フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「なんだろ。泣きたい気分じゃない。けれど、どうしようもなく嬉しい……」  とサキが言った。 「おーーーーい!」  コルンの声だ。 「上手くいったみたいでよかったよ。バーブのパンチを受けた時は終わったと思ったけど、そのあとのシンの分身にはびっくりした」 「コルンが向かってくれなきゃ、こっちも自爆の餌食だったさ。流石に俺の変身特技も、自爆は耐えられないからな」 「3人とも揃ったわね」 「そうだな。とりあえずお疲れ。まず、やることがある。俺たちの所有しているマイルを3等分しないと。その状態で全員がリタイアすれば、3人が同率1位で終了だ」 「よし、じゃあ私が1番多いから、2人に渡すわ。えっと……1人5万マイルずつになればいいから……よし、送ったわ。これで全員均等よ」 「ついに終わったな……1ヶ月の予定が意外と早く終わった。晴れて優勝か」 「もう今リタイアして終わらせちゃおうよ。話はそれからにしよう」  コルンの提案で、まずはこの特別訓練を終わらせることにした。 「よし、じゃあ……お疲れ様!!!」  全員同時にリタイアボタン押した。その後、シン達の元に大きなドローンが到着して、修理キットと燃料、充電を補給し、最初の島へと案内された。  島には、約30名ほどの人がいた。アーティーではなさそうだった。 「おめでとうございます。参加番組7番コルン様。26番サキ様。そして、120番シン様。あなた方3人が最後まで生き残り、全員同率優勝という形で特別訓練が終了致しました。それぞれに、決勝リーグ出場権とシード権が贈られます」  高級そうな服を身につける初老の男が近寄って来て言った。 「救護を受けられますか?」  医療スタッフらしき人物だ。 「はい。お願いします。背中パーツに少し損傷が……」  そういえば敬語使うのなんて久しぶりだ。急に現実に戻った実感が湧く。 「分かりました。では、そのあとでAIをお返ししますね」  さらに1時間後。遂に治療もAIの返還も終わった3人は、アーグラ期待してるよ。との声をかけられ、解散となった。スタッフ達は足早に去っていく。 「これで本当に終わったのね……」  悲しそうな目つきのサキ。 「そういえば、2人の本拠地はどこなんだ?俺は基本は旅をしてるが、一応東京に住所がある」 「東京か……微妙な遠さだね。僕は大阪だよ」 「サキは?」 「えっと……沖縄……」 「見事なまでのバラバラさだな。まあ俺達アーティーだから、会おうと思えば飛んでいけるけどな」 「そうね。また会えるわよね。私とシンはH型、コルンはO型だけど、今回の訓練でそんなの関係ないってわかったわ。私は、その溝を埋めるためにこれからも旅をし続けるわ」 「争いはくだらないよ。国同士で争ってるのに、国内でも争ってちゃダメだよ」 「同感だ。でも、次会う時はアーティカルグランプリ……敵同士かもな」 「ええ。そこでは負ける気はさらさらないわ。私が絶対に優勝する」 「僕も負けないよ。特別訓練で課題も多く見つかった。次会うときは….飛び道具が倍になってたりしてね」 「絶対にまた会おう。俺も、スピードを倍にして臨む」 「それは速すぎて見えないわよ。棄権になるかもね」  そして、とうとう別れの時だ。 「コルン。俺もお前と手を組めて良かった。砲撃型で俺とのバランスも完璧だった。ありがとな」 「それはこっちのセリフさ。僕もシンがいなくちゃ優勝なんて到底無理だった。ありがとう」 「サキ。あの時声をかけて良かった。サキの防御があったからこその戦闘だった。何度も救われた。大規模イベントで任せたのは本当にすまなかったよ。ありがとな」 「そうね。流石にきつかったけれど、私も変身っていう新たな概念を掴めたし。それはそれで良かったわ。まあ、その……ありが……とう……」 「ああ。じゃあな。Hey,sari 飛行モード」 『了解 脚パーツ を 変形 します』  ウィーーーン ボォッ!  シンの足から、炎が飛び出す。そのまま、ゆっくりと上空へと向かった。 「また会おう。2人とも」 「約束だね」 「また会いましょう」  やがて振り向き、東京へと出発する。  ウィーーーン……シュンッ!!  一気に加速する。もう沖縄は小さく見える。  仲間……か。  もうこんなに高いにも関わらず、2人の声が、まだ聞こえるような気がした。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行