フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
  7 油断大敵ですわ  悠太様はマリエさんの姿を注視すると、素早く『ステータス表示』の技能才能を発動させました。相手と自身の立ち位置を正確に把握するためにも、客観的なデータはかなり重要です。  瞬時に脳裏にマリエさんのステータスが流れ込んできました。 【マリエ・バールコヴァ】 12歳 女 人間 HP  150 霊素   50 筋力   30 体力   30 知力   30 精神   35 器用   30 敏捷   30 幸運   35 クラス:導師  10(1つの導師ボーナス) クラス特殊技能:表示できません 導師ボーナス:表示できません 出自レベル:表示できません 技能才能:表示できません  器用さを除いて、すべての能力でわたくし――悠太様が上回っていました。このあたりは成長速度Aと『神童』の技能才能のおかげでしょうか。ですが――。 (オレと同じ十二歳の少女にもかかわらず、多数の領兵たちを率いている状況を考えると、ステータス以上の何かがあるんだろうな……)  隠された能力に何かがあると感じ取った悠太様は、警戒を強めました。これなら高ステータスで押すタイプのほうが、かえってわかりやすいと感じます。相手の手の内がわからないので、下手に攻撃ができません。  不用意にこちらから攻撃をしかけて、思いがけないしっぺ返しを受ける愚は、犯したくありませんでした。 (それに、霊素持ちでもある)  わずかではありますが、マリエさんは霊素を保有しています。たとえ五十程度しかなくとも、精霊具現化されたマジックアイテムを発動させるには十分です。  つまり、マリエさんがなんらかの強力なマジックアイテムを所持しているのならば、悠太様とのステータスの差など、有るようでいて、実はまったく無いも同然でした。ただし、今のこの世界の精霊術のレベルで、それほど大それたマジックアイテムが作られているとは、とても考えられませんでしたが……。 (でも、霊素持ちなのに、なぜ精霊教を敵視しているのでしょうか?)  わたくしは疑問に思い、悠太様に問いかけました。 (さあな。オレもまだ、この世界の事情には疎いから、何とも言えない)  悠太様は肩をすくめ、頭を振りました。  精霊教は、霊素持ちの保護を掲げています。ここまで目の敵にする理由が、とんとわかりません。  さらに言えば、世界再生教はどちらかと言えば精霊否定派です。霊素持ちのマリエさんには、居心地が悪いはずだと推測できます。特に、わたくし同様に年若い少女なのですから、余計に息苦しいでしょうに。  それとも、マリエさん自身が、その身に霊素を宿している事実を知らないのでしょうか。そうであるならば、マリエさんにとっては不幸です。自身に適性のある精霊術を、自らの手で否定してしまっているのですから。 (騙されているのか、洗脳か……。考えても仕方がない、な……)  マリエさんの境遇には少し思うところもありますが、今は戦闘中です。悠太様は隙を見せないよう、油断なくマリエさんを見据えました。  ペスが領兵相手に優位に進めているうちに、指揮官と思しきマリエさんをどうにか無力化する必要があります。数で押し切られては、さすがの悠太様でも、一人では厳しいはずです。 「アリツェ……プリンツォヴァ?」  突然何かに気づいたかのように、マリエさんは構えを解きました。 「あんた、もしやプリンツ卿の……。いや、まさか……」 「何をごちゃごちゃとおっしゃっているのでしょうか? その隙を逃すほど、わたくしは愚かではございませんわ!」  マリエさんは何やらぶつぶつとつぶやいていますが、悠太様にはよく聞こえませんでした。  マリエさんは今、完全に無防備になっています。悠太様はすぐさま地面を蹴り、ショートソードを構えてマリエさんに突っ込みました。剣の技術に自信がない以上、またとない機会を逃すわけにはいきません。一気に距離を詰めます。  呆けていたマリエさんは、接近する悠太様に気づき、慌ててナイフを構えなおします。  悠太様はショートソードを急所めがけて突き刺そうとしました。ですが、マリエさんはナイフで悠太様の剣先を横から叩き、どうにか躱します。悠太様は勢い余って、そのままマリエさんの脇を通り過ぎました。マリエさんに背後をさらしてしまいます。  悠太様は慌てて振り返ろうとしましたが、バランスを崩し、地面に手をつきました。ショートソードも手から零れ落ちます。ここで、器用さの低さがあだになりました。 (まずいっ!)  このままでは無防備な背を攻撃されます。焦るものの、悠太様の体は硬直し、動きませんでした。かつての転生前の悠太様としては、それなりに接近戦の経験はありましたが、今のアリツェとしての悠太様にとっては、実戦は初めてでした。体が、悠太様の意図どおりに動きません。 「殺すわけにはいかない。こうなったら、生け捕りね」  なぜだかマリエさんは攻撃をしてきません。感じていた殺気が、わずかに変化したようにも思えます。  悠太様はこの隙に体勢を立て直そうと試みましたが、まだ体がこわばっていました。思いどおりに動けない状況に、焦りを感じ始めます。 「情けない奴らね。あんな犬っころに、完全に遊ばれてる」  背後からマリエさんの苛立たしげな声が聞こえました。領兵がまったく役に立っていない状況を、憎々しげに思っているようです。 「仕方がない、奥の手を使いますか」  どうにか悠太様が冷静さを取り戻し、立ち上がろうとした時、マリエさんの冷ややかなつぶやきが周囲に響きわたりました。  直後、何かが悠太様に当たったと感じるや、悠太様は自分の体が浮き上がる感覚を覚えました。そのまま、何かに全身をまさぐられる感触が続きます。透明な、腕のようなものでした。気色悪く、ぞわぞわっと背筋が凍りました。 (な、なんだこれっ!?)  見えない腕に体中を拘束され、悠太様はまったく身動きが取れなくなりました。うねる腕先の感触が、とにかく気持ちが悪いです。  これが、マリエさんの持つ隠された能力でしょうか。それとも、何らかのマジックアイテムでしょうか。身をよじることもできない今の状態では、確認しようもありませんでした。  何度か全力で引っ張ってみましたが、悠太様の今の力ではびくともしません。 「悪いね、お嬢さん。私はあんたに興味がわいた。連れて行かせてもらうよ」  伸びる腕先が口内に侵入し、完全にふさがれました。まったく声を上げられません。鼻はふさがれておらず、呼吸はなんとかできるものの、かなり苦しい……。 (ペス、悪いっ。捕まっちまった。お前はこのまま離脱し、状況を見てオレの救出にあたってくれないか? どうやらこいつ、オレを殺すつもりはないようだ)  悠太様は慌ててペスに念話を飛ばしました。透明な腕のあまりの生々しさに、全身が総毛立ちます。  状況的に、ペスの加勢を受けても、この拘束を解けるかどうかがわからない以上、事態が好転するとは思えませんでした。ここはいったんおとなしく捕まり、捲土重来を期すべきだと、悠太様は判断しました。 『ご主人、気を付けてだワンッ。すぐに助けに行くワンッ』 (すまない、頼んだ。与えた精霊の具現化は、まだしばらく持つはずだ。そのまま霊素を纏って、うまく使ってくれ)  今の悠太様の全力で具現化させた精霊です。かなりの量の霊素をペスに纏わせています。具現化は、あと、半日は持つと思われました。 (油断した……。ただ、孤児院のみんなは逃げのびたようで、それだけは救いだな……)  ペスが領兵を完全に手玉に取ってくれたおかげで、どうやら孤児院組へ追跡に出られた兵士は、一人としていないようです。  これで、孤児院の子供たちは、おそらく無事にクラークの街まで逃げのびられるはずです。精霊王に誓ったわたくしの決意も、果たされたと言えるのではないでしょうか。  ……最低限の目的は、達成されました。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行