フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 2 今後の目標を決めますわ
 
 悠太様の人格を受け入れる決断を下したわたくしは、次に、今後の生活について改めて考えました。具体的には、これからの目標です。
 悠太様の記憶から、わたくしは欲していた『霊素』と『精霊術』の知識を、今のこの世界ではありえない水準で手に入れました。もう、精霊教の教義や研究から学ぶものは、何一つないと言っても過言ではありません。改めて研究をする必要もありません。……この世界の精霊術のレベルが低すぎて、研究したくともできない、と言ったほうが正確ではありますが。
 であるのなら、今後、伝道師として活動するうえで、何に力点を置くべきでしょうか。無為に人生を送らないためにも、考える必要がありました。
「各地の霊素持ちの方への教育が、わたくしの使命になるのでしょうか」
 精霊教の勢力が及んでいない地域は、まだまだ多いと聞いています。そういった地では、『霊素』持ちも、その才能をただ埋もれさせているだけでしょう。
 ……埋もれさせているだけであれば、まだいいのかもしれません。知らずに暴発させて、取り返しのつかない事態を引き起こす可能性も、ないとは言えないのですから。
「霊素を持たない人にも、正しい知識を持っていただかなければいけないですわ。霊素


持ちへの無用な偏見が生じないように、普及活動も頑張らないといけませんわね」
 おぼろげながら、見えてきました。自分が何をなすべきなのか。何を使命にこの世に生を受けたのか。
(ヴァーツラフの奴も言っていたよ。オレが、この世界の住人に、霊素と精霊術の効率的な使い方を教えなけばいけないってね)
 やはり、教師――ここでは、伝道師としてですが――こそが転職だったのだと、わたくしは改めて思いました。
(っと、そういえば、今のオレ自身の能力ってどうなっているんだろう? アリツェ、ステータスを確認してくれないか?
「すてーたす……? とは何ですの」
 唐突に話題を変えた悠太様に、わたくしは戸惑いました。聞きなれない言葉に首をかしげます。
(おいおい、オレの記憶にあっただろう? 今の自分の能力について、客観的な数値で確認できるんだ。『ステータス表示』っていう技能才能を持っていないと見られないらしいから、あまり知られていないんだろう)
『ステータス表示』では、他者の技能才能まで覗き見ることはできません。そこまで深く他者の才能を探る能力は、存在しないそうです。ですので、自己申告がない限りは、
誰が『ステータス表示』の能力を持っているかわからないみたいです。巷で『ステータス』があまり知られていない件についても、能力持ちの多くが、その力を隠したがるためでしょう。
 人間同士を客観的な尺度で測れる能力です。悪用される可能性もありますし、秘密にしたがるのもよく理解できます。わたくしも、人にむやみに教える気は起こりません。
「そういえばそうでしたわね。ええっと、操作は確か……」
 具体的な身体の動きは不要でした。ただ、見たい相手を凝視し『ステータス表示』と念じれば発動しました。自身のステータスを見たいときは、目をつぶり、念じれば可能です。
 
【アリツェ・プリンツォヴァ(カレル・プリンツ)】
 12歳 女 人間
 HP  250
 霊素  450
 筋力   35
 体力   35
 知力   40



 精神   45
 器用   10
 敏捷   35
 幸運   80
 クラス:精霊使い  15(最大1体の使い魔使役可能)
 クラス特殊技能:表示できません
 使い魔:ペス(子犬)
 出自レベル:表示できません
 技能才能:表示できません
 
(なるほどねぇ。やはり、器用さの成長がひどいことになっているな……)
 悠太様の言葉に、わたくしは記憶をたどりなおしました。
「たしか、器用さだけが、成長速度最低でしたわよね」
 他の能力はすべて成長速度Aなのに対し、器用さだけはC。それにしても、10は低すぎではないでしょうか。
「わたくし、そんなに不器用でしたかしら?
 自覚はありませんでした。ですのでなおさら、今知った事実にショックを受けました

(それほど細かい動きが要求されるような作業を、してきたことがなかったんじゃないのか?
 言われて過去を思い出します。確かに、細かい手作業をした記憶はありませんでした。
 お屋敷では侍女がいました。孤児院では、割り当てられていた作業は、子供たちのお守り役でした。だから、繊細な作業を求められるような場面には、これまで遭遇した経験がなかったのです。
(今後は、繊細な動きを要する作業を、何かしら日課にしたほうがいいかもしれないな。裁縫なり、料理なり……)
 悠太様はブツブツと呟きながら、いくつか案を提示してきました。
「裁縫に料理、ですか……。でしたら、料理を覚えたほうが良いでしょうか? 自分で何も作れないと、旅先で困った事態になりかねませんわ……」
 わたくしは腕を組み、悠太様の出された案について思案しました。これから伝道師として、各地を旅することになります。野営をする機会も多いでしょう。
 わたくし一人ならともかく、当面は先輩伝道師と一緒です。先輩に料理を作らせておいて、わたくしはただ見ているだけだなんて、とても通用しない話ではないでしょうか



(その辺が無難かねぇ。味付け自体はそれほど器用さは関係しないだろうし、失敗しても、野菜や肉の切り方で見栄えが悪くなる程度、かな?
 失敗の影響がそれほどないのであれば、実利を考えても、料理の練習をしたほうがいいと思いました。
(それに、アリツェには『健啖』もある。このスキルのおかげで、毒さえなければ大抵のものはおいしく食べられるから、たとえ味付けに大失敗しても、問題ないと言えば問題ないかな? 一緒に食べることになる先輩伝道師には、同情するけれど……)
 なるべく失敗しないように努力しようと、わたくしはしかと心に誓いました。先輩伝道師が料理の不味さで苦しんでいるところに、わたくしだけ『健啖』でおいしくいただいている……、心苦しいことこの上ないでしょう。
「他の能力は、順調に育っているのでしょうか?
 器用さについては、あきらめてコツコツ上げていくしかありません。では、それ以外の能力はどうでしょうか。わたくしの見立てでは、それほど悪くはないと思うのですが。
(身体的な部分は、年齢と性別を考えれば普通かやや良い程度、学力や精神面は結構優秀なんじゃないかな。せっかく貴族家に生まれたのに、微妙な環境になってしまったの
が、ちょっと惜しいね。『神童』をあまり生かせなかった)
 十二歳までの成長速度上昇補正――神童の技能才能を持ってはいましたが、貴族としての最低限の教育しか受けられず、また、最後二年間は孤児院生活でしたので、お世辞にもその才を活用できていたとは言えませんでした。
 これが、子爵家の一人娘として大事に育てられていたならば、もっと成長の余地があったはずでしょう。ダンスなり教養なり、もっと高度な教育を受けられたに違いありません。非常にもったいなかったと、言わざるを得ません。
(学力や精神面が割とよく伸びたのは、『読解』の技能才能と、ペスと繋がったことによる精神リンクの構築によるのかな)
 悠太様の『精神リンク』の言葉に、わたくしはハタと動きを止めました。
「そういえばわたくし、いつの間に、ペスを使い魔にし、精神リンクを交わしていたのでしょうか」
 ステータス上は、使い魔にペスが登録されています。ですが、わたくしはペスを使い魔にした記憶がないのです。ただ単に、名前を付けて、ペットとして一緒に連れまわしているだけ、という認識でした。
(いつの間に、というよりもおそらくは、生まれた時から、が正解だと思う)
「どういう意味ですの?



 わけが分からず、わたくしは首をかしげました。
(ペスを見てオレは気づいた。転生前のオレが従えていた子犬のペスと、まったくの同一個体だ、と)
 悠太様は確信を持っているのか、断言しました。
「では、ペスはもともと悠太様のいらっしゃった世界の住人ですと?
 ありえないと思い、わたくしは少し語調を強めました。
(オレのいた世界というか、プレイしていたゲームの世界かな。オレの記憶が転生すると同時に、オレのプレイしていたゲームの世界から、今のこのゲームの世界に『転移』してきたのかもしれない。ベースシステムは同じって言っていたから、まぁ無くはないか)
 言葉どおりに捉えるのならば、ペスは『転生』した悠太様とは違った形でこの世界へとやって来たと、そう悠太様はおっしゃりたいのでしょうか。
 つまり、この世界に生まれ落ちた子犬に、前世のペスの記憶が乗っかっているわけではなく、かつて悠太様が従えていた使い魔のペスそれ自身が、何らかの力でこの世界に飛ばされてきた、と。
(そして、アリツェの身体は、生まれた時から精霊使いの素養を持っていた。最初から一匹の使い魔を従えられるだけの能力が、備わっていたんだよ)
 この世界に精霊術を普及させる使命を帯びて生まれた、アリツェと名付けられた少女……。記憶で見たヴァーツラフ様の思惑を考えるなら、わたくしがそれだけの能力を生まれながらに持っていたとしても、不思議ではないのかもしれません。
(精神リンクが重要な使い魔だ。『転移』したペスが、そのままの足で自らあんたにつながりに行ったのではないかと、オレは睨んでいる)
 悠太様はそう結論付けました。
 精神リンクの大切さを、使い魔との絆の尊さを、他の誰よりも知る悠太様です。実際に、そのとおりなのでしょう。
『その通りだワンッ、ご主人。この世界で目を覚ました瞬間に、ご主人の強い霊素を感じたワンッ。すぐに、リンクを結ばせてもらったのだワンッ』
 十二歳の誕生日を目前に控えた頃に、たった一度だけ聞いた不思議な声。今、脳裏に響き渡った何者かの声は、そのかつて聞いた不思議な声と同一のものでした。
 そして、悠太様の記憶の中にあるペスの声とも、ぴたりと一致します。
「え? え? もしかして、ペスですの?
 わたくしは戸惑いながら、傍らに座るペスの顔を見つめ、問いました。
『そうだワンッ! 前のご主人の記憶が戻り、精神リンクのつながりが適切な形に変化したから、こうして以前のように言葉を交わせるようになったワンッ』



 ペスはうれしそうにしっぽを振っています。
 精霊言語――悠太様の記憶によれば、クラス『精霊使い』の固有能力だそうです。
 クラス特有の技能なので、本来はわたくし自身、生まれ落ちたその時から有しているはずでした。実際に、持っていました。
 ですが、霊素の使い方をまだ理解できていなかったわたくしは、この能力をうまく使えていなかったようです。
 今は悠太様の記憶が戻ったため、きちんと使えるようになっています。
(久しぶり、ペス。元気そうで何よりだ)
『前のご主人も、元気そうで良かったワンッ!
 久しぶりに心を通じ合わせ、悠太様もペスもうれしそうでした。二人の強い絆を感じます。少しだけ、嫉妬をしてしまいます。
「わたくしも、早く悠太様の域までリンクを深めてみせますわ!
 わたくしは掌を固く握りしめ、声を張り上げました。悠太様に負けてはいられません。ペスの今の主人は、このわたくしなのですから。
『そういえばご主人、ご主人は、二人いたりしないですかワンッ?
 ペスが唐突に、おかしなことを聞いてきました。
(二人? オレの人格と、アリツェの人格ってことか?
 悠太様の言うとおり、確かに今、わたくしの中には二人の人格が共存しています。二人いると言えば、そう言えるでしょう。
『違うワンッ! ご主人の中の二人のことではないワンッ』
 ではいったい、誰のことを話しているのでしょうか。
『この世界に転移した時に感じたワンッ。強く精神リンクがつながっている相手を、もう一人』
 ペスと繋がる、もう一人の人間の存在。わたくしは目をつぶり、考え込みました。
 わたくし自身の記憶にも、悠太様の記憶にも、心当たりがまったくありません。
「わたくしは兄弟もいない、親にすら捨てられた哀れな娘。該当するような人物は思い浮かびませんわ」
(うーん、わからないなぁ。もしかして、もう一人のテストプレイヤーのことか?
 ぽつりとこぼれた悠太様の言葉に、わたくしはふと思った。
「あの、もしかして、なのですが……」
 自信はありませんでしたが、それなりに根拠はありそうだと思えます。わたくしは自身の考えを披露しました。
「そのもう一人のテストプレイヤー様? どなたかは存じ上げませんが、もしかしてこの世界への転生体として、父に悠太様のキャラクター、カレル・プリンツを選択してい


るのではないでしょうか。それならば、わたくしと同じような能力、才能構成になっていても、何ら不思議ではありませんもの」
(なるほど、その可能性があったか!
 悠太様は興奮しだしました。
(ってことは、だ。そのテストプレイヤー、オレの知り合いの可能性が限りなく高いな!
 まったく謎だったテストプレイヤーの手がかりを得たためでしょうか、悠太様はだいぶ高揚しています。
(よーし、アリツェ! オレたちの今後の目標に、一つ追加だ。もう一人のテストプレイヤーの転生体を、探し出す!!
「構いませんけれど……。でも、あなたのお知り合いだったとして、お会いしてどうなさるおつもりですの?
 悠太様の願いは、わたくしの願いでもあります。わたくしは悠太様の申し出を受けることに、吝かではありませんでした。
 ですが、探し出す理由も知りたいのが本音です。現状で、件のテストプレイヤーの転生体に関する情報は、まったくありません。当てもなく、やみくもに探さねばならないのです。であるならば、その苦労に見合うだけの根拠が、わたくしはどうしても欲しか
ったのです。
 悠太様の願いを聞き入れれば、精霊術普及に全力を注ぐべきところで、その意識を探し人捜索に分散させることになります。果たして、そこまでの価値があるのでしょうか。時間は有限です。わたくしは諾の意思を示す前に、悠太様の意図をしかと確認する必要がありました。
(オレのかつてのパーティーメンバーなら、信用できるし、心強い味方になる。オレたちは、そういった相手を一人でも多く探すべきだ)
「なぜですの?
 理由としては弱いと、わたくしは思いました。
(わからないのかい? オレたちは貴族に、プリンツ子爵家に、追われる身なんだぞ。今は安全に見えても、いつ何時、どんな危険が襲い来るかわからない。保険は、いくらでもあったほうがいい)
 最近穏やかだったので忘れがちでしたが、子爵家がわたくしの命を、最低でも自由を、奪いたがっています。悠太様の言うとおりなのでしょう。
(それに、今は関係が悪化しているようだけれど、子爵家が辺境伯家とのつながりを復活させたとき、その辺境伯家もオレたちに害をなそうとする可能性は、無きにしも非ずじゃないか? 子爵家はともかくとして、王家に大きな影響力を持つ辺境伯家を敵に回


す事態になれば、とても危険だ)
 想像以上に将来を深く考えていた悠太様に、わたくしは感心しました。と同時に、そこまで考えていなかったわたくし自身を糾弾したくなりました。こんなことでは、わたくしが主人格だなどと、声高に主張できなくなります。
「わかりましたわ。悠太様のおっしゃるとおりだと、わたくしも思います」
 悠太様の提案を受け入れ、わたくしは決心しました。わたくし自身も、同じ父を持つ兄弟に会えるかもしれないと想像すると、少し楽しみな気持ちもありました。
「では今後の目標は大きく二つ、精霊術の普及活動と、もう一人のテストプレイヤー転生者の捜索。これで、よいですわね?
 悠太様もペスも同意しました。
 今後は、この二つの方針を前提として、動いていくことになります――。
1
7
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行