フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 あるとき、チュウカナ大陸の雑多な世界の意味を創造神によって産み出された子供たちが尋ねた。
 
 創造神はこう答えた。
 
 自分は、遥か未来の出来事を夢見ることが出来る。
 この箱庭は、夢見たこと再現する実験場だと。
 尋ねた子供たちは、自分にも同じことが出来るかと聞いた。
 
 創造神は笑って出来ると答えた。
 
 すると、ぜひ自分も作ってみたいと子供たちはせがんだ。
 しかし無造作に力を与えても悲劇しか生まないことを彼女は知っていた。
 そこで彼女は、自分が創った箱庭で子供たちが世界を創るに相応しい神になれるかどうかの試験することを決めた。
 
 こうしてこの世は世界に満ちたのである。



 
「創造神さま。見習い女神リブーラ参りました」
 
 幼さが残る顔に蒼い大きな瞳にショートカットのピンクの髪。
 身長は150前後だが出るところは出て引っ込むところは引っ込んだけしからんボヂィのちびっ子が片膝を付く。
 目の前には椅子に座る創造神。
 
「貴女の試練が決まりました。一人の女性を一国の将軍にすることです。貴女は彼女の信仰の対象として適時、彼女の前に現れ、彼女を導くのです」
 
 創造神は紅と翠のオッドアイで値踏みするようにリブーラを見つめる。
 
「将軍ですか?主に対する高い忠誠心、ある程度は上を望む程々の野心。れ、レベル高くないですか?
 
 面を上げ、リブーラは創造神の顔を見つめる。
 
「簡単に越えられる試練では試練になりませんよ?
 
 創造神は、リブーラが即座に難易度を理解した事に満足した微笑みを浮かべる。
 
「ですよね…」
 
 創造神の微笑みに気付くことなく、リブーラは自分の手を見詰めながらつぶやく。
 
「頑張りなさい」
 
「はい。頑張ります」
 
 リブーラは元気よく返事をした。
 
 
 



 大陸歴3162年
 
 チュウカナ大陸の南の端にアタラカ山脈と呼ばれる山がある。
 南北に200km。東西に30km。
 上空から見ると地面に剣を置いたような形に見えるという。
 この山脈の東西と南北が交差する場所の麓に鬱蒼とした森がある。
 その森の奥には、二十余人のエルフと呼ばれる種族が住む集落があった。
 
 おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ
 
 元気な赤ん坊の声が聞こえてくる。
 
「元気な女の子です」
 
 生まれたばかりの赤ん坊を取り上げた女性はそう言って母親を安心させる。
 数百年を生きるエルフは、その長寿ゆえか子供が産まれ難い。
 にもかかわらずこの村では、ここ数日で二人の子供を授かる予定だ。
 
「よくやった。これで我が家も安泰だな」
 
 イケメンなエルフがベットで横になっている美女エルフに声を掛ける。
 なにしろエルフは、人族と同じ二十数年をかけて大人の身体へと成熟する。
 そして事故死しない限り、それから数百年、変わらぬ姿のままで生も性も謳歌することになるのだ。
 
「はい」
 
 美女エルフは穏やかな顔で笑う。
 
「そう言えばあなた。わたしね、この子が生まれる前の日に夢を見たの」
 
「へぇどんな?
 
「蒼い大きな瞳にショートカットのピンクの髪をした女の子…にしては発育が良かった


けど、その女の子がね、私のお腹に手を当てて、これからよろしくねって、まるで」
 
 そこで美女エルフはちょっとした苦笑いをする。
 他の種族と交流することで、宗教という存在は知っていたが、基本エルフは、神の存在を信じていない。
 それが、生まれてくる我が子に神が祝福を与えた、という伝承のような夢を見たというのは滑稽な話だからだ。
 
「神の祝福のあるエルフか。我が子は、どんな人生を歩むんだろうね」
 
 イケメンなエルフは笑いながら赤ん坊を抱き上げ、そらに掲げる。
 このとき産まれた赤ん坊は、ナオと名付けられる。
 
 そして、その二日後に産まれたリベッチオと名付けられた赤ん坊と共に大切に育てられることになる。
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行