フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 ──ねえ、どこにいるの? 一緒じゃなきゃ嫌だよ!  街が、暖かな橙の光に照らされていた。  間もなく夜のとばりが降り、人々はそれぞれの日常へと戻っていく。それが言ってしまえば普通の流れだ。  しかし、かの少女は違った。  ──どこ? どこに行ってしまったの?  その少女は、誰でも着ていそうな服の上から、目立たない色のローブを羽織り、フードを目深に被っているという、まさに”地味”を体現したような装いで、人目を引くのは片手に持ったカンテラと、その大きな瞳を覆い隠すほどに長い前髪くらいのもの。  とにかく、そんな少女がその小さな足を懸命に動かして、人の流れに、真っ当な流れに”反って”走っていた。 『こんな私を育ててくれてありがとう。これから私は、私の道を歩みます──って、父さんと母さんには上手く伝えておいて。本当にごめんなさい。私の大好きなティナへ』  少女の手に握られてくしゃくしゃになった手紙の内容は、おおよそこのようなものだった。  手紙を受け取った少女──ティナはこの差出人の無い、便箋にすら入っていない粗末な置手紙が誰からの物なのか一目で見抜き、陽が沈みそうなのも構わず家から飛び出して、手紙の主をずっと探していたのだ。  ティナは手紙の主が自分の夢を持っていることを知っていたし、その夢を誰にも理解されず満たされない日々を送っていたことも知っていた。  ──そんなの嫌! 行かないで!  そう、知っていたし理解もしていた。  だからこそ、いつまでも一緒にいたかった。 「どこにいるの? こんなお別れ嫌だよ、”カルロ”……」  十二年間の生涯を共に過ごした、最も敬愛し羨んだ家族と共に。 ──────  僅かばかりの時が流れ、遠くの山の陰に陽は沈もうとしていた。  『手紙のインクが乾いていなかった。手紙の主はまだ近くにいるかもしれない』  ティナが持っている手掛かりは、これだけだ。そしてその手掛かりが探し人へと至る可能性は、インクが乾いていくと共に目減りしていく。  されどどんなに走っても、いくつ曲がり角を曲がっても、そこに探し人はいない。そうして無策に奔走している内に、人気のない地区までやってきてしまっていた。  ──もう、ダメなのかなあ。  そう思うだけで、ティナの顔を覆い隠す前髪の隙間にちらりと覗く、大きな緑色の瞳から、堪えていた涙がほろりほろりと零れ、もうすでに乾き切った手紙のインクを滲ませた。 「見つかったかよォ? つーかあんまり揺らすんじゃねえよ、気持ち悪ィったらありゃしねェ」  その涙に呼応するかのように、ティナ以外誰もいないはずのこの場に何者かの声が届く。ティナにとって非常に慣れ親しんだこの声は、ティナのカンテラの中で煌めく炎から発せられていた。 「……ううん、まだ見つかってないんだ。本当に心当たりは無い?」 「ああ、無いね。昔っからよく分かんねえからな、カルロの言うことはよォ」 「そう……ありがとう。今度はなるべく揺らさないように気を付けるから、もう少しだけ火を見ていてね」  ティナが謝辞を述べると、粗暴な口調のカンテラの火は「ケッ」とだけ吐き捨ててそれっきり静かになった。  ──足だけは動かしていなくっちゃ。  心持的にはどん底にいたティナだったが、カンテラの火との会話で少しだけ平静を取り戻していた。  立ち上がって服に付いた汚れを払い、今度はもっと人のいるところを中心に探そうと歩を進めようとしたその時、すぐそこの裏路地から、 「とぼけんなやコラ! お前が『考古学者』であることは、疑いようがねえんだぜ」  と、確かにそう聞こえた。 『考古学者』。 「──ッ!!」  この単語が耳に入った瞬間、すでにティナは動き始めていた。  カンテラが音を立てて揺れて先の声がティナに文句を垂れ始めていたが、それすらもティナの右耳から入って左耳へと抜けていく。  裏路地の入口に声を殺してピタリとはりついて、そうっと覗き込むが時分も相まってよく見えない。 「やいティナ! テメエ揺らすなっつってんのが分かんねえのか!」 「ゴメンって! 今はちょっとだけ静かに──」  瞬間、言い争う二人を制止するが如く、何かが爆ぜる音と共に裏路地から勢い良く大きな何かが転がり出てきて、ティナの背後で建物の壁に叩きつけられて静止した。  心底驚いて声を上げそうになったのを手で抑え、飛び出てきたものの方を注視すると、そこには四肢を投げ出して倒れる男がいた。  その男は直線的な、恐らく礼服と思われる上下黒の装いに、首に細長い赤の装飾物を締め、さらに若々しい顔立ちに反して白い髪をところどころ鮮血で染めている。  総じて、ティナにとって──というよりもここらに住んでいる者にとって『風変り』あるいは『奇妙』と思える姿をしていた。 「兄貴ィ、何すんだよォオオオ~~~。首を狙ったつもりが、弾道が逸れて腹に当たっちまったじゃねーかアアアア」 「首狙ってたから逸らしたんだよ。連中、異端審問をやりたがってるだろうからな。殺すと値が下がっちまうかもしれねえだろう」  この白髪の男が転がってきた方から別の二人の男の物騒が過ぎる台詞が聞こえ、足音が少しずつ近づいてくる。  ティナの背中に冷たい汗が流れ、迷った末に苦悶の表情を見せる男を横目にすぐそばの物陰に隠れてしまった。  ティナが隠れてからすぐに、裏路地から二人の異形が現れ、 「あーあー血を流して。さっきどこかにぶつけたのかい? 悪かったな兄さん。でも安心しろよな。今のは水の塊をぶつけただけで、別に死にゃしないからな。水の魔法はガーゴイルの得意技……ってな。知らない? ま、それを知らなくても、この国で歴史を探ろうとするとどういう扱いを受けるかは、知らんわけではないだろう」  もう片方の異形が白髪の男の胸倉を引っ掴んで強引に起き上がらせるが、出血の割に大した傷ではないことを確認すると、すぐにまた乱暴に地面に放った。  人型のシルエットに大きく湾曲した角と、鳥類のような嘴。さらに、紋章のあしらわれただぼったいローブの翼と思われる背中の膨らみ。そして水の魔法。  亜人種『ガーゴイル族』の特徴である。  以上の事柄から、物陰のティナはこの状況をおおよそ把握することができた。  あの白髪の男は、この国の”禁忌”に関係していると、因縁を付けられているのだ。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行