フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「雨か…」   しんと静まりかえった暗闇のなか、窓の方から微かに聞こえてくる音が雨が降りはじめたことを告げている。  カチンという金属音と共に暗闇に炎が揺らぐ。 深い深呼吸。  煙草特有の光が漆黒の闇に映える。 「こんな辺鄙な所にようこそ。私、当九龍館の百二十代目の当主九龍幻と申します」  この館の当主を名のる銀色の長い髪の頬の痩せこけた青年が、晩餐の席上で言った言葉が今更のように思い出される。  「辺鄙なところ…か。住んでる本人が言っていれば世話無いが、あんな綺麗なメイドとと一緒なら気にならないよな」  この屋敷を訪れた時に出迎えてくれたサイドアップに纏められた黒髪、切れ長の目、艶っぽく厚い唇、白磁のような肌をもつクラッシックなメイド服に身を包んだとても美しい女性の微笑を思い出す。 「ということは頬がこけているのはもしかして夜のナニのせいか?」  不粋な妄想が浮かんできて下品な笑い声が自然に出てくる。 「しかしよくこんな所に住んでいられるな。そしてやってくる俺も…」  と口に出したところで頭の隅に引っ掛かっていたあるシコリが氷解した。   俺はどうやってここに来た?なぜここにいる? 「か、金縛り?これは…」  シコリが氷解した途端、全身が押さえつけられたように動かなくなる。 「くそ!動け」  呪縛から逃れるべく、必死の思いで指先に力を入れる。 だが、なぜ金縛りに遭うんだ?ベットに腰掛けている状態で金縛りに遭うなんて聞いたことないぞ!  そんなことを思いつつ、指先に力を込めた途端、不意に手のすべての爪に鋭い痛みが走り、不気味に軋む音が響いてくる。 「な、なんだ?」  必死の思いで手を、指を見る。 「つ、爪が」  目の前で起きている現象に、我が目を疑った。  爪が、自分の手の爪が、不気味に軋みながら剥がれる。  爪が無くなると皮膚が、爪のあったところを起点に、火で炙られたスルメのようにくるくる丸まりながら剥けていく。  皮膚が剥がれるたびに筋肉が露出していくが、痛みというものがまったくない。  腕の皮膚のあちこちが断裂し、包まった皮膚が闇に弾ける。  目の前を髪の毛が房となって落ちていったことで、皮膚の剥げ落ちが全身に広がったことを意味していた。 「動け!」  ピクピクと脈打つ自分の腕の筋肉に向かって意識を集中させる。 ブチッ  胸が悪くなる嫌な音が響き、筋肉を包む毛細血管が筋肉からきれいに剥ぎ取られる。  毛細血管が視界から消えてなくなると、今度は筋肉が、広がり、ほつれ、裏返る。  ミカンが入っている赤いネットをひっくり返しているような錯覚に捕らわれる。 ボトッ  今度は水をタップリ吸い込んだズッシリと重たいものがこぼれ落ちる音が響く。  水気のある重たいもの…何が落ちたのか、容易に予想がつく。  動けないから確認は出来ない。いや、確認なんかしたくない。  だが無情にも、音の正体は確認できた。 筋肉という支えを失った眼球がこぼれ落ち、床に散らばる臓器を視界に捕らえたからだ。  人間という器を失ってなお動き続ける臓器。 一滴の血も床に流れ出していないのが狂気を誘う。 「た、助けてくれ!」 ‥‥‥‥ …… …  どうやら俺は眠っていたらしい。 全身がぐっしょりと汗に濡れ、冷たい。  やっと思い出した。  ここに来た訳を。  怪奇現象の起こる館。  俺はここに、仕事で…取材で来たのだ…のだ。  怪奇現象は起きた。  夢という記事に出来ない体験だったが、この館だから見た夢なら頼まれたって二度とこの館には泊らない。  そう思った途端、強烈な睡魔が襲ってきた。 俺はなんのためらいもなくベットに潜り込むと、同じ夢を見ませんようにと呟きながら深い眠りへと堕ちていった。  俺が次に目を覚ましたのは、扉を軽くノックする音であった。 「どうぞ」  眠気混じりのためか、別人のような声で返事をしてしまった。 「お休みのところ申し訳ございません」  ドアを開け現れたのはこの世の造詣物とはとても信じられない美しい女性メイド。 「失礼します」  ドアの向こうから聞こえてきた声に、俺は愕然となった。  なぜなら、その声には聞き覚えがあったからだ。 「わたくし急な仕事があるのを思い出しまして、失礼だとはおもいましたが、寝室にて挨拶させていただきます。お世話になりました。九龍館百二十一代目当主。九龍 幻さん」  ドアのことろで頭を下げている俺を見て、俺は真に怪奇現象が起きたのを認識した。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行