フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 もう、貴方の事は忘れたほうがいいの?  もう、連絡帳にも入れていない、貴方の連絡先。  消すまでに、1ヶ月掛かったのよ?  消してからも、指が、心が、体中が覚えてしまった、貴方の連絡先。  連絡帳から選択しないでも、貴方の電話番号をコールする事ができる。  ダメな事だとは理解している。  この取られないコール音だけが、私と、貴方を繋ぐ。細い。細い。細い。一本の糸。  けして繋がる事がない。一本の糸。  あれから、コール音を何回聞いた?出るはずが無いコール。1回、2回、3回、4回、解っている事だけど、コール音を聞くのは辛い。6回。  私は、決心した、もう揃っている。明日は、出かけられる。  解っている、それが正しい事だと…  ねぇ解っている?貴方が私にしてくれた事。  ねぇ知っている?貴方が私の全てだったってこと…。  ねぇ感じている?貴方が触った私。私が触ることができた貴方。  ねぇ考えている?貴方のスマホのパスワード、私の誕生日だったのを知った時の喜びを!  ねぇ教えてよ!私は、私は、貴方を愛していたの?  ねぇ教えてよ!貴方は、愛してくれていたの?  ねぇ教えてよ!もう触る事ができない貴方。私は、どうしたらいいの? ”さよなら”  この4つの言葉で作られた、一番いいたくない言葉。一番言われたくない言葉。  でも、一番言えなかった事に後悔が残る言葉。  貴方は、教えてくれたよね。 ”さよなら”  は、別れの言葉じゃない。また合う約束の言葉。  貴方は、私に、”さよなら”を言わせてくれないのね。 ”さよなら”  私が、愛した人。 ”さよなら”  私を、愛した人。 /*** 2ヶ月前の土曜日 ***/ 「敦。どこいくの?」 「ん?内緒」  朝日を受ける海岸通りを、敦の運転する車で進んでいた。  敦は、今日、景子に”結婚を申し込む”つもりで居るのだ。  普段以上に、気を使って運転する敦を、景子は不思議に感じていた。二人が付き合いだして、もう7年が過ぎている。景子も、”結婚”の二文字を意識している。意識しているが、自分から言えない事情もある。  景子は、子供のときに患った病気が原因で、両目とも光を失っているの。彼氏が居なかったわけではない。でも、デートをした後に必ず言われるセリフがある。 ”《僕|俺》では、景子の相手はできない。さよなら”だ、景子は世界で一番”さよなら”が嫌いな言葉になっている。別れの言葉だ。  でも、敦は違った、景子とデートを重ねる。景子を自宅まで送ってくれる。母親が言うには、”嫌な顔ひとつしないで”と付け足してくれる。泊まりに行った事もある。人が多い所では、景子が歩くことをサポートし、景子の邪魔にならないように、軽く手を引いてくれる。足元になにかある時には、さり気なく教えてくれる。  景観がいい場所にも連れ出してくれていた。見えないのだからと渋る景子を、”景色が見えなければ、全部僕が教える。風や音や熱を感じればいい”そう言って、景子をいろんな所に連れ出した。景子が、楽できるようにと、車も購入したのだ。  敦は、景子に、出会ってから、いろんなモノを与えてきた。  景子が、街中で佇んで泣いていたのに、声をかけたのが最初だった。ただの親切心なのか、下心なのか、敦本人もわからないのだろう。その時には、”声をかけないとダメ”と思った。景子が落ち着くまで、敦は話を聞いた。全部話し終わってから、敦は、景子を家まで送っていくと言った。実際には、最寄り駅まで送って、母親に引き渡したのだが、敦は別れ際”さよなら”と口にした。  景子は、やっぱりまた、”さよなら”なんだと…敦の手を握ってしまった。  敦は、優しく景子の手を握り返して、”お母さんに、僕の連絡先を伝えた。景子さんさえ良ければ、僕に連絡してきて”、それが嘘なのか、本当なのか、景子には判断できない。敦は、さっき”さよなら”と別れの言葉を口にした。もう、敦には会えない。  ”景子さん。さよならは、別れの言葉じゃないですよ。また会う約束の言葉です”  景子にとって、それは敦との繋がりを感じる事ができる言葉だ。  母親に、連絡先を入れてもらって、連絡をした、今までしていたように、音声入力を使った方法だ。すぐに、敦から返事が来た。母親が確認して読み上げる…必要はなかった。敦は、わざわざ電車を降りて、音声を録音して返事をしてくれたのだ。  この日から、景子の世界は広がった。 「景子」 「なに?」 「寒くない?」 「え?いきなりなに?大丈夫だよ」 「ちょっと1ヶ所寄りたい所があるけどいい?」 「もちろん。敦の行きたい所が、私の行く所だよ」 「そう言ってくれるのは、嬉しいけど、行きたい所じゃなくて、行かなきゃ…ううん。なんでもない。もうすぐだから我慢して」 「??うん」  車は、海岸線を走ってから、少し脇に入って止まった。 「景子少し待ってて、5分くらいで呼びに来られると思う」 「わかった」 (どうしてだろう、敦。すごく緊張しているみたい) (風が気持ちい場所ね。子供の声が…すごく楽しそう) 「景子。おまたせ。少し歩くけどいい?」 「問題ないわ」  二人は、車を止めた場所から、子供たちの声がする方に歩いていった。 「園長先生。景子です」 「あらあら可愛らしい娘ね」 「景子。話していなかった事だけど、驚かないで欲しい「敦くん」あっ景子。俺は、孤児なんだ。それも、両親に捨てられた。園長先生が俺を拾って育ててくれた。俺の母さんだ」 「え?…ごめんなさい。園長先生。私、敦さんとお付き合いさせていただいています。橋本景子といいます」  景子は、敦が正面を剥いている方向に、会釈しながら名前を名乗った。 「園長先生。景子は、目が不自由なんだ「敦くん!」」  園長先生は、景子の手を優しく握って 「景子さん。敦くんの事をお願いします」 「いえ。こちらこそ」  景子は、優しくも温かい手を握り返した。  この手が、敦を育てたのかと思うと、尊敬の思いと、嬉しい思いが湧き上がってくる。 「園長先生。話し込むのはまた今度でお願いします」 「あらそうね。景子ちゃん。またいらしてね。そのときには、敦くんの子供の時の話しとか沢山してあげるからね」 「はい!」 「園長先生!」  敦は、景子にプロポーズする。  景子は、嬉しいながらも保留してしまった。 「敦。いいの?私、こんなだよ?」 「景子。景子だから、俺は結婚したいと思う。園長先生にもらった」 「うん」 「景子。それに、俺、昔…かなり」 「うん。知っている。少年院に入っていたのでしょ?」 「え?だれから?」 「親切な人かな?何度か、家のポストに、”敦は少年院あがりのろくでなし”とか入っていた」 「…ごめん。本当に、ごめん。でも、なんで?」 「それこそ、敦は敦でしょ。何が有ったのか知らないけど、私に優しい敦が、全てだよ。お母さんに同じ。敦なら…」 「なら?なに?」 「…知らない。でも、本当に、私でいいの?」 「景子じゃなきゃダメなんだ。俺は、景子を、橋本景子を愛している。結婚してください。幸せにしますとは言えないけど、俺は景子と一緒になって幸せになる!」 「フフフ。敦らしいね。すごく嬉しい。私をもらってください」  二人は、キスをして、お互いの愛情を確認した。  景子は、母親に連絡をするために、スマホを取り出した。  いつものように、操作して、母親を呼び出すが、応答がない。虚しくコール音が鳴るだけだ。  暫く待ってみても、折返しが無い。  外は、寒くなってきているので、予約しているレストランに移動する事にした。何度も使っている場所なので、店員も覚えてくれている。個室に案内された。  景子のスマホがなりだしたが、登録している番号でない事は、音が違う事で判断できる。  電話には、敦が出るようだ。 「え?それは、本当ですか?」  電話は病院からだ。  景子の母親が、家の前で刺されたという事だ。今、病院で治療を受けている所だが、かなり危険な状況だという事だ。 「…うそ、お母さん…」 「景子。行こう!」 「え?」 「早く!」  敦は、料金を払って、店を飛び出した。  景子の手を引いて、車に乗せて、連絡があった病院に急いだ。  病院まで、100m先で右折したら、もう病院の敷地になる。 「大丈夫。大丈夫。大丈夫」 「景子。もうすぐだよ」 「うん。うん。敦。敦。どうしよう。どうしよう。お母さん。なんで、なんで、なんで!!」  車がウィンカーを出して止まる。  この数秒が、景子には、長く長く感じてしまう。 「景子ぉぉぉぉ!!!!!!!」  敦の声を最後にきいて、景子の記憶は途絶えた。  景子は、枕元で鳴ったスマホの音で目を覚ます。  普段と違う匂いと、布団の感触に、昨晩の記憶を探ってみるが、敦の声を聞いたのが最後だという事以外記憶にない。 (そうだ。お母さん!)  立ち上がろとしても、手足に力が入らない。腕になにか管のような物が刺さっている。 「先生。先生。患者さんが目を覚まされました」 「あぁすみません。先生。僕が話を聞いてもいいですか?」  景子は、知らないだろう男性と、先生と呼ばれた男性から話を聞く事になる。  昨晩、刺されて、運び込まれた、母親は治療の甲斐なく、死亡が確認された事、そこに駆けつけようとした、敦と景子の乗る車に、後続車が突っ込んだ事。そのときに、敦が景子をかばって、死んでしまった事。  そして、その車を運転していた男が、景子の母親を刺したのを自供した事。  時間をかけて、これらのことを説明していった。  何度、嘘だと思いたかったか、気が狂ったほうが楽だったろう。  残されたのは、敦と母親のスマホだけ。母親のスマホは、刺されたときに、壊れてしまっていた。 --- 景子 Side  あれから、一ヶ月。  いろいろ大変だった。事件を聞いて、園長先生が訪ねてきてくれた。敦の葬儀だけじゃなく、母さんの葬儀やら手続きをやってくれた。  話を聞くと、敦は少年院を出てから、孤児院に戻って来て、孤児院に住んで、手伝いをしながら、夜間学校に通って、昼間は卒園者の会社で働いていた。園長先生がいろいろ教えてくれた。私にも、孤児院で働いて欲しいと言ってくれた。母さんが居ない部屋に帰るのが辛かった事もあり、園長先生に甘える事にした。  独りになるのが、怖かった。  母さんを刺したのは、敦と対立していた不良グループの人間らしい。  警察が教えてくれないのだ。園長先生も問い合わせをしているが、”ダメ”という返事だけだ。私は、前に進むこともできないらしい。事情がわからないまま、時間だけが過ぎていった。  園長先生や、孤児院の人たちは、私に優しくしてくれる。  でも、その優しさは、敦から感じた、対等の優しさではない。可愛そうな人への優しさなのだ。母親と”婚約者”を同時に失った、可愛そうな”盲目の女”。それが私なのだろう。そんな事は望んでいない。望んでいないが、そう見えるのはしょうがない。  敦や母さんは、怒るかも知れない。  でも、二人の居ない世界にいてもしょうがない。敦さえいてくれれば、私は良かった。親不孝かも知れないけど、心からそう思う。  園長先生や孤児院の人たちに、”さよなら”は言わない。言ってもしょうがない。もう会えない。  私は決めた。  敦と母さんに、”さよなら”を、言いに行くと…。  そして、次に再開した時には、絶対に握った手を離さない。  何度でも、言うよ。”さよなら”  敦。”さよなら”  母さん。”さよなら”  また、会おうね!すぐに、行くから、待っていてね。約束だよ。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行