フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
【プロローグ】  ──そうだ、あの日は雨が降っていた。 「ねぇ……大丈夫?」  中学校に入学してから数日後、季節外れの雷雨が力を失いつつある桜の花びらを容赦なくたたき落としていた。  時間は夕方になろうというあたりだが、分厚い雨雲のせいで、あたりは夜の光景になっている。 「ねぇ……」  僕が再び声をかけた瞬間、雷光があたりを照らし、一瞬遅れて轟音が背中を叩く。  乱雑に積まれたゴミとも思える荷物の間に、自分と同じくらいの少年が膝を抱えるようにしてうずくまっていた。  再度、雷が光り、手入れがされていない乱れた銀色の髪を浮かび上がらせる。 「なにしてんだよ、早く帰らないとびしょ濡れになる……って、なんだコイツ」  遅れてきた幼なじみの少年が驚きの声を上げた。 「コイツ、外国人か……珍しいな、こんなところに……って、おい、まさか……」  おそるおそるのぞき込もうとする少年に、僕は軽く頭を振った。 「大丈夫だよ、まだ生きてるよ、たぶん」 「そか、おーい……もしかして、言葉わからなかったりするとか?」  少年は持っていた傘を僕に押しつけると、ズボンが汚れることも気にせずに片膝をついて銀髪少年の顔をのぞき込む。 「なぁ、とりあえずオレの家に行こうぜ、ボロっちいけどさ、ここで濡れてるよりマシだし。それに……」  チラリとこちらを見上げて呆れたような笑いを見せる。 「このまま放っておいたら、コイツが気にしちゃって手がかかるからな。人のためだと思ってさ、素直にこいよ」 「ムチャクチャだ……」  僕は小さくため息をついてから、押しつけられた傘を無理矢理返しながら、反応を見せない銀髪少年へ声をかける。 「でも、やっぱり、ここにいたら風邪ひいちゃうよ」  そう言いながら、恐る恐る銀髪少年の手に自分の手を重ねた。完全に冷えきっていて、体温が感じられないことに焦りに似た恐怖を感じる。  澄んだすみれ色の瞳がこちらに向けられた。  ──あっちにいけ。  無言の視線の中に強い意志が読み取れたが、何度目かの雷光を反射した瞳の奥に助けを求める光も見えたような気がした。もちろん、根拠はないけど…… 「ほら、とっとと行くぜ」  幼なじみが有無を言わさず銀髪少年の右脇に手を入れて、力任せに立ち上がらせようとする。  抵抗の《素|そ》《振|ぶ》りを見せなかったので、僕も覚悟を決めて左脇に同じように手を差し込み、少年の上体を持ち上げた。  想像以上に身体が軽い。 「…………」 「んー? なんか言ったかー?」 「…………」  銀髪の少年はさらに何か呟いたようだったが、勢いを増した雨の音にかき消されてしまって聞き取れなかった。  なんとなく言葉を見つけられず、無言のまま濡れそぼった身体を支えながら、誰もいない道を進んでいく。  その少年の体温がどんどん奪われていってしまうように感じて、救急車か大人の助けを呼んだ方が良いのかもと焦りを感じたとき、幼なじみの少年が傘を持つ手を傾けた。 「お、雨が止んできた」  その声に顔を上げると、いつの間にか遠い西の空は雲がまばらになっていて、濃い赤色から夜空の色へ、みごとなグラデーションへと姿を変えていた。  幼なじみが器用に傘を閉じながら、肩にかけていたカバンを下ろし、中からスポーツタオルを取りだした。 「安心しろ、予備のヤツだ。オマエ運がよかったな」  そう言いながら銀髪少年の頭をわしゃわしゃと拭き始める。 「……」  隣の少年が煩わしいとばかりに上げた頭の動きが一瞬止まる。  視線を追うと頭の上あたりの分厚い雲が急速に後へと流れていて、深い藍色の空が姿を現していくところだった。  雨上がりの澄んだ夜空、そして、無数の煌めく星々の中で、《一際|ひときわ》輝く三つの星。  気がつくと他の二人も僕と同じように空を見上げていた。 【トルネリア・サーガ・オンライン】  目を開くにつれて、木漏れ日がきらめく新緑の森が視界に広がってくる。  少し遅れて、小鳥たちのさえずりと風が奏でる木々の葉音が心地よく耳元をくすぐった。 「よし、今日も調子よさそうだな」  僕はいつもと同じように小さく息を吐いてから、準備を始めようと右手を軽く持ち上げる。  ──ザワッ  瞬間的に不安をかき立てる微かな音が右側面から響くと同時に、右上端に赤いマーカーのような光が明滅した。  反射的に視線を動かすと、その先でほぼ同時に茂みが大きく揺れ動き、数本の樹木が激しい音を立てて倒れる。  ──グオオオオオッッ!!  野太い雄叫びとともに巨大な棍棒を打ち下ろす青黒い肌の巨人。  不気味な光を放つ一つ目が、一瞬こちらを向く。 「《一つ目鬼|サイクロプス》……って、なんでこんなところにいるんだよ!」  思わず声を上げてしまう僕。  しかし、巨人はこちらを一瞥しただけで、手にした棍棒を姿を現した方向へと振りかぶる。 「……《疾風の矢|ウィンドアロー》!!」  甲高い女性の声が響き、矢のような形をしたエメラルド色の光が巨人の頭部に炸裂する。 「てか、そういうことかぁー!」  僕は咄嗟に状況を理解した、つもりになった。  視界を撫でるように右手をスライドさせると、色とりどりの光を放つパネルが眼前に広がる。  ほぼ反射的な動きでその中の一際大きい赤い光に触れた瞬間、視界が一瞬ホワイトアウトし、それが収まると、僕の身体を挟むように左側に白銀にかがやく小型の盾、右側に青水晶の様な煌めきを持つロングソードが現れた。  装備を探索用から戦闘用へ変更することで、自分の意識も切り替わる。 「だから一人で先にいくのはヤメロってーー!」  僕は視界の中のパネルに指を走らせた。  すると、周りの光景がグンと動き、自分が巨人へと駆け寄ってくような錯覚に陥る。  しかし、僕はそんなことおかまいなしに両手を動かしながら声を上げる。 「《氷刃乱舞|アイシクルエッジ》!!」  視界が急速に跳ね上がり、一つ目の巨人を眼下に捉える。  一瞬の硬直時間の後、僕が右手を縦にスライドさせると、シンクロしたかのように右側のロングソードが勢いよく動いて、無数の青い光がそれぞれ弧を描いて巨人に襲いかかった。  ──ギャオオオオッ!!  苦悶の叫びを上げる巨人の身体の所々が白く凍り付き、動きがあきらかに鈍っていく。 「アリくんナイス!」  緑色のチュニックに白銀の胸当てという出で立ちの少女が歓喜の声を上げる。  長めの金髪が舞いあがり、僕に向かって笑みを見せた。 「よーし、こっから反撃……」 「できるかぁぁぁ!!」  僕はそう叫びながらパネルを操作し、巨人に向かってレイピアを突きつける少女に向かって体ごと突っ込んでいく。 「え、きゃあっ!?」 「なんでサイクロプスにケンカ売ってるんだよ! よりにもよってレイドモンスターじゃんか、てか、どっからどうやって引っ張ってきたんだよ!」  武器を納め、少女の腰を抱えるようにしてダッシュで巨人から距離を取る。  なんかどさくさに紛れて一瞬変な体勢になっちゃった気もするが気にしない、じゃなくて、気にしている場合じゃない。 「ちょ、アリくん、離してってば、せっかく珍しい敵見つけたのに……」 「ふざけんなぁぁぁぁぁぁ!!」  ──ギャオオオオオッ!!  身体についた氷を振り払い、一つ目の巨人がこちらへ向かい足を踏み出してくる。 [あれ? またやってんの?]  ピコーンという軽い音に続いて少年の声が聞こえてきた。  さらにピコーンという音と共に複数人の声が届いてくる。 [ああ、ラピスっちかー] [まあ、ラピスならしかたないよねー がんばれ☆] [……そ、そういう認識でいいの?] 「ちくしょー みんなログインしてるなら助けにこいよ!!」  全力で走りつつ叫んだ瞬間、ピタリとみんなの声が止まる。 「けっこう薄情だね、みんな」  肩に担ぎ上げている少女が他人事のように笑い出した。  MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)T.S.O.(トルネリア・サーガ・オンライン)、トルネリア王国という架空のファンタジー世界を舞台にしたオンラインゲームである。  世界的なインターネット関連大手ディールクルム社が量子コンピュータの概念を用いた超高性能サーバ群の商用化にメドをつけ、サービスサンプルの一つとしていくつかのプロジェクトを立ち上げた。  その中の一つ、オンラインゲーム開発のパートナーとして選ばれたのが日本の古参、大手ゲーム会社のノーザンライツである。その、ノーザンライツの子会社の一つ株式会社ノースリードが開発したタイトルがT.S.O.なのだ。  新技術を用いた大規模なオンラインロールプレイングゲーム。  超高性能サーバ群とすでに整備されつつあった高速無線通信網、さらにディールクルム社が商品化していたゴーグル型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を利用している。  それらのテクノロジーを融合させたサービスとして、従来のコンピューターゲームとは比べものにならない没入感をウリに、世代を超える爆発的な人気を博し、数年たった現在でも日本を中心に熱心なユーザーによる支持を得ている。 「アリくんのバカチンがぁ!!」  バシコーン!! という乾いた音とともに、星のエフェクトが乱舞する。  日本の古き良きギャグ文化、ハリセンツッコミというヤツだ。 「せっかく見たことのない敵見つけたのにー」 「はぁ……」  僕は小さくため息をついた。 「だーかーらー、その誰彼かまわず突っ込むのはいい加減止めなさいっていってるでしょ。ラピスだってもう初心者マーク取れてるんだし……」 「ぶー」  目の前の少女がこれ見よがしに頬を膨らませて拗ねてみせる。  彼女の名前はラピス、半年くらい前に仲間になった森の妖精族エルフの少女、職業は精霊剣士。 「だって、あんな大っきくて強そうな敵がいたら戦いたくなるでしょー」 「いや、その前に自分のレベルとか強さとか考えようよ」 「えー せっかくのゲームなんだからさ、やりたいようにやろうよー 死んだってたいしたペナルティがあるわけじゃないんだしー」 「……お金、ちゃんと銀行か金庫に入れてある?」 「もっちろん!」  勢いよく人さし指を僕に突きつけてくるラピスだったが…… 「忘れてました☆」  少女が舌を出してテヘッと笑った瞬間、複数の笑い声が後頭部のあたりに響き渡った。  先ほどの戦闘中に高みの見物をしていたギルドメンバー、いわゆるゲームプレイ仲間たちだ。近くにいなくても、ギルドチャットチャンネルで会話した内容はリアルタイムに共有できているのだ。 「はぁ……いつになったら貸したお金全部返してもらえることやら」 「はははは、ごめんなさい。できるだけ早く返すから、もうちょっと待ってアリくん……じゃない、アリオットさん」  わざとらしく拝むようなしぐさをこちらに向けてくる。 「まぁ、別に急がなくてもいいけどさ」  アリオット、それが僕の名前。あ、もちろんT.S.O.の世界の中のキャラクターのことだけど。  あまり美形にするのも気が引けて、そこそこ微妙にカッコ良さげな人間の少年剣士っぽいイメージで作ったキャラ。結果としてありふれたカンジになっちゃった気もするけど、今となっては結構気に入ったりもしている。 「で、アリくんは今日何か予定ある?」 「ん……今日はあまり長くログインできないし、鍛冶スキルがもう少しで上がるから、今日はそっちをやろうかなって」 「そっか、残念。さっきのデカいヤツにリベンジしたかったンだけどなー」  拗ねたようにそこら辺の石ころを蹴飛ばすラピス。  いや、だから僕ら二人でどうこうできるレベルじゃない……って、言ってもムダなんだろうな。  なので、僕は話題を逸らす方策を採ってみた。 「んとさ、鍛冶スキルが上がったら、新しいレイピアが作れるようになるんだよね。この前、ラピスがすっごく欲しがってたア……」 「なに、それ、ホント!? マジ!? あのカワイイ細い剣?」  こちらが言い終わる前に激しく食いついてくる。  ……あの、襟首掴むの止めてください。つーか、顔近いです、近づきすぎです。 「それなら許す。そっちに専念しちゃってください☆」  ぴょこんと一歩飛び退いてウィンクしてみせるラピス。  もしかして、今の言葉口に出しちゃっただろうか。  一瞬、言葉に詰まってしまったが、そのタイミングを見計らっていたのかギルドチャットから女性の声が飛んできた。 [あの、アリオットさん。この前お願いしていたローブですが……] 「あ、サファイアさんの服ならもうできてますよ。このあと一回ギルドハウスに戻りますんで、よければそこでお渡ししましょうか」 [あ、はい、わかりました。わたしも向かいますね] 「アリくんってば、冒険者というより職人っぽいよね」  サファイアさんとの会話が終わるのを待ってラピスが口を開く。 「そうだね、どっちかというと職人が向いてるのかもしれないねー」  そうなのだ。一応、T.S.O.はサービス開始前のクローズβにも参加していたくらいの古参で、精霊剣士と星霊神官を筆頭にいくつかの職業レベルも高レベル帯まで上がっている。また、同時に衣服系統の防具を作れる裁縫スキルもゲーム内では高レベル集団に属しており、最近は武器を製作できる鍛冶スキルにも手を出し始めていたのだ。 「なんというか、こう、材料の調達から武器を製作して、んでもって、市場に流して利益を上げてーっていう流れをいかに効率よくやっていくかとか突き詰めていくと楽しいんだよね、これが」 「なんか地味だけど、アリくんっぽいっていったらアリくんぽいかもね」 「……それってほめてないよね」 「そんなことないよ!」  手を振って明るく笑うラピス。 「そうはみえないけどスゴイってこと。ギルドだってそうだけど、アリくんのおかげでみんな助かってるし」  ギルドというのは、T.S.O.の中のプレイヤーたちが集まって作るチームみたいなものだ。そして、そのチームの集会場であるギルドハウスも含め、ギルドの維持には一定のコストがかかる。その金銭面、あ、もちろんゲーム内の通貨だけど、大半はギルドリーダーである僕がやりくりしていた。  もっとも、自分なりに職人をやっている範囲で維持できているので負担にはなっていない。さらに利益を追求するなら、市場の相場を利用して転売や価格操作とかやればもっと儲かるけど、僕としてはそこまでの商人プレイをする必要も感じていないし。 「まぁ、それが僕の楽しみ方だからねー」 「うん、それにギルドのメンバーもいい人ばかりで、本当に楽しいよね。なんというか、みんなが好きなことやりつつ助け合ってるみたいな」 「あー、それは言えてるかも。僕もみんながレアな材料とか普通に調達してきてくれるから助かるしねー」 「アリくんが、このギルドに誘ってくれたこと本当に感謝してるんだよ☆」 「……つーか、なんだこの雰囲気」  ふと我に返った僕を見て、お腹を抱えるようにして笑うラピスだった。 「んじゃ、私は経験値稼ぎしてくる! 一段落したらギルドハウスに戻るねー」 「あいよ、あまり無理するなよー」  僕はいつも通りにラピスの背中に手を振って見送ってから、ギルドハウスへ瞬間移動するためのアイテム、テレポート・ストーンを取り出した。 【T.S.O.の愉快な仲間たち】 「アリオットくん、ありがとう!」  長い黒髪を背中に垂らした小柄な女性、さっきギルドチャットで会話していたサファイアさんが、僕の手を取ってブンブンと上下に振る。僕が渡したローブ、聖女の衣を、さっそく装備すると、ちいさな花が咲き乱れるギルドハウスの前庭へと駆け出し、嬉しそうに身を翻していく。  高山地帯のアストルウム高原エリア、その北部に位置するクラロ・デ・ルーナ湖を一望できる高台に、僕たちのギルドハウスがある。木材をふんだんに使った、緑色の屋根のログハウス風の建物。大きめの地下室と屋根裏を入れれば五層構造になっている。メンバー全員で十数人という僕たちのギルドには分不相応な規模かもしれない。もちろん、購入費用も維持費用もバカにならないけど、そのデメリットを差し引いても、僕はこの家を心から気に入っていた。  ちょうどゲーム内時間が朝方で、眼下には朝靄がゆっくりと消えつつある湖が広がっている。サファイアさんは、その神秘的な光景をバックに新装備を纏った姿を自撮りしたいということで、いろんなポーズを試していた。 「聖女の衣、見たときからずっと欲しかったんだけど、なかなか手が出なくて諦めかけてたのよね。でも、アリオットくんが作ってくれて、本当に嬉しい」  聖女の衣は結構レベルの高い装備品で、高い防御力はもちろんのこと、即死や毒といった状態異常を防ぐ効果も持っている優れた装備だ。さらに、銀色の刺繍で聖女をかたどったデザインも人気が高く、市場に出回っている価格はどれも足下を見た値段設定になっている。 「人気も高いけど、材料に《銀色竜|シルバードラゴン》の髭とか《神聖銀|オリハルコン》とか必要だしね、アオやロザリー姐さんたちが手伝ってくれなかったら無理だったけど」 「そうね、今はログインしてないみたいだけど、後で会えたらお礼言っとかないと」  湖を見下ろすウッドデッキの上で裁縫道具を片付けはじめると、充分堪能したのかサファイアさんも隣の椅子に腰掛けてきた。 「とりあえず、色はサファイアさんが好きそうな紫系にまとめておきましたけど、もし、染色し直した方がよければいってくださいね」 「ううん、これで大丈夫。アリオットくんはデザイナーの素質もあるかもしれないわ、自信持ってイイと思う」 「ははは……」  サファイアさんはいい人なんだけど、妙にポジティブというか大げさなところがあるというか。見たカンジは清楚な少女キャラなのでほめられて悪い気はしないのだが…… 「あ、そうだ。今度何かお礼しないと、何がいいかな……」  動きにいちいちわざとらしいところがあるというか、アニメのキャラっぽいと言うか。  たぶん、いわゆるネカマ──キャラクターは女の子だけど、プレイヤーは男なんだろうな、と薄々感じている。声も合成音声で性別年齢関係なく好みに変更できるし。もちろん、お互い詮索しないのがうちのギルドのルールなので踏み込むつもりもないけど。 [あ、なんかお礼とかいってる! ずるいずるい、私たちだってドラゴン退治手伝ったのに!] [そうだよねー アリくんばっかりずっるーい!]  突然ギルドチャットから甲高い二人の少女の声が飛び込んでくる。 「あー、もう、二人ともうるさい! 突然割り込んでくるな!」  耳を塞ぐようにして木製のテーブルに突っ伏す僕。ただ、チャットシステムの仕様的に意味のない行為だったりするが。  それを見たサファイアさんがクスリとわらう。 「ミライさん、ジャスティスさん……それに、ギルティくんもいるのかな。これから妖精リンゴのパイを作るから時間があるならギルドハウスにいらっしゃい」 [やったー! いくいくすぐいくっ!!] [ちょっとジャスティス! なにもたもたやってんの! そんなスライムごとき、ちゃっちゃと蹴散らすっ! できたてを食べないと意味ないんだから早くしないと]  妖精リンゴのパイは食べてから一定時間体力と取得経験値量を増加させてくれる《能力上昇|バフ》料理だ。同じ効果を持つ通常のアイテムよりも効果が高いが、調理してから時間が経つ毎に性能が劣化していくというデメリットがある。 [ちょ、ちょっと二人とも……って、ああっ! スライムに装備が溶かされちゃう!] 「あー……なにやってんだか」  机に右頬をくっつけたままの格好で、三人のドタバタを想像しつつため息をつく僕。 「本当に賑やかな子たちね」  湯気を立てている美味しそうなパイをゆっくりとテーブルにおくサファイアさん。 「あれ? そう言えばラピスちゃんはどうしたのかしら」 「あ、そう言えば」  こんな美味しい話にあのおてんばエルフが食いついてこないわけがない。 「おーい、ラピスー」  呼びかけてみても返事がないので、確認しようと情報画面を呼び出してみる。 「あー これは戦闘中か。しかも、また強敵に見境なく手を出したパターンとみた……」 「そうね、この体力の減り具合は、ちょっと無謀かも」  同じように情報画面を見ているのかサファイアさんも心配そうな声を漏らす。  瞬間、シュン、シュン、シュンと三つの光とともに三人の少年少女がギルドハウスの前庭に姿を現した。 「やっほー!」 「パイを食べにきたよー!」 「……死ぬかと思ったぁ」  魔術士と精霊術士の格好をした少女二人と、和風のいわゆる神職っぽい装束の少年一人。種族は三人ともハーフエルフ。 「おつかれさん」  僕は駆け寄ってくる少女二人、魔術師ジャスティスと精霊術士ミライに追い出されるようにして席を譲った。  一足遅れてやってきた少年に声をかける。 「ううっ……また、作ってくれた装備壊しちゃった」 「まあ、気にするな。こんなこともあろうかと、それと同じ装備もう一セットつくっておいたからさ」  力なく肩を落とす少年、結界術士ギルティ、纏った和風のローブはあちこちが溶かされたように穴が空いていて、ところどころ肌が露出している。ていうか、男キャラのそういう姿は嬉しくないなぁ、ましてや、中の人は僕のリアル弟だったりするし。  などという複雑な感情を心の中に押し込みながら、兄らしく、励ますように弟の背中をポンと叩く。 「兄さん、ありがと……」 「あっ!」  サファイアさんが声をあげる。 「ラピスちゃんが……」  その声に情報画面へ視線を戻すと、ラピスの名前表示が赤くなり、体力を示すバーが完全に消滅していた。 「ん? ラピスちゃん、やられちゃったの?」  ジャスティスが口の中のパイを一気に飲み込んでからこっちを向く。 「そうみたい。場所はモンテ・エクスルム山道か……ちょっと遠いけど行けない距離じゃないな」  僕は情報画面を操作しつつ、ラピスの居場所を確認する。 「サファイアさん、すみませんがラピス助けにいくのつきあってもらえませんか? 今、神官にクラスチェンジしちゃうので」 「わかったわ、あのあたりはモンスターレベル的にも大変だしね」  サファイアさんは、僕の要請に快く応じてくれた。リンゴのパイを渡しつつ、慰めるようにギルティの頭を撫でていた手を止めて、テキパキと救援のための準備を始める。 「むぐむぐ、ホント、大変だよねー」 「うんうん、ラピスちゃん、悪い子じゃないんだけどねー もぐもぐ」  ちなみに、ジャスティスとミライの二人もリアルで面識がある知り合いだったりする。不器用な我が弟を引きずり回し、常に二人一組で行動する彼女らは、現実世界でも全く同じノリの双子の姉妹だ。 「まあ、これからも優秀な弟には、あの二人のお守り役を務めてもらいますかね」  そう口の中で呟きつつ、ギルティにそっと新しい装備を《トレード|交換》機能で送りつけた。純粋な弟の感謝の言葉に適当に答えてから、操作画面に指を走らせてクラスチェンジの項目を選択する。《レストゾーン|安全地帯》であるギルドハウスの敷地内なら職業を自由に変更できるのだ。  設定して決定ボタンを触ると僕の身体が一瞬光に包まれ、白と青のローブをベースにした神官装備に変化する。 「それにしても、アリくんの神官姿って似合わないよね……もぐもぐ」 「むぐむぐ……それは言わないお約束ってヤツよね」  我関せずとパイを貪る少女たちに向き直ると、僕は手にした錫杖で地面を打った。 「オマエらもいくの!!」
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行