フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「お前達はしょっちゅう怪我するな? そんなことで魔力者をやっていけるのか?」  若干キレ気味に声を上げた、白衣の眼鏡男・若俊。バサリとデスクに書類を放り、組んだ足の膝に手を乗せる。レンズ越しに、真っ黒い瞳が健治を貫いた。健治は薄く笑う。 「良いじゃないか。お客様は神様。病院だってそうだろう?」 「抜かせ。そんなことを言っていたら医者は皆死ぬぞ?」 「でも君には、殺される程の患者はいないだろう?」  若俊の睨みが、さらに鋭さを増した。診察室に沈黙が流れる。健治の背後に立つ蘭李は、ぼんやりと室内を眺めていた。彼女の傍では、睡蓮が心配そうに彼女を見下ろしている。  六支柱との戦いの後、蘭李達は再び赤いポストで帰宅した。時刻は既に、空がオレンジ色に染まる夕方である。  白夜と槍耶と海斗は、怪我の為若俊に治療してもらい、紫苑と雷は彼らの様子を見ている。蘭李は健治に連れられて、直接若俊の元へと訪れた。  なかなか部屋から出ていかない健治に、若俊がうざったそうに問いかける。 「で? まだ何か用か?」 「携帯出来る治療薬って、貰うことは出来るかな?」 「ここは店じゃない。欲しいなら魔法道具屋にでも行くんだな」 「じゃあもう一つ。携帯出来る「魔力を吸いあげる装置」は………無いよね?」 「あるわけないだろ。魔法道具屋にだってそんなもの置いてないっていうのに」 「分かったよ。じゃあ、白夜達をよろしくね」 「言われるまでもない」  健治がひらりと片手を上げ、くるりと踵を返した。スタスタと部屋から出ていく。途中で蘭李の肩をポンと叩き、彼女と睡蓮も彼についていった。  廊下に出ると、そこは少ない照明のみで照らしている為に薄暗かった。人の気配もまるでない。二人の足音だけが響いていた。 「薬は夏に売ってもらうしかないね」 「…………別にいいよ」 「え?」  健治は振り向いた。蘭李は俯いたまま、彼の横を通り過ぎる。睡蓮は蘭李と健治を交互に見て、彼女に慌ててついていく。 「いらない」 「そういうわけにはいかないだろう?」  健治が小走りに蘭李の背後についた。彼女の肩に手を置くが、振り払われてしまう。 「蘭李、コノハを取り返しに行くなら治療薬は必須だよ。例え蒼祁や朱兎が一緒だとしてもだ」 「なんで? いらないじゃん。あいつら強いんだし」 「彼らが強いからって、君が無事でいれる保証はどこにもないんだよ?」 「大丈夫だよ。だって戦争の時は守ってくれたもん」 「昔と今は違うんだよ」  ぐいっと健治が強く、蘭李の肩を引いた。不満そうな彼女と目が合う。蘭李はまた振り払おうとしたが、力を入れた健治には抗えなかった。 「戦争の時は、まだ君達は知られていなかったから勝てた。でも今は違う。恐らく相当研究されているよ」 「それでも今回二人は死ななかったじゃん」 「だが君は洗脳されただろう?」  蘭李は唇を噛み締めた。何も言い返せず、悔しそうに俯く。ため息をついた健治が静かに手を離した。 「一週間以内にコノハを取り返さないと君の魔力は暴走する。焦る気持ちは分かるけど、ちゃんと準備していかないと……」 「魔力が暴走? どういうことだ?」  廊下に響く第三の声。蘭李の背後から歩いてきたのは、蒼祁と朱兎だった。彼らも、蘭李達と一緒にこの町に来ており、病院内を一通り歩いてきた後だった。  蘭李は二人を睨んだ。朱兎はその視線に萎縮するが、蒼祁は気にした様子はない。健治も彼らを見据えた。 「コノハがずっと魔力を吸い上げているせいで、蘭李は魔力を永遠に回復し続けるような体になっちゃったんだよ」 「ほお………ま、そうなるか。だが、お前が今焦ってる理由はまた別だろ?」  蘭李は眉をピクリと動かした。自然と拳に力も入っている。健治が不思議そうな視線を向けると、蒼祁は言葉を続けた。 「「あの時」のことを見せられた上に、コノハがいないこの状況が怖い―――そうだろ?」  目を見開いた蘭李。蒼祁はニヤリと笑い、左手を腰に当てた。 「お前が洗脳された時のあの反応……すぐに「あの時」のことを見せられたんだと分かった。《だから|・ ・ ・》お前は六支柱を殺した。まあどうせあいつら、生命原石で生きてるんだろうがな」 「なんだって……?」  健治の驚愕した呟きに、呆れたように蒼祁が言い放つ。 「ああいう奴らは常に生命原石は持ってる。常識だな」 「だけど生命原石なんて、そうどこにでもあるものじゃないだろう?」 「光軍はデカイ組織だし、六つくらいあっても不思議じゃないとは思うが?」 「そうなのか………」  その最中、蘭李は突然駆け出しその場を去ろうとした。瞬時に蒼祁が右腕を、彼女へ向け水平に上げる。その指先から放たれた青い紐が両手足に巻き付き、蘭李は静止させられてしまった。 「逃げんな。お前、いつまで引きずってるつもりなんだ?」  思いっきり紐が引っ張られ、蘭李は尻餅をついた。彼女はキッと蒼祁を見上げる。彼も青い視線で彼女を見下した。 「………蒼祁には関係ないでしょ」 「関係あるから言ってんだろ。なあお前……」  ガシャンと音が鳴った。蒼祁がコートのポケットから、何かを蘭李の目の前に落としたのだ。彼女が視線を落とすと、そこには《銃|・》が落ちていた。蘭李の目が大きく見開かれる。 「もうコノハを使うのはやめろ」 「ふっざけんなよッ!」  蘭李は立ち上がり、銃を思いっきり蹴った。銃は大きな音を立てて廊下を滑っていく。蘭李はそのまま蒼祁の胸ぐらを掴み上げた。 「コノハを見捨てろってこと⁈」 「違う。取り返してもそのまま使うなってことだ」 「同じことでしょ⁈」 「なら訊くが、なんで銃を使わないんだ?」  蒼祁は目を青く光らせた。冷酷なその視線に、蘭李はたじろぐ。しかし、黄色い瞳はすぐに睨み返した。 「必要ないからだよ」 「必要ない? ハッ、笑わせるな。コノハごときで、どんな敵にも対処出来るわけないだろ?」 「でも現に今あたしは生きてる!」 「周りが助けたからだろ。自惚れてんじゃねぇよ」  唐突に、健治が二人に割り込んだ。二人共彼を睨むが、すぐにそっぽを向いてしまう。健治はふう、と一息し、蒼祁を見た。 「君が言っていた、蘭李が銃の才能を持っているっていうのは本当かい?」 「本当だ。俺が教えてやったしな」 「ウソだよ。銃なんて全然使えない」 「六支柱の頭ぶち抜いといてまだそう言うか」 「偶然当たっただけでしょ」 「しっかし、使ってなかったにも関わらずスキルは衰えてないな。そこだけは尊敬する」 「もういい加減にしてよッ!」  蘭李は叫んだ。彼女の目には涙が溜まっており、健治は驚きの表情を浮かべた。それでも蒼祁は冷めた瞳で見ている。 「蒼祁には関係ないでしょ⁈ あたしが何を使おうが指図される筋合いはないッ!」 「あるって言ってんだろ。というかお前、悪魔に狙われてんだろ? 銃も使わないとすぐ殺されるぞ?」 「うっさい! もうあたしに関わるなッ!」  蘭李はそう吐き捨て、廊下を駆けていった。健治が彼女を呼び止めるが無駄に終わり、不安な表情を浮かべる。睡蓮は彼女を追いかけ、朱兎は心配そうに廊下の先を見つめた。  ちょうどその時、雷と紫苑が彼らのもとへ戻ってきた。たった今の事情を聞くと、二人も彼女を心配した。  そんな中、蒼祁は飛ばされた銃を取りに行き、それをコートのポケットにしまった。何かを話し込んでいる健治達を眺めながら、ぼそりと呟く。 「………先にあいつを片付けるか」  彼の言葉は、誰にも聞かれず薄暗い闇の中に溶けて消えた。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行