フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 6 いざ、逃走ですわ  グリューン脱出計画の当日、深夜――。  わたくしたち孤児院組は、街の東門を目指していました。  子供たちはあらかじめ十分に昼寝を取っていたので、皆元気そうです。  教会での司祭様との打ち合わせの後、計画に多少の修正は加わりましたが、概ね予定どおりに決行されます。  修正点は、一般信徒の脱出ルートに、南門のほか東門も加わった程度です。一斉に南門に殺到しては、詰まって混乱を引き起こす可能性があるとの配慮からだそうです。  その修正を受けて、一部の信徒が南門から東門へと脱出ルートを変更しました。その一部の信徒の中に、孤児院組が含まれていました。  東門は門扉の老朽化のため、半年前から使われなくなっていました。修繕の予定が、予算の都合で二年後とされたため、今は閉鎖されています。このため、当初の逃走計画からは外れていたのでした。  ですが、領政に潜り込んだ信徒の計らいで、脱出計画に合わせて開門が可能となり、急きょ計画に組み込まれました。  まもなく日付が変わります。計画では、日付変更に合わせて、武装神官が北門で暴れることになっています。  警備が手薄になった段階で、警備兵として潜り込んでいる精霊教信徒が門を開きます。門の傍で息をひそめている一般信徒たちは、開門に合わせて一斉に街の外へと脱出します。いたってシンプルな作戦だと言えるでしょう。  一般人、それも子供が多く混じっている集団です。あまり細かい作戦を立案したところで、実行は難しいと言わざるを得ません。わかりやすい案にする必要がありました。 「そろそろ、北門で騒ぎが起こる頃合いですわね」  悠太様――夜の時間なので悠太様の担当です――はつぶやきました。 「ほら、何やら警備兵たちの様子が、あわただしいものになってきた」  エマ様は少し身を乗り出して、門傍の詰所の様子を窺っています。 「不謹慎ですが、なんだかワクワクしてきますわね」  悠太様はニヤリと笑うと、フードを目深にかぶりなおしました。今は動きやすい旅装に着替えています。先日、露店で買った装備でした。  しばらく待つと、警備兵たちが北門へと走り去りました。詰所には一人しか残っていないようです。おそらくはあれが、精霊教信徒の扮した警備兵です。  警備兵は立ち上がると、開門のために、扉を開くレバーを操作し始めました。  半年ぶりに動かしたためか、扉は重く鈍い音を立てながらゆっくりと開いていきました。  まもなく完全に開こうかというその時、隠れていた信者たちが扉へと駆け寄り始めました。悠太様も後を追い、走り出します。  東門からの脱出者は、孤児院組を含めて四十人ほど。少人数であるため、それほど目立ってはいません。領兵に見つかる前に、素早く安全地帯まで逃げるためにも、急ぎつつも慎重に、派手な物音は立てないように進みます。  門の外に出ると、ヤゲル王国方面へ草原の中をひたすら走る、走る、走る。  開門の音で領兵に気づかれた恐れもありますが、今のところは追手の姿は見えません。 「順調ですね。このまま無事に、クラークまで逃げ切れればいいのですが」  子供たちがはぐれないように、院長先生は気遣いながら走っています。 「いけませんわ、院長先生。そういったことを口にすると、たいていはよくないフラグが――。」  立ちますわ、と悠太様が口にするや否や、突然大きな爆発音が周囲に響き渡りました。 「危ないっ!?」  エマ様は慌てて子供たちを抱きかかえます。  激しい音はしたものの、幸いにも爆風などは来ず、誰もけがはしませんでした。  爆煙が漂い、周囲の視界を遮る中、ひときわ甲高い大きな声が響き渡りました。 「ハッハッハッ、バカだねぇ! 罠とも知らず、まんまとおびき出されてきて。邪教の信者のみなさん、己の愚かさを、自らの命でもって知るがいいわ!」  どこか幼さも感じられる女性の声でした。  その時、草原に一陣の風が吹き抜けると、煙が完全に散ります。  ――目の前には五十人以上の領兵が、行く手を阻むように立っていました。  領兵たちの中心には、一人の少女が腰に手を当て、ふんぞり返っています。  黒髪のその少女は、闇に紛れるかのような黒いローブを着込こんでおり、露出している白い顔を除いて、完全に背景の黒と一体化していました。年のころは、わたくしとそう変わらなく見えます。 「許可なき移住は禁止されているんですけれど、当然、皆さんご存知ですよねぇ」  にやにやと笑いながら、少女はこちらを値踏みするように眺めています。  当然、知っています。だからこそ、闇夜に紛れて脱出を試みているのです。 「なんてことです……、内通者がいたんですか! まさか、待ち伏せをされていようとは!」  院長先生は青ざめた表情を浮かべていました。  精霊教を篤く信奉している院長先生にとって、裏切り者がいたとはとても信じられないのでしょう。わたくしも同じ気分です。 「そういうこと、お間抜けさん」  少女の口元には、見下すかのように嘲笑が張り付いていました。 「というわけで、あんたたちにはここで、皆殺しになってもらいます」  少女が右手を挙げて合図を送ると、控えていた領兵たちが剣を抜きました。 「邪教徒のムシケラどもは、一匹残らず、ここで消えるのよっっっ!!!」  少女はまるで飢えた獣のような顔を浮かべ、あざけるような喋りから一転、闇を引き裂かんばかりの声を張り上げました。  血走る目に狂気の色を感じます。 「院長先生! この場はわたくしが支えますわ。子供たちを連れて、逃げてくださいませ!」  悠太様は一歩前へ出て、子供たちを護るように立ち塞がりました。  傍らのペスが唸り声をあげて領兵たちを牽制します。 「何を馬鹿なことを! 君一人でどうこうできる人数じゃない! 置いていけるわけがないでしょう!」  院長先生はぎょっとした表情を浮かべ、悠太様を制止しようとしました。 「オーッホッホッホ! 先生、どなたにおっしゃっておいでで? わたくしは、世界一の精霊使い。あの程度、物の数にも入りませんわ!」  場の雰囲気を支配しようと意図して、あえて悠太様は大きな高笑いを上げました。  ここで、己の圧倒的な自信を周囲に見せつけなければ、だれもこの場を自分一人に任せようとはしてくれないと、そう悠太様は判断していました。  わたくしも悠太様に同感です。下手に戦えない人間がこの場に残れば、全力で精霊術を行使できません。味方を巻き込みたくはありませんでした。何としても、悠太様一人対敵全員という構図を作り出さなければならなかったのです。 「それよりも、無防備な子供たちが危険ですわ。子供たちを護れるのは先生とエマ様だけです! ここは、わたくしに任せてくださいませ!」  悠太様は、「さあ、急いでくださいませ!」と言いながら、院長先生とエマ様を、子供たちの元へと向かわせました。  院長先生たちはあきらめて、この場を悠太様に任せることにしたようです。悠太様はほっと安堵されています。わたくしとしても、この状況は大変に助かります。  院長先生とエマ様が子供たちを率いて離れていく様子を確認し、悠太様は改めて少女と領兵たちに向き直りました。 「ペス、久しぶりに全力で行きますわ!」 『了解だワンッ、ご主人!』  悠太様は霊素を練り、ペスに精霊具現化を施しました。乗せる属性は、広範囲殲滅用の風です。  一気に体内から霊素が抜けていく感触に、悠太様は一瞬ふらつきましたが、すぐに体勢を立て直します。転生前の全盛期と比べてまだまだ霊素の保有量が少ないためか、全力での精霊具現化は少々体に堪えたると悠太様のボヤキが聞こえました。  ……わたくしにそんな愚痴を言われても、困ります。わたくしだって、霊素のことを知ってさえいれば、常日頃から鍛えようとしました。知らなかったものは、どうしようもないではありませんか。 「ペス、あなたは領兵たちを『かまいたち』で足止めしてくださいませ。わたくしは、あの女を、止めます!」  ペスは頷くと、大きく吠えながら領兵の集団へ突っ込んでいきました。  一気に領兵たちの間をすり抜け背後に回ると、かまいたちを発生させて領兵たちを切り裂き始めます。 「さて、わたくしの相手はあなたですわね。そちらの、黒髪の少女さん」  ペスの先制攻撃が成功したのを見届けた悠太様は、今度は自分の番とばかりに少女を鋭く睨みつけました。 「チッ、あんた精霊使いってやつね……。邪な術を使って」  かまいたちによって領兵の動きが完全に止まっている様子を見て、少女は舌打ちします。 「精霊は、この世の理であり万物の力の源泉。神聖性はあっても、決して、邪な術ではありませんわっ!」  悠太様は憤慨しました。  わたくしも、少女の発言は腹に据えかねます。精霊を深く愛するが故、バカにされるのは耐えられません。よりにもよって、『邪』だとは……。  この時を持って、少女は完全にわたくしと悠太様の敵へとなり下がりました。もはや手加減などできる対象ではなくなったのです。全力で、排除するのみ。 「世界再生教こそが、この世界を救いうる唯一の考えよ。世界を滅ぼす精霊など、認めるわけにはいかない!」  誤った考えに固執する哀れな少女。正しい精霊の知識を与えられなかった少女。  冷静な状況であれば、真実を伝え、思い違いを正してあげようという気にもなります。ですが、悠太様もわたくしも、まだまだ子供でした。愚弄されては、黙っていられません。 「この世界再生教が導師、マリエ・バールコヴァが、あんたに引導をくれてやるわ!」  黒髪の少女マリエは、懐から小ぶりのナイフを取り出すと、名乗りを上げながら構えました。 「精霊教、見習い伝道師のアリツェ・プリンツォヴァ、謹んで勝負をお受けいたしますわ!」  悠太様も対抗するように名乗り、護身用のショートソードを抜きます。  クラス補正がないため、大した攻撃力は期待できません。ですが、何も持たないよりはましだと、露店で購入しておいたものです。  年齢の割には高めの筋力を持っているので、どうせ剣など使えないだろうと油断している相手には、不意打ちなどで一定の有効性がある、と悠太様は考えていました。  問題は、低すぎる器用さで剣を取り落としたりしないか、という点です。  ――きっと大丈夫だと、悠太様は思うことにしたようです。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行