声を掛ける。  なにしろエルフは、人族と同じ二十数年をかけて大人の身体へと成熟する。  そして事故死しない限り、それから数百年、変わらぬ姿のままで生も性も謳歌することになるのだ。 「はい」  美女エルフは穏やかな顔で笑う。 「そう言えばあなた。わたしね、この子が生まれる前の日に夢を見たの」 「へぇどんな?」 「蒼い大きな瞳にショートカットのピンクの髪をした女の子…にしては発育が良かったけど、その女の子がね、私のお腹に手を当てて、これからよろしくねって、まるで」  そこで美女エルフはちょっとした苦笑いをする。  他の種族と交流することで、宗教という存在は知っていたが、基本エルフは、神の存在を信じていない。  それが、生まれてくる我が子に神が祝福を与えた、という伝承のような夢を見たというのは滑稽な話だからだ。 「神の祝福のあるエルフか。我が子は、どんな人生を歩むんだろうね」  イケメンなエルフは笑いながら赤ん坊を抱き上げ、そらに掲げる。  このとき産まれた赤ん坊は、ナオと名付けられる。  そして、その二日後に産まれたリベッチオと名付けられた赤ん坊と共に大切に育てられることになる。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行