フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 僕が彼女を意識し始めたのは、何時だっただろうか?  彼女が、僕に向かって 「ちょっと家まで遠いけど送ってくれる?」  送った時に話した事がきっかけだったのだろうか?  彼女は、1つ年下の19歳になる大学生。話を聞いて初めて知ったのだが、僕と同じ大学の2つ下の学年になる。  僕と彼女の出会いは、バイト先が同じになったことがきっかけになる。  バイト先も同じだし、同じ大学に籍を置いている、話そうと思えば話せる関係にあるし、メールアドレス・電話番号も知っている。  同じ時間を共有する機会は多く存在している。  しかし、僕と彼女の距離は大きく離れている。離れている50kmが、短く感じてしまう位遠い場所に彼女は居る。  僕のこの気持ちを彼女に伝えることが出来ないでいる。この想いを気持ちを、僕の中に閉じ込めておくべきなのかもしれない。  僕は、彼女を近くに感じる、日々を過ごしていた。しかし、そんな日々に僕は満足していたのかもしれない。  想いを伝えることで彼女と時間を共有する権利を失うくらいなら…。  バイト先で、イベントが催されることになった。バイト先の関連会社が、新たにキャンプ場をオープンする。新装オープンを記念して、常連さんを交えてバーベキュー大会をやろうって事になった。勿論、店員やバイトに、全員参加が言い渡された。  大学でもそうだが、僕は貧乏くじを引いてしまう癖があるようだ。車を持っていて、1番の下っ端の僕が、買い出しを行って、設営の準備をやることになってしまった。  悪いことばかりではなかった。  彼女の迎えを、僕がやることになったのだ。彼女は一人だけ、遠いところに住んでいて、朝早くからの準備はキツいが、バイトの人数も少ないので、彼女自身も”朝から参加する”とのことだ。そこで、車を持っていて、朝から準備をする事になっている、僕が迎えに行くことになった。  これは嬉しい誤算だ。  大学から帰って来て、すぐに洗車場に行った。普段なら、簡単に洗うだけだったが、昨日は、お金をかけて、プロに中まで綺麗に清掃してもらった。彼女を乗せるのだ、当然のことだ。タバコを吸わないので、匂いは大丈夫だと思ったが、消臭効果が高い物を購入した。エアコンを使う季節ではないが、エアコンのフィルターの洗浄もお願いした。ガソリンは満タンにしてある。  陽が昇る前に、僕は、はやる気持ちを押さえてエンジンに火を入れた。  一秒でも早く彼女の下に行きたい。普段なら使わない高速を使って彼女が住んでいる街に急いだ。  予定の時間よりも大分早く着いてしまった。このまま訪問しては、彼女はまだ寝ているかもしれない。そして、どういう顔をして訪問したらいいのか解らない。誰も僕の想いを知らない。  不自然な態度よりも自然に接した方がいい事は解っているが、できるだろうか?  ここまで来て迎えに行かないわけには行かない。そんな事を車の中で考えている内に、約束の時間が近づいてきた。まずは、彼女に近くまで来ている事をメールで伝える。 【10分位で着きます】  それだけのメールを打つだけで、僕の心臓は信じられない位の速度で動いている。そして、8分30秒が過ぎた。  僕は、勇気を振り絞って彼女の住んでいる部屋に歩を進めた。  彼女の部屋は、2階だ。階段を上がって、彼女の部屋の前に着いた。彼女の部屋は前に、一度送っているので知っている。しかし、前と状況が違う。彼女は起きているのか?早い時間なのに、迷惑じゃないのか?着替えをしている最中だったら…。余計な事ばかり考えてしまう。  そして、僕の心臓が信じられない音を立てている。心臓の音がドアを通り越して、彼女に聞こえてしまわないか心配になるくらいだ。  僕は、彼女の部屋のベルを鳴らした。 (ピンポーン)  インターホンから、彼女の声が聞こえてきた。 「江端さん?」 「おはよう。江端です。約束より早いけど」  カメラがあるから、僕だってわかるはずだ。  僕はそう言ったつもりで答えたが、彼女に聞こえたかどうか不安になった。声が震えていたかもしれない。心臓の音が聞こえたかもしれない。それが彼女が気がついたかもしれない。  しかし彼女からの返事はあっけない物だ。 「うん。すぐ行くから、待っててね」  僕は安堵と共に、少し残念な気持ちになった。 「うん。下に車止めているから、車で待っているよ」  5分位して、助手席を叩く音がして、そちらを見たら彼女が笑って手を振っている。僕は、急いで助手席のドアを開けた。彼女が助手席に乗り込んで来た。 「お待たせ」  彼女は明るい笑顔で、僕にそう言ってくれた。凄く幸せな気持ちになることができた。 「じゃぁ行こうか」  彼女は、僕を促した。  会場に向かう道を、僕は海沿いの道を選んだ、この時間帯なら空いている。それが理由だが、早く行くのなら、高速を使えばいい。でも、僕はあえて、この道を選んだ。彼女とこの道をドライブしたかった。  彼女は、車の窓を開けながら…呟いた。 「気持ちいいね」  僕には確かにそう聞こえた、それが僕に言ったセリフなのか解らなかった、僕は返事ができないでいた。  彼女は、海を見ながらまた呟いた。 「朝日が照らされて綺麗だね」  僕は心の中で、(朝日も素敵だよ)そう思ったが、口に出す勇気は無かった。  楽しいドライブも終焉に近づいてきた。  左車線に入るために、ドアミラーを見ようと思った、後方を確認しようと思った時だった、意識しないつもりで居たが、彼女の姿が視界に入ってしまって、僕の視線は彼女に固定されてしまった。そのせいで、車が安定を失い左右に動いてしまった。 「大丈夫?どうしたの?」  彼女は不安そうに、僕に話しかけてきた。 「うん。ごめん、大丈夫だよ」  (君の姿が視界に入って、確認が出来なかった)  そんな事を言うことができない。  他愛も無い会話でさえも貴重に思える僕がいる。そして、その貴重な時間を今共有できていることに喜びを感じている。  もうすぐ待ち合わせ場所に着いてしまう。買い出しの時間はあるが、それは二人だけではない。  彼女と一緒に居る時間は、刻一刻と終焉と向かっている。  彼女はすぐ隣にいる。助手席までの距離 50cm 手を伸ばせば届く距離に居る。でも、50cm の物理的な距離よりも遠く感じる。彼女が、助手席に座っている。届く距離ではあるが、届く距離ではない。何もかもが遠く感じる。僕には、この距離を埋めることが出来ない。このままなら、何も変わらないことは解っている。  今の僕には、何も出来ない。このまま彼女の居ない平凡な日々を過ごすことは考えられない。しかし、僕には 50cm を埋める事が出来ない。 50cm などすぐに埋まる距離だ。  指示された場所に付いた。そこは、キャンプ場には見えなかった。それに、まだ誰も居なかった。  少し早かったのだろう。店長に電話してみたがつながらない。 「ごめん。早く着きすぎたみたい」 「いいよ。待っていよう」  助手席に座ったまま笑いかけてくれた。  彼女の携帯が鳴った。画面を確認している。僕からは見えない。見てはいけない。 「ちょっとごめん」  そう言って、彼女は車から降りて、少し離れた所で、電話に出るようだ。誰だろう?こんな時間に?彼氏?  彼女は、すごく”モテる”わけではないが、”モテない”わけではない。大学でも、可愛い方から数えても上位に来るのは間違いない。でも、彼氏が居るという話は聞いた事がなかった。  時計を確認すると、5分くらい経っただろうか。僕には、1時間にも2時間にも感じられた時間が過ぎて、彼女が戻ってきた。  何やら嬉しそうな雰囲気がある。やっぱり、彼氏だったのだろうか?彼女は、そのまま助手席に座った。  彼女が戻ってきて、何を話そうかと思っていたら、僕の携帯が鳴った。フロアマネージャーだ。 「おぉ江端。悪いな。少し遅れそうだ。貴子。居るだろう?」 「えぇもちろん迎えに行きましたからね」 「そうだったな。それじゃ悪いけど、二人で、荷物の受け取り頼むわ。お前の車ハッチバックだよな?」 「荷物?」 「貴子の指示に従ってくれ。なんか、常連さんが告白したいらしくてな。協力する事になってな。そのための物の受け取りを頼む」 「え?僕、そんな話し聞いていませんよ?」 「そうだったか?ワリぃ伝えたつもりで居たワ。買い出しとかは、俺がしておくから、頼むな」 「え?あっわかりました。朝日さん」  フロアマネージャーは、言いたいことを言って、電話を切った。かけ直しても、呼び出し音がなるだけで出てくれない。 「誰から?」 「あっフロアマネージャーから、それで、荷物の受け取りを頼まれたのだけど、朝日さんの指示に従えって言われたけど?」 「うん。大丈夫。それじゃ行きましょう」 「わかった」  僕は、彼女の指示通りに、車を走らせる。この辺りに住んでいないのに、土地勘が有るかのようなナビで、目的地には迷わずに付けたようだ。 「ここでいいの?」 「うん。ちょっと行ってくるから待っててね」 「うん」  そこは、有名な洋菓子屋だ。ここのケーキが好きでよく食べている。バイト先にも、何度か持っていったことがある。彼女は、中で店員となにか話している。時折、店員がこっちをみて笑っているように思える。彼女は、その都度うつむいて何かを言っているようだ。少し大きめの箱を彼女が持ってきた。 「うしろ。大丈夫?」  トランクルームも綺麗にしてよかった。  学校で使った物とか全部部屋に放り込んである。  甘い匂いがする?ケーキだろうか?滑り止めのシートをしておく。ずれないように、ネットで固定しておけばいいだろう。あとは、安全運転すればいい。 「疲れちゃった」  彼女は、手をプラプラしていた。  確かに、ケーキとはいえ、20cmを越えるような物だったから、重たかったかも知れない。それ以上に気を使ったのだろう。僕は、助手席の方に廻って、ドアを空けた。彼女は、嬉しそうにしてくれた。映画とかでよくあるシーンだ。彼女の荷物を一度僕が預かって、片手を出す。彼女は、解ってくれたようで、手を握ってくれた。手に心臓ができたかと思うくらいにドキドキして、彼女の熱が伝わって、手が熱くなる。  彼女に握られた手がまだ熱い。 「あっもう1ヶ所いい?」 「ん?いいよ?どこ?」 「バイトとか関係無いんだけど、知り合いの部屋なの?ダメかな?」 「いいよ。時間も余裕が有るだろうし、問題ないよ」 「ありがとう!」  誰だろう?知り合い?大学の?それとも、彼氏?  彼女のナビに従って、車を移動させた。少し大きめのマンションの前に付いた。彼女は、少し待っていて欲しいと言って、マンションの中に消えていった。どの部屋だろう?見ていてもわからない。やっぱり、彼氏なのかな?  僕的感覚で、3時間ほど経ってから彼女が戻ってきた。  大きいバッグを持ってきていた。荷物からは、男物の香水の匂いがする。やっぱり彼氏なのだろう…。 「もう。大丈夫だよ。行こう」 「ん」 「どうしたの?なにかあった?」 「ううん。なんでもないよ」  そういうのが精一杯だ。  彼女を乗せたまま、車を走らせる。 「そう言えば、江端さん。猫好きだったよね?」 「え?そうだけど?なんで?」 「ん。小耳に挟んだ」 「…フロアマネージャーが言っていたの?」 「そんな感じ」 「ふぅ~ん」 「どんな猫が好きなの?」 「うーん。どんなって聞かれると困るけど…暫く。猫は…」 「どうして?」 「うん。実家に住んでいた時に、狩っていたけど、今の所に引っ越してから、ペット禁止だからね」 「そうなの?」 「それに、僕…2年前に…」 「ん?」 「ううん。なんでもないよ。ペット禁止だし…ね。それに」 「それに?」  信号で車が止まった。  彼女の表情を見たくて、助手席の方を見て 「それに、好きだから、無責任な事はしたくない」 「え?あぁ猫の事だよね」  何を、そんなにびっくりするのだろう?彼女から振ってきた話なのに?  待ち合わせ場所に着いたが、誰も居ない。  彼女がなにか携帯を操作している。彼氏に連絡でもしているのだろうか?  僕の携帯が鳴った。また、フロアマネージャーだ。 「ごめん。フロアマネージャーから」 「うん。いいよ」  今度は、彼女に断ってから電話に出た。  彼女は、僕が電話に出た事を確認して、携帯を持って、車から降りた。彼氏に電話でもするのだろうか?彼女の事が気になって仕方がない。やはり、電話をしだした。彼氏と話しているのだろう。何か、慌てているし、手振り身振りをし始めた。正直、すごく可愛い。 「おい。江端!聞いているのか?」 「え?あっすみません。聞こえていませんでした」 「ウソつけ、貴子を見ていたのだろう?」 「え?え?」 「お前が、貴子に好意を寄せているのは、常連含めて全員知っているぞ?」 「は?」 「今日、お前以外には、待ち合わせ時間は2時間遅い時間になっている」 「えぇぇぇ??」 「貴子だけだろう?告白しろよ!」 「いやいや。なんで?はぁ?」 「いいな。フロアマネージャー命令な!貴子に、告白しろ!」 「いや、だって、彼女、彼氏が居るでしょ?」 「ハハハ。わからんぞ、江端。お前は、お前が思っている以上にいい男だぞ!根性出せよ!それじゃぁな。あぁ待ち合わせ場所も違うからな。本当の場所は…今は、内緒だな」  それで、電話が切れた。  え?常連さんへのサプライズのためのケーキを持っているから、待ち合わせ場所には行かなきゃならない。  え?は?なんで?  驚いて、車を降りてしまった。それから、何度電話しても、フロアマネージャーどころか、バイト仲間、連絡先を知っている常連さん。誰も出ない。まるで、僕と彼女だけしか居ないように思えてくる。 「ねぇどうしたの?」  彼女がいつの間にか、電話を終えて、僕の側に来ていた。  首をかしげて、途方に暮れる僕の顔を下からのぞき見ている。 「フロアマネージャーは、なんだって?」  言えるわけがない。 「ねぇ?」  くそぉ本当に可愛いな。 「もう、あれだけヒント出したのに?」 「え?」 「フロアマネージャーに何を言われたの?」  そういえばさっきの電話で、”《常|・》《連|・》《含|・》《め|・》《て|・》《全|・》《員|・》《知|・》《っ|・》《て|・》《い|・》《る|・》”や”《お|・》《前|・》《以|・》《外|・》《に|・》《は|・》”と、言っていた。 「うん。1分。いや、30秒…いや、10秒待って」 「わかった。後ろ向いているから、気持ちができたら、肩叩いてね」  彼女は、僕に背中を向けて、数を数え始めた。  彼女のカウントが3になった所で、僕は、彼女の肩を叩いた。初めて、自分から彼女に触った。 「うん。それで、なに?」 「うん。僕は、キミ。朝日貴子さんの事が好きです。彼氏が居るのも解っている。でも、好きな事だけでも伝えたい。迷惑かも知れないけど…僕と付き合ってください」  全部言えた。考えていた事とは違うけど、迷惑にしかならないだろうけど、やっと言えた。 「やっと、言ってくれたね」 「え?」 「克己さん。私、貴方の事を、2年前から知っていました」 「え?だって、バイトで…」 「うん。そうですね。克己さんが、バイト始めたのは、1年前ですよね。私がバイトに入ったのは、その少し後…だから、知り合って1年経っていない。ううん。正確には、今日で1年ですよ」 「え?」 「2年前の雨の日、克己さん。捨てられた子猫」 「あっ!」 「思い出してくれました?雨の日に、保健所に連れて行かれそうになっていた2匹の子猫を、保健所職員から奪って、自分がなんとかしますと言ったのを、動物病院に連れて行って、病気やノミのチェックを頼んで、有り金全部置いて、足りない分は、また持ってきますと言った事を、必死に里親を探したのを、見つかったのは、4日後ですよね?」 「え?なんで?」 「あれ、お兄ちゃん。あっ従兄弟なんですよ。さっき寄ってもらった部屋なのですけどね」 「え?」 「あぁちなみに、朝日健吾って名前です。聞き覚えは?」 「…・あっフロアマネージャー!」 「だから、さっきの荷物は、彼氏の物じゃ無いですよ」  そう言って、彼女はクスクスと笑った。 「え?なんで?どうして?」 「ねぇ克己さん。私の事好きなんですよね?」 「好きだよ」 「私の事、彼女にしてくれるのですよね?」 「うん」 「私の事、大事にしてくれますか?」 「もちろん」 「大好きな猫よりも?」 「もちろん…です」 「なんか怪しいなぁでも、嬉しい。私も、2年前から貴方の事が好きだった!」  彼女は、僕に抱きついてきた、僕も彼女を抱きしめた、あの時あった50cmの距離がなくなった瞬間だ。  そして、彼女のくちびるに触れるようなキスをした。  彼女の電話が鳴った。彼女が笑いながら、僕に携帯を渡してきた。  店長の声が聞こえてくる。 「おぉ江端。やっと言ったな!次のシフト覚悟しておけよ!」 「え?今日は?」 「はぁお前は…まぁだからなのだろうな。朝日さんの部屋に行け。バイトは今日は休みだ。朝日さんを幸せにしろよ。店長命令だ!」 「店長はなんて?」 「ねぇもしかして、全部、僕…はめられた?」 「イヤ?」 「ううん。すごく嬉しい!」 「それなら良かった。サプライズ成功だね。それから、さっきのケーキ。猫も食べられるケーキ何だよ。4人で食べようね!それから、私の部屋二部屋あって、一部屋空いていて、家賃高くて困っているのだけど、誰か、安心できる人で、私を一生大事にしてくれて、猫好きな人って知らない?」 「え?だって、親御さん」 「大丈夫。私のパパ。ママとは離婚しちゃっているけど、店長だよ。それで、店長命令は何だって?」 「ちょっとまって」  店長に電話する 「なんだ。江端!まだなにかあるのか?」 「朝日さんを一生大切にします。絶対に幸せにします」  それだけ言って電話を切った。  彼女が持ってきた、荷物は、ペットシートや餌や猫砂だった。  それから、僕は、大学から離れた場所から通っている。二人で!  そして、二人の荷物で重なっていらない物を捨てた。  可愛い猫二匹と、可愛い彼女と、新しい生活を始めるために…僕は、彼女への気持ちを隠す気持ちを捨てた。 「ねぇなんで、私よりも、コウとハタに先にキスするの?」  彼女を抱きしめて、深いキスをする。  そして、今日、お互いのベッドを捨てた。広い大きなベッドが届くからだ。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行