Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
30 分
ずるい人
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
10 分
FCWeelOfFortu…
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
105 分
水流のロック
19 分
転生した魔法少女3:私って…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 日本のどこかの、大きな都会の片隅に「レインメーカー」、 つまりは雨降らしの力を持つ人たちがいました。
 彼らは代々、雨を降らせる力を持った不思議な家族でした。クリスマスの時にだけ、彼らは雨ではなく、雪を降らせる「スノゥメーカー」になります。それは毎年のいわば恒例行事で、この家に生まれた宿命ともいえるものでした。
 
 だけど。その家族の全てがその役割をよく思っているわけでもなかったのです。
「レインメーカー」の中でも一番末っ子の女の子は、クリスマスの度に、友達の誘いを断らなければいけないことを重荷に感じていました。
 
 だって、「レインメーカー」だなんて言ったところで、誰も信じてくれるはずはないのですから。
 だから毎年毎年、「風邪」だの「親の用事」だのと違った言い訳を考えなければいけません。けれどそんな事を続けていたせいで、彼女は事実上友達から見捨てられてしまったんです。今まで仲の良かった友達が年を経るごとに彼女から離れていきました。
 だから、彼女は自分の「仕事」が嫌だったし、特に「クリスマス」というものが嫌いになっていきました。



 毎年、クリスマスが来るたびに、彼女は憂鬱になるのです。華やかな街のイルミネーションも、賑やかな音楽も、彼女の神経を逆なでするばかりです。
「どうしてあたしだけ、クリスマスにひとりぼっちでいなきゃいけないんだろう」
 彼女は自分の部屋でため息をつきました。
 
 ―
 そして今年もまた、その季節がやってきました。デパートやスーパーではクリスマスの音楽が流れ始めて、あちこちでイルミネーションも付き始めて、日本中が、少しずつクリスマスの色に染まっていきます。クリスマスの限定スイーツやおもちゃの広告がラジオにも新聞にもテレビにも顔を出して、人の会話の中にもクリスマスプレゼントやイルミネーションを見に行こうというお誘いが入り込んで、まさにクリスマスが世界に【やって来る】のです。
 
「……またこの季節か……」
 彼女はその音や光から目を逸らすように、足早に家に戻ると部屋に閉じこもってしまいました。
 彼女の部屋の中には、11月まででめくるのをやめた日めくりカレンダーや、夏の海
のポスターがあります。この部屋の中だけ、まるで時間が止まっているようでした。
「こんなことしたって意味ないのはわかってるけど……」
 彼女自身も、人間です。人間である以上時間の流れに逆らえないことはわかっていました。
 それでも、彼女はクリスマスというものが近づいてくるのを知りたくもなかったのです。そして感じたくもありませんでした。
 何もかも嫌になって、彼女は耳を塞ぎました。部屋は狭くて冷たくて、まるで彼女の心象世界のようでした。
 
 彼女がそんなことを繰り返しているうちに、クリスマス・イブがやってきました。彼女の家にもクリスマスケーキが届きます。普段は、彼女は見向きもしません。だけど、今年だけは何故か気になったので、彼女は包みを破いてみました。
 
 すると。
{紗雪へ いつも 雪を ありがとう。}
 そう書かれたメッセージカードが一枚。送り主はわかりませんでした。
「……人に感謝されたのなんて初めて……」



 彼女はちょっと嬉しくなりましたが、なぜ差出人が名乗っていないのかも気になりました。だって、もし家族からのメッセージだったらがっかりしないといけないから。
「ん……?なんだろこれ?
 メッセージの裏には小さな雪だるまが描かれていて、よく見ると、雪だるまの絵の下に、
「差出人は、昔に雪だるまを一緒に作った人です」
「もしかして……」
 彼女はある人物が思い浮かんだので、すぐにその人に電話をかけました。
 
 ―
「そう。正解だよ」
 電話の相手は、彼女が小さいころに一度だけ一緒に遊んだことのある女の子で、正直彼女はあまりよく覚えてはいませんでした。
「えーと、舞雪さん……だよね。久しぶり。」
「うん。すーっごく久しぶり。でも、驚いたなー」
「……驚いた?
「だって紗雪がレインメーカーだったなんて!
「……え、でもどこで知って」
 彼女は電話を落としそうになって、慌てて拾いました。
 基本的にこのお仕事は他の人に、同じ仕事をしている相手以外に知られてはいけないのです。知られても特におとがめはないですが、雨女というあだ名がつくかもしれないですね。
「あ、心配しないでよ。実は私もなんだ」
「へ?
 彼女は思わずすっとんきょうな声をあげました。
 無理もありません。彼女は自分たちの家族以外にレインメーカーがいるなんて考えたことがなかったんだから。
「…本当に?
「うん」
「じゃあ、あたし……もうクリスマスはひとりぼっちじゃないんだね」
 彼女の悩みは、自分ひとりだけがクリスマスに友達と遊べないことにありましたが、この一言で気持ちが晴れました。同じようにさみしい思いをしている人が居たからです。ひとりじゃないと彼女は思いました。
「クリスマスが終わったら、遊ぼうよ」



「うん!
 このふたりがこの後仲良くなったのは、たぶん間違いありません。
 あなたも、クリスマスに雪を見ることがあったら、この話を思い出してみてくださいね。
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行