フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 鉱山都市ソロモン。
 
 アタラカ山脈の中腹で発見された鉄鉱石を発掘するために山が掘削され、掘削された空き地に小屋が立ち、石炭鉱脈が発見されると小屋は村になった。
 しばらくすると良質な鉄鉱石を産出する鉱山を巡って国を巻き込む戦争が起こり、村は自衛のために掘削で出た石をつかって城壁を作り始める。
 やがて高さ6メートル近い城壁が完成。城門から麓まで九十九折りに登山道が設置され、九十九折の踊り場にはそれぞれ櫓が設置される。
 この頃には鉱夫、鍛冶師、商人の3つのギルドからなる独立自治区ソロモンとなった。
 
「ここには何を?
 
 如何にも新兵らしい若い赤毛の衛兵が提出された羊皮紙とナオとリベッチオの首輪に無遠慮な視線を送りながら訪ねる。
 
「我が主の命令で、ソロモンの鍛冶師ギルドに道具の注文に参りました」



 
 ナオは羊皮紙に書いてあることを答える。
 
「ギルドカードを提出するか銀貨2枚。鍛冶師の工房は北。商店なら南。西は鉱夫の居住区で荒っぽいのが多いから近寄らないことをお勧めします」
 
 ナオから銀貨を受け取った衛兵は代わりに2枚の金属札を渡す。
 
「カードを持ってそこの水晶に手をかざしてください。犯罪履歴の確認の後、この街での身分証になります。またカードはギルドカードと共通のモノになります。取り引きをする場合はギルドの窓口で仮登録をすることになりますので提出をお願いします」
 
 赤毛の衛兵は少し離れたところにあるこぶし大の透明な水晶を指さす。
 ナオとリベッチオはカードを持って水晶に手をかざす。
 ピカッと水晶は青く輝く。
 
「過去の犯罪歴がないのを確認しました。ようこそソロモンへ」
 
 ちなみに犯罪歴とは裁判など公的機関によって犯罪奴隷などの刑罰を科された過去があることを差す。
 比較的軽く償いが済んだ犯罪などは一定期間で消去されるし、重犯罪を犯していても発覚してなければ記載されることはない。
 ナオは番兵に頭を下げると一路南へと進む。
 やがてそこそこ大きな2階建ての建物が見えてくる。
 テラスには数個のテーブルと椅子。建物の入り口には宿を意味する四葉の紋章が刻まれた看板が下がっていた。
 
「商用で来ています。二人部屋で五日」
 
 ナオが二枚の身分証をカウンターに差し出す。
 
「食事1日2回で大銀貨3枚」
 
 カウンターの女性は身分証を見て値段を告げる。



 ナオは大銀貨3枚を払い鍵を受け取る。
 因みに貨幣単位は大陸共通でマッサ。もっとも鋳造に使う金属をそのまま単位として使うことが多い。
 
 レートは
 白金貨=1000万
 大金貨=100万
 金貨=10万
 大銀貨=1万
 銀貨=1000
 銅貨=100
 鉄貨=10
 青銅貨=1
 となっている。
 
 鋳造は国ごとだが大きさと金属含有率が決まっているので大陸だけでなくワ国でも使えるのだ。
 もっともワ国の貨幣は大陸では美術品扱いだったりする。
 
「二階の二〇三だよ」
 
「はい」
 
 ナオとリベッチオは部屋に入ると指輪に触れる。
 
 ぼう
 
 黒い靄がふたつナオとリベッチオの前に現れる。
 
「確認は夜行いますのでそれまで探索をお願いします」
 
 ナオとリベッチオがそう命じると黒い靄はすっと拡散する。
 
「私たちは表の仕事をこなしましょう」



 
 ナオの言葉にリベッチオは静かに頷いた。
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行