フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
冬の雪山への道を、レオナルドはソリに揺られていた。彼にとって実に不本意な結果である。 (なんだって俺がこんな目に。騙しやがってあの狸オヤジ) 彼の母親は申し訳なさそうに彼の顔色をうかがっているが、父親はかえって堂々と胸をはっている。開き直ったが正しいか。 (ちくしょう……雪山の方へ行くって言うから調査かと思えば、資料を得るために田舎に行くだけかよ。しかも呼ばれた理由は荷物持ちとかなめてんだろ。そんなの家の使用人使えばいいのに。あーあ、こんなことだったらナクラに残って本でもなんでも、勉強してた方がよっぽど有意義だったね) 彼の両親は学者である。ナクラにおいて、ナーラ一族に保護され、国から重宝される立場の学者は官僚になれるほど高い社会的地位を誇っていた。勿論家はナーラ一族の城、ナクラの中心地に近く、何人もの使用人を抱え、豪華絢爛な暮らしを謳歌している。もともと豪華であったとしても、自分がさらに富を得るために汚職に手を染める者も少なくない。身分の高い人とは、だいたいそういうものである。 (オヤジ馬鹿なんじゃねぇか、俺が荷物持ちなんかになる訳ないだろ。自分の腹見ろよ、それから遺伝してんだから無理に決まってるだろ。子供は親の仕事を手伝うべきってんならもっと俺に合った仕事させろよな) 子供ながら実に上から目線だが、彼にとってはこれが普通なのである。子供に甘く、欲しいものは何でも与えてきた彼の両親にも、傲慢な彼の性格にも問題があるのだが。 レオナルドを表すなら、「世間知らずのいいトコの坊っちゃん」が妥当だろう。誰かに何か命令することなど、日常茶飯事なのだ。実際彼は何か功績を誇っている訳ではないのだが、学者の息子だから威張って当然という思考回路を持っているらしい。 彼は今、両親の仕事の一環としてとある田舎町へと資料の受け取りに来ていた。しかし、彼の乗る客人用のソリには彼の両親と運転手以外の「ヒト」はいない。あるのは四人分にしては多すぎる荷物である。とても資料の受け取りだけをするとは考えられないほど、荷物はソリの半分程を占めていた。勿論、豪華な暮らしに慣れた学者の家族三人では運びきれない。いつでも持ち運ぶべき物が多いのかもしれない。レオナルドは自分の太った指を見てため息をついた。 (まあいいか。ダリクレア山脈の近くまでは行くんだ。なら、何かしら発見出来るかもしれない。俺がやれば、それは将来の出世につながるはずだ。何せどんな学者でも揃って首を捻るような謎があそこには数多くある。それの一つくらい、見つけられるはずだ) レオナルドには野心があった。誰よりも優れた学者になること。それが彼の絶対的な目標であった。父親も母親も、過去の歴史に名を残したような偉大な学者をも凌駕する存在になる。彼はそれが出来ると信じていた。彼にとって両親とは越えて当たり前の存在であり、そんな両親を彼は心のどこかで馬鹿にしていた。成長し、最も優れた学者になった自分には、とるに足りない存在となるはずだったのである。 ソリの中で、レオナルドはそっと目を閉じた。雪の日の寒さは厳しい。この時の彼は、この先に何があるのか、何も知らなかった。 ダリクレア山脈とは、魔の地である。何度も調査団が派遣されたが、どれも帰ってくることは無かった。唯一、一人だけダリクレア山脈の調査から帰還した者はナクラに着いたその日に死んだ。彼の地で何が起きたのか、何が居たのかは死んだ者しか知らない。だからこそダリクレア山脈を目指す者も少なくない。実際、レオナルドもそれを希望している。彼の大望を成し遂げるにはこれ以上無いほどぴったりだった。 レオナルドを乗せたソリは進む。ダリクレア山脈は雪が降っているのに黒ずんで、禍々しい気配に包まれていた。鋭利に尖った山頂の数々は枯木の枝を思わせた。天を突き刺すような針が高さを不揃いにして並んでいた。 (これが、ダリクレア山脈……本で読むよりよっぽど不気味だ。化け物が出てきても疑わないくらいに。ここに何があるのか、何が起こるのか、誰も知らない。でも、一番最初に知るのは、俺だ) レオナルドは自分が夢を叶えた姿を想像すると、自分が誰よりも大きくなったような錯覚を覚えた。自分が富や名声を手に入れ、誰よりも輝かしい存在になる、それが約束されたように思えたのだった。 しかし、その幻想は爆音によって掻き消された。 「うわっ。何なんだよ、この音! おい運転手、こんな派手にソリを揺らすな!もっと丁寧にやれよ」 「すみません、地面が揺れたんです! そんな状況ではソリを揺らさないのは無理です」 「レオナルド! 音のした方向へ向かってくれ。何かあるぞ、学者の血が騒ぐ!」 すっかり腰がひけてしまっている運転手を押し退け、レオナルドの父親は綱を握る。爆音がした方向には、ダリクレア山脈の周りにある樹海の入り口があった。ダリクレア山脈を不気味に見せる要因の一つがこの樹海である。 レオナルドはここに来るのは初めてだった。しかし、樹海の不気味さは温室育ちの野生の勘など無い彼にも本能的に分かるようだった。 「おい、ここ来たら駄目な気がする! 今からでも戻った方がいいだろ、まだ仕事だってしてないだろ!」 「馬鹿者! 今ここで行かなきゃそれは学者なんかじゃない! お前を置いて行ってもいいんだぞ!」 「無茶苦茶なのが学者って訳じゃないだろ、見ろよあの木! 根本からぼっきりだ、自然に倒れたやつじゃない! 何か居るんだよ!」 レオナルドの視線の先には、二本の大木があった。彼の言葉のとおり、根本から割れ、真っ白な地面に線を引いていた。雪を被っていないところ、新しいと考えて良いだろう。 「だからどうした、やらずに後悔して帰れと言うのか」 「違うっつの!」 ぎゃんぎゃんと喚くレオナルドを無視し、ソリは進んでいく。彼の父親は折れた大木のそばにソリを止めた。 そこまでは全員無事だった。 けたたましい何かの鳴き声が耳をつんざくように聞こえた。次の瞬間、彼は何も分からないまま飛ばされていた。いや、飛ばされたことさえ、雪に埋もれた数秒後に気がついたのである。おそるおそる顔を上げた。ソリは何とか原型をとどめてはいるものの、もうその役目を果たすことは出来ないであろう。 けたたましい何かがまた響いた。レオナルドはその声の主を探した。彼の両親も、ソリの運転手もこんな化け物じみた声など出せないであろう。確実に、近くに「化け物」が居るのだ。 「レオナルド、あなただけでも逃げなさい! 私達はあの化け物を何とかするから」 母親の声が聞こえた。声の方向を見ると、母親と父親が居た。彼らの視線をたどると、空中におぞましい生き物が居た。まさしく、「化け物」である。 その「化け物」はいつかナクラの市街地の外れで見た、虎のような体に大きな翼を持ち、何故か尻尾は見たことのないような形をしていた。気味の悪いそれはこの世のものとは思えない声で騒いでいた。そいつの真下には、もう命の宿っていない運転手の姿があった。「化け物」に殺されたのだ。レオナルドは全身の血の気が引いていくのを感じた。 (隠れなきゃ……!) レオナルドはそう思った。幸いなことに、化け物はまだレオナルドに気が付いていない。彼の両親を見ているようだった。 化け物は雄叫びをあげた。レオナルドは焦った。逃げることは不可能だと彼は分かっていた。 「うわああああああ!」 よく知った男の声がした。しかし、レオナルドの頭には届いていなかった。その後に聞こえた女性の悲痛な叫び声も。レオナルドはそこまで隠れることに必死だった。彼はソリの後ろに隠れ、尚且つ自分自身に雪をかけ、周囲と同化しようとしていた。天敵に見つからないために体毛の色を変える動物が居る。彼は知識としてそれを知っていた。冷たい雪が頬に触れる。思わず出そうになった声を押し殺し、石のように身を固くした。 化け物の雄叫びが短く、二度、三度鳴った。勝ち誇ったような声だった。その所以をレオナルドが知ることは出来ない。彼の視界はソリしか映していなかった。鉄のような臭いがした。 (父さん、母さん……死んだのかな。俺も、殺されるのかな。……嫌だ。俺はまだ学者にさえなってないのに。こんな歳で死にたくない……!) 化け物は歓喜の声をあげていた。その度に風が起きた。不吉な風は、壊れかけたソリの屋根を揺らした。 地響きがした。化け物が地面に降りたらしい。その大きな気配はレオナルドに近付いていた。距離があっても、今近付いてくるものが巨大だと手に取るように分かる。レオナルドはそのことが堪らなく怖かった。見つかったら、彼は彼の両親の後を追うことになるだろう。彼には野望があった。叶える前に死にたいなどと思わないのである。いや、叶えたとしても、彼は生を望むだろう。至って「普通」のことである。 (嫌だ、やっぱり死にたくない! 逃げなきゃ、どこか遠くに、こんな奴が居ないところに、ナクラに帰らなきゃ!!) 突然、巨大な足音のしていた方向から猫を踏んづけた時の声を低く、大きくしたような声がした。その声の主をレオナルドは知っていた。知っていたからこそ驚いた。何かが焦げたような臭いが漂ってきた。 (あんな怪物が悲鳴をあげる? 何か燃えてるのか……なんか焦げ臭い。燃えてるってことは、火を使ってるってことだろ? となると……) レオナルドは考えた。それしかすることが無かったし、今ここから出ていく勇気も無いのである。 (俺以外に、人が居る) 声が聞こえた。遠くて何を言っているのかまでは分からなかったが、怪物の声でないことは確かだった。レオナルド以外に人間が居る。そう彼は確信した。 化け物の声はまだ聞こえていた。しかし、先程までの勝ち誇ったような色は無く、逆に苦しんでいるようだった。何かが焦げたような臭いは強くなっている。それは、鉄の臭いを消し、レオナルドの恐怖を疑問へと変えていった。絵に描いたような化け物を苦しめるなど、原因は一つしか見付からない。レオナルド以外の「人」が化け物を苦しめている。 (人が居るなら、大丈夫かもしれない) レオナルドは危険だと思いつつも、そっと身体を起こした。状況を確認するためである。かかっていた雪が少し落ちた。彼はソリで身を隠しつつ、怪物の声のした方向へと視線を向けた。 (やっぱり、化け物だ……あんな生き物が居たなんて、知らなかった。というか、人は? どこに居るんだ?って、あれ、化け物が燃えてる!? 本当に何者なんだよ……) 化け物の胸、腹、脚と数ヶ所に火がついていた。化け物は苦しいらしく、うつ伏せになり、身体を雪に押し付けた。その隙を逃さないというように、樹海の方角から二、三個火の玉が飛んできた。化け物の背中が燃えていく。レオナルドはいまだに人影を見つけられない。いつの間にか、レオナルドの恐怖は沈んでいた。しかし、彼はそれに気が付かない。 「くそっ……!」 レオナルドは焦れたようにソリの影から飛び出した。目に入ってきたのは巨大な化け物が燃える姿と、樹海から出て来そうな人影だった。 「見つけた!あいつがこれを……」 けたたましい鳴き声が響いた。化け物はまだ生きていた。レオナルドは今それに気が付いた。化け物の視線はしっかりと彼に注がれている。いつの間にか沈んでいた恐怖が急上昇する。 (まずい、喰われる……!) レオナルドは尻餅をついた。圧倒的な力に押され、腰を抜かしてしまったのだ。化け物の顔が少しずつ近付く。地面を這いながらレオナルドに接近する化け物の顔は得意気だった。 (終わる……!) レオナルドはそう思い、ぎゅっと固く目を瞑った。ここまでか、と思われた。 耳を刺すような悲鳴が聞こえた。頭を強く殴られたような衝撃がレオナルドの身体を巡った。レオナルドは麻痺したように動けなかった。急に大きな音を聞いてしまったため、何も聞こえない。レオナルドは恐る恐る目をあけた。目の前にあるものは、翼以外が焦げた今まで生きていた化け物だった。レオナルドは唖然とした。 「ふふっ」 知らない誰かの笑う声が聞こえた。 レオナルドは気味が悪かった。目の前には焼死体がそびえるように倒れていた。これを作った者は、影に隠れているらしい、近付いてくる足音が聞こえた。 「なんなんだよ……どうなってんだよ!」 思わずレオナルドは叫んだ。呆然とした響きは隠せない。彼が状況についていくには、あまりにも目まぐるしく変わりすぎた。 「騒がしいのが居ると思ったら、原因は君だったのか」 近付いてきた足音が止まった。レオナルドが声のした方向へ顔を向けると、一人の少年が立っていた。ぼさぼさの黒い髪は跳ね散らかし、四方八方、それぞれ勝手な方向を向いていた。貧しそうな身なりをした、レオナルドと同じくらいの年齢の少年だった。 「誰なんだよ、お前!何なんだよこの化け物!何でお前はあの樹海から出て来たんだよ!……訳分かんねえよ!」 レオナルドは少年に噛みつくように聞いた。彼はもう自分のことに整理がつけられなかった。状況が読めず、自分をも見失いかけていた。 「五月蝿いなあ、君。僕今そんなことに答えてるほど暇じゃないんだよね。ああ、答える代わりに手伝ってくれる? これ処理しなきゃいけないんだよ」 少年はそう言って、これというところで化け物を顎でしゃくった。少年はあまりにも冷静で、その淡々とした様子に余計レオナルドは苛立った。彼は格下のように見える者に命令されることが嫌いだった。彼にとっては、同年代の人は全て格下に見えるようだったが。 「何で俺がお前を手伝わなきゃいけないんだよ! 俺は学者の息子なんだぞ!? そんなことして良いのか、将来の官僚なんだ、ナクラの役人だぞ!」 「そんなのどうだっていい。君状況分かってないでしょ。君はこれに殺されかけたけど、僕にはこれを殺せる力はある。これを殺すより、君を殺す方が容易い」 暗にいつでもレオナルドを殺せると脅した少年の顔は悔しいほど変わらなかった。レオナルドは恐ろしかった。彼の金に光る瞳が。その瞳には、一筋の黒い線があった。レオナルドはいつかナクラの市街地の外れに来た見せ物小屋を思い出した。その見せ物小屋に居た、他の生き物とはまったく異なる肢体を持つ、忌み嫌われる生き物、蛇に少年の瞳はよく似ていた。レオナルドはこの少年に、蛇に近しいものを感じていた。 「お前……人を殺していい訳無いだろ!」 「何言ってるの? ナクラに居る所謂お偉いさんは簡単に人を殺すだろ? 君はその人にもそうやって言うの?」 「っ…………!」 レオナルドは言葉に詰まった。何も言えない自分が腹立たしい。レオナルドはうつむき、固く唇を結んだ。確かに上流貴族達は使い物にならない奴隷を殺す。政権を狙った暗殺だって珍しいことではない。実際、ナーラ一族が一つ貴族の家を滅ぼした事件が十年前にあったことも彼は知っていた。 「ほら、何も言えないんでしょ。早く手伝ってよ。君に出来そうなのは……羽をむしるくらいか。まあいいや、頼んだ」 これで話は終わりだというように、少年はレオナルドに背を向け、化け物の影に消えていった。レオナルドは少年が怖かった。怖かったと同時に哀れだとも思った。彼の瞳は美しい金だったが、底の無いくらい光を称えていた。レオナルドには計り知れない闇を抱えているように思えた。 レオナルドは前を向いた。まずはやらなければならないことが出来た。レオナルドは化け物の翼に向かって歩き出した。背中の毛は焦げていて、まだ少し熱かった。レオナルドは翼を倒れさせ、化け物の身体から翼を少し離した。 反対側から血のような臭いがした。つんと鼻につく鉄の臭い。この時になって、ようやくレオナルドは殺された両親のことを思い出した。再び鼻がつんとした。目の前が霞んで手元がよく見えない。まだ成長途中の手のひらが空を切る。我慢しようとしても嗚咽が漏れる。静かな雪原にレオナルドの声が響く。 「……何やってんの。ほら、これ袋。渡すの忘れてたけど、これにむしった羽入れて。僕は暫く自分の作業してるけど、やっといてよ」 いつの間にか少年が来て、要件だけを言ってまた戻っていった。普段なら気に入らなかっただろうが、今はそれがありがたかった。少年からの無言の気遣いとまではレオナルドには分からなかった。彼は少年が持ってきた大きな麻袋に顔を埋めた。ごわごわしていて少し埃臭かった。それでもかまわなかった。 少し気分が落ち着いてから、レオナルドは化け物の羽をむしり始めた。彼の手が空を切ることは無い。レオナルドは無心で羽をむしり続けた。何に使うのか、少年の正体は何なのか、知りたいことは山ほどあっても、何も考えられなかった。ただひたすら羽を取っては麻袋の中に詰めていた。頭を空っぽにして、悲しみを忘れるには丁度良かった。 レオナルドは化け物の右翼の羽をむしり終えた時、丸まっていた背中を伸ばすついでにあたりを見渡して驚いた。化け物は解体されていた。それに気付いた瞬間、むせかえるような血の臭いに包まれた。レオナルドは吐き気を感じた。ここまで血の臭いを嗅ぐことなど、今までの生活では考えられなかった。 「あれ、今片方終わったんだ。思ってたより遅かったね」 不意に声をかけられ、レオナルドは驚いた。少年の粗末な服は血で汚れていた。 「お前……何なんだよこれ」 レオナルドの声は震えていた。動揺を隠せなかった。 「何って、動物だったやつだよ、鳥虎。知らないの? さっき君を殺しかけたやつ」 「…………今お前何て言った?」 「え? 殺しかけたやつ」 「もっと前」 「知らないの」 「あとちょっと前」 「ああ、鳥虎?」 レオナルドは呆気にとられた。目の前に居るこの少年は、巨大でおぞましい生き物を「鳥虎」と言った。正式名称とは思いがたいところから、少年がつけた名前だと考えていいだろう。 「はああぁぁ!? 何だそれ、名前! 何でそんなのつけたんだよよく見ろよ化け物だろうがこれ! 何でそんな安直な名前つけてんだよ!」 「別に名前はどうでもいいでしょ、何なのか分かればそれで十分」 「だからったって簡単過ぎるだろ、そんな安直な名前の化け物なんて嫌だよ!」 「僕は嫌じゃないしこれでいい」 「本当に何者なんだよお前!」 「ああ、そう言えば君誰?」 「遅えわ!」 レオナルドの恐怖や吐き気はもうどこか遠くへ行った。変わりに脱力感や少年の様子に対する苛立ちが生まれた。 「俺はレオナルド。学者の息子で、将来的には最高の学者になる男だ!」 「へえ。学者ねえ」 少年の言葉には皮肉がたっぷりと込められていた。しかし、レオナルドには気付けなかった。今までこちらにあまり関心の無かった少年が反応したため、レオナルドは得意になっていた。 「まあ聞いちゃったし、僕も言っとくか。僕はサイロ。よろしくしなくてもいいや」 「どっちだよ何なんだよお前」 少年──もといサイロは金の瞳を冷たく光らせていた。レオナルドを通して何かを射抜くように、何かを見つめていた。 「……で、君この後どうする気でいるの」 不意にサイロがそう聞いた。レオナルドは困惑した。両親が居なくなった今、仕事を続けるのは不可能だろう。両親の死を知るのは、この少年とレオナルドだけなのだ。子供しか証言者が居ない。後々ナクラに戻ったとして、レオナルドが生活出来るかどうかは分からない。 「どうって……何も考えてないけど」 「ふうん」 サイロは興味無さそうに答えた。何かを思案するように斜め左下を向いている。人が質問に答えておいて、その態度はねえだろ、と内心でレオナルドが毒つく。そんなレオナルドの気など知らないサイロは手持ち無沙汰なのか、足で雪を蹴っていた。 「それがどうしたんだよ」 反応も今一つつかめず、自分の行く末に無関心という態度にレオナルドは苛立った。サイロが何を言いたいのか、まるで分からなかった。 「……不本意だけど、仕方がない」 少し時間を置いて、サイロは口をひらいた。 「なんだよ」 「取引だ。君、学者の息子なんでしょ? 曲がりなりにも知識やら世間一般の常識やらは持ってる訳だ。でも、君はこのままだと村にたどり着くまでには死ぬ」 きっと顔をあげ、蛇のような瞳に強い光を宿したサイロがそこに居た。瞳の色は先ほどまでとはまったく違うものだった。闇を感じる訳でもなく、蛇のようだと思うでもなく、確実に意志のある「人間の目」をしていた。レオナルドは目をみはった。彼をここまで強い目にさせるものは何なのか。そんな目になるほどこの取引には大きな意味があるのか、レオナルドは知らなかった。 「……どうしてそう言い切れるんだよ」 「食料も雪原とか樹海を生き抜く術も知らないんだから当然だよ。……それに、僕達には確実に知識が足りないんだ。分かるでしょ、物々交換の要領で取引だって言ってるの」 サイロはどこか焦ったような表情をしていた。何かを噛み殺すような、そんな獰猛さも見え隠れする。何故、それがレオナルドの中で渦巻いていた。 「…………今すぐには聞かない。取り敢えずこれの処理が全部終わるまでは時間をあげる。応えによっては……何か考えとく」 サイロはそう言ってレオナルドに背を向けた。焦りを押し殺すような声色だった。レオナルドは化け物だったものを見た。少し変色しだしてはいるが、赤く染まった雪の上に羽の無い翼、焦げた毛皮が広がっている。肉はどこにあるのか、探したらサイロの居る化け物の爪先あたりに積み上がっていた。 (あれで、何日生きられるんだろう) レオナルドはぼんやりと考えた。何も無ければ、三日後の昼前には村に着く予定だった。レオナルドの足では十日はかかるだろう。当然、十日以上程の食料を持って来ている訳がない。しかも、雪原で何が起こるかも分からない。サイロについて行かなければ死ぬことは明確だった。 (それに、あいつ…………僕達って言ったよな。あいつには仲間が居るってことなのか? ) レオナルドはサイロの姿をよく見てみた。正面から見た時は分からなかったが、一束のみ長く尻尾のように伸びた髪があった。レオナルドには、それが余計に蛇らしさを強調しているように思えて仕方なかった。レオナルドよりも少し高い背に痩せ型。しかし奴隷でよく見るような不健康そうな痩せ方では無かった。筋肉質というのだろう、贅肉が無いという印象だった。 レオナルドは自分の身体を見た。普段から運動をしない若い身体にはぷくぷくと贅肉がつき、余計に背が低く見える。自覚はあったものの、痩せるための努力をするという頭は無かったのである。不健康さがこんな場面でたたるとは思ってもみなかった。羽をむしって袋に詰めるという単純作業でもやり続ければ身体が暑くなる。額ににじんだ汗で前髪が張り付いた。息も多少荒くなっている。運動が大変だと身をもって痛感させられた。 (俺は、あいつについて行った方がいいのかな) レオナルドはサイロが気に食わなかった。学者の息子であることを流されたのも、無理矢理手伝わされたのも、レオナルドよりも強い力を持つことも。彼にとっては、自分よりも身分の低い人に服従することなど屈辱でしか無かった。 (でも、ついて行かなかったら学者になれない。夢を叶えるまで、死んでたまるか!) レオナルドは化け物の左翼に手をかけた。作業にはまだ続きがあるのだ。言葉にするのは、その後でも十分間に合う。レオナルドは勇んで作業を再開した。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行