フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
< TYPE=A >  ここはドリームランド。  広い敷地に大規模なアトラクションが点在している、全国的にも有名な遊園地だ。 「次どこ行くー?」 「メリーゴーランドは?」 「うーん、足が疲れたなぁー……」  興味深げに周囲を見渡しながら、そう言ったのは悠宇ちゃんだ。  細いミュールがとても似合う可愛い子だが、流石に遊園地にこの靴は辛かったようだ。敷地も広いので歩くだけで疲れてしまったらしい。  張り切っている和義君が、仕方ないなぁという顔をして、それからみんなでベンチに向かった。  ベンチの両端に座る悠宇ちゃんと和義君。  最近良い感じになりだしたばかりらしい二人だから、距離感がぎこちない。悠宇ちゃんはとても可愛い女の子なのだが、今はフリーらしいのだ。だから、和義君とは長く仲良くしてくれればいいのになぁ、と思っている。なんといっても、今日は二人の為の遊園地なのだから。  真ん中が開けられたベンチに戸惑いながらも、二人の間にちょこんと座った私。  悠宇ちゃんは、履き慣れてないミュールのせいで足が本当にしんどそうだ。靴擦れにはなっていないが、ふくらはぎをさすったりしている。今日は和義君と初めてのドリームランドだから、ちょっと張り切ってオシャレしてきたのかな、と思うと本当に微笑ましい。風になびく柔らかい髪は綺麗に巻かれていて、ハイウエストのワンピースがとても似合っている。  対して和義君は、ズボンからシャツを引き出して、裾をパタパタさせている。この初春に、しっかりとコートを着込んでいるのだから、暑くも感じるだろう。だがこの日のために、きちっとした服装をしてきたあたり、好感が持てるってものだ。 「あーもう……あちーわ」  手で額を拭う和義君を見て、じゃあ私は何か飲み物でも買ってこようかな、と思った。  悠宇ちゃんももう少し休憩したそうに足をプラプラさせてるし、何より二人はデートなのだから。時々は二人きりにしてあげないと……なーんて、世話焼きおばちゃん宜しく考えて、ベンチを立った。 「じゃあ私、自販機で何か買ってくるよ。何がいい?」 「あー冷たい茶が欲しいー」 「自分で買ってきなよぉ……」 「いいよいいよ、私買ってくるから! ゆっくりしててー!」  そう言って、慌てて自販機へと向かう。  途中、残した二人をチラリと振り返り、いや、やっぱりゆっくり買おうと思い直した。  人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて死ねって言うもんね。 「二人ともお待たせー。ごめんお茶無かったの。自販機全部売り切れだったー」  3つほど自動販売機を回ったのだが、悲惨なことにどこも売り切れで買えなかった。  見つかるまでずっと彷徨うわけにもいかないので、嘘でしょーと思いつつベンチへと戻ると、先程よりも距離の近い二人が座っていた。一緒に和義君のスマホを覗き込んで楽しそうに話している。  お、私のいない間に進展でもあったのかな? なんて微笑ましく思いながら、空いた悠宇ちゃんの横に座った。 「えー、無かったんだー」 「ごめんねぇ。次見つけたら買おーねっ!」 「じゃ、どこ行く? さっさと決めて行こうぜ」  和義くんがスマホのエリアマップを示した。  結構色んなアトラクションがあるんだよねぇ。どれも楽しそうだけど、ミラーハウスは苦手だし、観覧車は最後に二人で乗って欲しい……。ま、まずは定番からかな、とマップを指差した。 「ジェットコースターは? これは外せないでしょ」 「うーん……ミラーハウス以外なら……」 「仕方ねえなぁ……、じゃあジェットコースターか……お、メリーゴーランドもあるみたいだぜ」  ミラーハウスを楽しみにしていたらしい和義君は、残念そうな顔をしたが、悠宇ちゃんの希望を汲んで別の案を口にした。私も内心ホッとしつつ、悠宇ちゃんが大事なんだなぁと思うと凄く嬉しくなった。女の友情は単純なんだ。 「じゃあメリーゴーランド」 「そうだね、それなら悠宇ちゃんも怖くないよ!」 「じゃ、まずはメリーゴーランドから行くか」  ようやく決まって立ち上がる。  メリーゴーランドなんて何年ぶりだろう。というか、親子連れか、カップル以外で乗っている人なんているんだろうか……。しかも私ってお邪魔虫だし……。ここはサポートに徹して、二人きりで乗ってきてもらうべきかなぁ。  などと心の葛藤を繰り広げていると、すぐに目的のアトラクションが見えてきた。 「おー、これかー。へぇ、結構、馬って大きいんだな」 「ホントだねぇ。メリーゴーランドなんて滅多に乗らないから、近くで見ると迫力あるよ。悠宇ちゃん怖くない?」 「やだぁ、やっぱり怖いってぇ……凄く高いし……」 「乗ってみたら案外怖くねぇって。乗ってみようぜ」  怖がっている悠宇ちゃんも可愛いのか、ニヤニヤと楽しそうに促す和義君。そりゃ、こんな可愛い子とデートなんだから、少しぐらいデレデレするのは見逃してあげるかー。あー、私も彼氏欲しいなぁーとボヤきたくなってくる。 「じゃあ二人で乗ってきなよ。私、ココから見てるし」  結局、二人と一緒に乗ろうなんて無粋な真似はせず、大人しく待っておくことにした。  仲良く乗ってきなーと手を振ったのだが、その時ちょうど、和義君のスマホが鳴った。 「あー……ちょい待って」  そう断ってスマホを確認する和義君。悠宇ちゃんは、それだけのことなのに和義君のことがとても気になるみたいだ。少し眉を潜めた表情で和義君を見ている。 「またLINE?」 「あー、まぁちょっと返事だけ。既読にしちゃったし、スルーするのは悪いじゃん」  そんなことを言いながらフリック入力の手を止めない和義君。悠宇ちゃんは少し待ってから、わざと大きめの溜息を吐いた。 「もう……早く行こうよ。メリーゴーランド乗るんでしょ?」 「あ、悠宇ちゃん……!」 「先に行ってるね」  未だスマホを見つめる和義君を置いて、足早にメリーゴーランドに向かう悠宇ちゃん。せっかく二人で来たんだから、仲良く乗って欲しいのに。デート中に彼女そっちのけでLINEに忙しいなんて、優先順位を間違えてるぞ、和義君。 「ちょっと和義君! 悠宇ちゃん先に行っちゃったってー!」 「あーもう。おい悠宇、一人で行くなよ!」  すぐに和義君が追って、悠宇ちゃんの手を取った。 「待てって。せっかく乗るんだから、もっとちゃんと楽しもうぜ」  悠宇ちゃんを引っ張ってメリーゴーランドの中に入っていく和義君。こういうちょっと強引なところに惹かれたのかなぁ、と柵の外からぼんやりと二人を見つめる。  本当は怖がりの悠宇ちゃんは、メリーゴーランドの馬ですら怖いのだ。隣に和義君が来てくれて、とてもホッとした顔をしている。青春っていいなぁ。 「やっぱり乗るのは怖いよ……」 「少し怖いぐらいが楽しいんだって」  和義君が手を貸して、悠宇ちゃんを馬の傍にエスコートする。グラグラのミュールでへっぴり腰の悠宇ちゃんが、恐る恐る促された馬を触った。 「じゃあ俺先に乗るからー……って、またかよ、ちょい待って」  和義君が馬に足を掛けたところで、またスマホが鳴った。友達の多い和義君らしいが、デート中にまで頻繁に返事をする必要なんてないと思う。その度に悠宇ちゃんは放置されちゃうし、何よりまた、悠宇ちゃんが暗い顔をしている。 「……また? 絶対に女でしょ。前の彼女と別れてないって噂、聞いたよ……?」 「あぁ? ウゼェこと言うなよ。あ、前から思ってたけど、あいつよりお前の方が可愛いから」 「そういう話じゃなくて……ちゃんと別れてからさぁ……」 「あーもう、はいはい。今度ちゃんと別れるって」  不機嫌も露わな和義君が、馬に跨がりながら続けた。 「てか何が言いたいわけ? ――俺が二股してるなんて、今更だろ?」  ――その言葉に、私は目の前が真っ赤になった。軽薄すぎる、二股宣言。  それを聞いた悠宇ちゃんは顔を凍りつかせて、無言で踵を返してしまった。 「あ、悠宇ちゃん……っ!」  長い髪を翻し、片方のミュールが脱げた事も気にせずに走っていく悠宇ちゃん。  どれだけ悠宇ちゃんがショックだったのかわかる。私も、和義君との仲を応援していただけに、裏切られた怒りが頂点だ。 「和義君がそんな酷い事言うなんて思わなかったよ! 見損なった!」  悠宇ちゃんの悲しさを考えただけで、どう慰めていいのかもわからない。和義君を詰りたい気持ちもあるし、早く悠宇ちゃんを追いかけてもあげたい。 「おいおい、怒んなよ……って、おい待てよ、悠宇! ちょ、待て……待てって!」  暫く悠宇ちゃんの後姿を見ていた和義君だったが、メリーゴーランドが動き出したことで我に返ったらしい。追いかけるべく馬から降りようとするが、結構揺れが激しくてなかなか降りられずにいる。上下する馬に揺られながら、悠宇ちゃんの後姿に向かって大声を出す姿は情けない事この上ない。 「おい、ふざけんなよ、誰か止めろよっ! 悠宇! 逃げんなっ!」  声を荒げて罵倒する和義君。こうなってはイケメンも残念なことこの上ない。せいぜい一人でメリーゴーランドを楽しんだらいいよ。女の子を泣かせた分、醜態を晒して痛い目に合えばいい。二度と二股なんてしようと思わないように、しっかり反省するべきだ。 「じゃあね、和義君。二度と悠宇ちゃんに話しかけないでよ!」 「ちょ、待てって! 何でだよ! くそっ! 待てって言ってるだろーっ!」  背後から聞こえる和義君の悪態を聞き流しながら、悠宇ちゃんの落としたミュールを拾って私も後を追っていった。  悠宇ちゃんに追いついた時には、もう門の前だった。 「やっぱり、やめとけば良かった……っ」  本気で走ったらしくぜぇぜぇ息を荒げながら、後悔を呟く悠宇ちゃん。  私も何て言ってあげればいいかわからない。  簡単な慰めの言葉なんて要らないだろうし、でも、弄ばれたような悔しさは、共有して昇華してあげたい。 「……だね。あんな男放っといて、カラオケでも行こっか!」  少しペースを落とした歩みで門をくぐり、そのまま近くに停めた車に乗り込む。助手席に座ったところでようやく、自分が手に持っていた物を思い出した。  桜の花びらがあしらわれた、可愛らしい悠宇ちゃんのミュール。なのに今では、脱げて転がったせいで、数個ほつれて取れそうになっている。  ――あんな男、もう知らない。  涙目の悠宇ちゃんを見つめながら、次に何て言葉をかけようか、考えた。 < TYPE=B >  廃園したドリームランドは、不気味な静寂の中にあった。  そこら中に雑草が生え、放置されたままのアトラクションは錆びついている。今にも崩落してしまいそうな不安定さが恐ろしい。  昔は友達とよく遊びに行ったのになぁ。気になる男の子を誘ったり、卒業前の思い出作りに皆で行ったり……。  そういえば、友達が付き合いたての彼氏を連れてきて、修羅場になった記憶もある。そんな、とても懐かしい気持ちにさせる場所だ。  ……深夜でさえなければ。 「ね、本当に入るの?」 「ここまで来たんだから当たり前だろ。大丈夫だって。ネットでも色々、肝試しした奴らのレポとかあったし、それ見ながら行こうぜ」  ノリノリの彼が、スーツのままどんどん先に進んでいく。  彼、と言っても別に付き合っているわけじゃない。大学の卒業パーティーの二次会後、懐かしいなぁという話から盛り上がり、テンションのまま肝試しに来てしまっただけだ。  ――廃園になったドリームランドは、何か出るらしい――  そういう噂がSNSで拡散されて、ここは有名な心霊スポットになっていた。営業していた頃の、賑やかな園を知っている人間としては複雑な心境だが、少しだけ好奇心が勝って付いてきてしまった。 「よーし、まずはこっちから回ってこーぜ」  スマホ片手に嬉々として歩いていく彼を追う。実はホラー映画とか嫌いなんだよねーと思いつつも、一人になる方がもっと怖い。あの楽しかったドリームランドがどうなっているのか、という興味もあって、少しの逡巡の後、彼の背を追ったのだった。  暫く歩いて散策したが、廃墟の中にいるという非現実的な状況が、少し楽しくなってきた。  アトラクションの中に入るのは相当勇気がいるが、外を歩き回っている分には怖くない。なんだ、肝試しと言ってもこんなものかー、と安心してくると、途端に疲れてきた。だって今日は、卒業パーティーの数時間前から、メイクをしたりヘアサロンに行ったり……。準備だけでも結構大変なのだ。  彼に断って休憩タイムにしてもらい、ベンチに座って一息入れる。そのベンチだって、座る部分が雑草で覆われていたりして、なるべくなら座りたくない有様だったが、この際仕方ない。何とか比較的マシな端に座る。すると彼も雑草を避けて反対の端へと腰を掛け、汗をぬぐった。暖かな陽気が多くなってきたこの時期に、スーツにコートを着込んで歩き回るのは暑かったのだろう。少しして彼も汗が引いてきたのか、別のSNSサイトを検索しながら、次にどこを回るかぶつぶつ言っている。  スラックスが汚れるのも構わずにじり寄ってきて、スマホの画面に表示されているお勧めスポットを読み上げた。 「ほら、このサイトだと、向こうに絶対何か出そうなドリームキャッスルがあるってよ。ここ、昔はすっげぇ並んでたよなぁー」 「並んだ並んだ。平日行っても普通に1時間待ちとかだった!」 「日陰もねぇし、整理券とか優先パスもねぇし、あれは本当に辛かったわ」 「えー、無かったんだー」  最近の遊園地だと、結構そういう優待サービスみたいなのがあるから意外だ。そういう対応を試してこなかったから、ここは廃園になってしまったんだろうか。 「じゃ、どこ行く? さっさと決めて行こうぜ」 「うーん……ミラーハウス以外なら……」  二人でスマホの画面を覗きながら、肝試しの場所を探すが、ミラーハウスだけは絶対に拒否だ。鏡もそのままだったりしたら、本当に怖すぎる。営業していたころでさえ入れなかったのだから、こんな深夜の肝試しで入れるわけがない。  結局無難にメリーゴーランドに行ってみることにして歩き出した。これなら外から見るだけだから怖くないだろう。  少し歩くだけでメリーゴーランドに着いた。  昔はキラキラしていた白馬たちも、そこら中錆びついて、メッキが剥がれたりスプレーで落書きされていた。きっと肝試しに来た誰かの仕業だろう。怖さよりも、何だか切ないなぁとメリーゴーランドを見上げる。ここにもそれなりに思い出があるのだ。  想像通りの廃墟にウキウキしている彼に呆れながら、暫く周辺を探索する。  暗い静寂の中にある、夢の壊れたメリーゴーランド。初春のまだ寒い空気が体を冷やし、なんだか徐々に怖くなってきた気がした。  だって、馬も大きいし、背も高い。結構な迫力に怖気付きそうになっていると、彼のスマホが振動した。 「あー……ちょい待って」  そう言って画面を確認する彼。深夜にこの頻度で返事が必要な相手というと、彼女だろうか。彼の派手な交際歴を考えると間違いなくそうなのだが、そう考えてしまうと溜息が出てくる。  男友達の中でも一番仲が良かったし、付き合いも長かったから、バカ騒ぎを一緒にするぐらい仲はいいのだが、彼の女癖の悪さだけはどうしようもない病気だ。常に何人も彼女がいるのだから、本当にどうしようもないヤリチン。そんな彼と行動しているからなのは明白だが、私も周囲から、彼のハーレム要員に見られているのにはゲンナリしている。声を大にして宣言したいが、一度たりとも間違いを犯したことはない。  だから彼のスマホが振動するたびに眉をしかめてしまうのだ。もしかして、現在進行形で悪いことをしているんじゃないだろうか、と。 「またLINE?」 「あー、まぁちょっと返事だけ。既読にしちゃったし、スルーするのは悪いじゃん」  カケラも悪いなんて思ってない軽さの回答。むしろここで無視して、ちゃんと切ってあげた方が女の子の為になるのに。何度そう忠告しても反省出来ないところが、本当にどうしようもない奴だ。  いい加減、こんな場所で待っているのも疲れて、先に行くと伝える。とりあえず近くで見れば目的は達成するし、このイライラのせいで、廃園という場所にも慣れてきたから、怖さが麻痺していた。  置いていかれてようやく慌てた彼が、スマホをしまって隣に立つ。そして馬の側まで行くと、突然、驚かすように私の手を掴んで引っ張りはじめた。  近くで見る馬の不気味さに、足の止まった私を急かしているのだ。自分勝手に楽しそうな彼に辟易しつつ、一番手前の馬に触れた。  ひんやりと冷たく、剥げかけたメッキがザラザラしている。土台の板は、風雨にさらされて大分傷んでいるし、ところどころに蜘蛛の巣が見えた。  そんな馬を興味津々で眺めた彼は、さっそく乗ってみようと促してきた。 「やっぱり乗るのは怖いよ……」 「少し怖いぐらいが楽しいんだって」  こんな、今にも壊れてしまいそうなメリーゴーランドに乗るなんて、無謀過ぎる。骨組みが折れて落下でもしたら、小さな怪我じゃ済まなかったらどうするんだ。  しかも私なんて、今日のパーティーの為に買ったばかりのカクテルドレスなのだ。絶対に汚したくない。  渋る私を置いて、彼が先に乗ると馬に足を掛けた。というところで、また彼のスマホが鳴る。  すぐに画面を確認する彼に、眉間のシワが寄った。 「……また? 絶対に女でしょ。前の彼女と別れてないって噂、聞いたよ……?」  そう。彼は最近、新しい彼女と付き合いだしたらしい。が、彼と元カノが別れたという話も聞こえてこないのだ。私からすると、また悪い癖が出た……と思えるのだか、彼女達が、純粋に彼と付き合ってると信じていたら酷い裏切りだ。 「あぁ? ウゼェこと言うなよ。あ、前から思ってたけど、あいつよりお前の方が可愛いから」 「そういう話じゃなくて……ちゃんと別れてからさぁ……」  適当に私を持ち上げて話を逸らそうとする彼にイライラしながら、忠告する。  本当に、いつか女に刺される。 「あーもう、はいはい。今度ちゃんと別れるって」  幼馴染からの面倒な注意に不機嫌も露わな彼。馬に跨がりながら、定番の捨て台詞を吐いた。 「てか何が言いたいわけ? ――俺が二股してるなんて、今更だろ?」  ――その瞬間、私の耳があり得ない音を拾った。  ギジリ、ギジリ、と。  重たいものが摩擦する、独特の金属音。  メリーゴーランドの錆びた馬が、小さく震えながら、《目を、開けた》。 「……っ!」  衝撃に、何も考えられなかった。  腰が抜けそうな恐怖に、足がもつれ、片方の靴が脱げた気がしたが、そんな事を気にしている余裕は無かった。  ただ、絶対に動くはずのない馬が、メリーゴーランドが、動いた事だけは確かだった。  脱兎のごとく逃げる私の背中に、彼の悲鳴のような声が聞こえてきたが、恐怖に支配された私は一歩も足を緩めることは出来なかった。  走って、走って。  ようやくドリームランドの正門が見えてきたところで、安堵に足が緩む。 「やっぱり、やめとけば良かった……っ」  肝試しなんて。  出ると有名なドリームランドなんて。  ……来るんじゃ、なかった。  フラフラでボロボロになりながらも、何かに急き立てられるように門をくぐり、近くに停めた自分の車を見つける。そして震える手で何とか車に乗り込んだ。  自分の車という、安心できる密室で張り詰めていた息を吐くと、途端に、置いてきてしまった彼が心配になってくる。  荒い呼吸のままポケットからスマホを取り出し、画面を点けた。  ……置いてきてしまった。怖かったからって、一人で逃げてきてしまった。  罪悪感と共に焦って彼の番号を呼び出す。早く出て……そう願いながら、ふと助手席を見ると、片方のミュールがシートの上に置かれていた。  そういえば驚いて逃げた拍子に脱げてしまったのだが、無我夢中の中でもちゃんと拾って持って帰ってきたらしい。靴が片一方無いままじゃあ、車から降りた時が死ぬほど恥ずかしいから、本当に良かった。  そう思いながら靴を手に取ると、綺麗にあしらわれていた桜の花のコサージュが、数個取れかかっているのに気付く。  それだけ、恐ろしかったのだ。あれは絶対に、見間違いなんかじゃ無い……。 「……大丈夫かな、《和義君》」  《悠宇》は、呼び出し音が鳴ったままのスマホを見つめながら、小さく呟いた。 ……END…………?
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行