フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 彼女は、今日も来ている。彼女が持つには、少し古いカメラを持っている。  そのカメラで、決まった時間に、決まった方向を一枚だけ撮影して帰る。彼女の日課になっているようだ。  彼女が撮影しているのは、普通の…日本中探せば、どこにでも有るようなガードレールだ。T字路になっている場所で、左右が見えるように、カーブミラーが設置されている場所だ。信号は無いが、細い路地には、一旦停止の標識がある。彼女は、細い路地の桜の下から、カーブミラーが設置されている路地のガードレールを撮影している。  僕が知っている限り、彼女はあのガードレールを撮影し始めて、3ヶ月近くが経っているはずだ。  僕は、今日彼女に声をかけてみる。 僕「ねぇ毎日撮影しているけど何を撮っているの?」 彼女「写らないの…だから、毎日撮影しているの」 僕「写らない?」 彼女「うん。ここにね。パパとママとユウが写るはずなんだよ」 僕「え?」 彼女「だって、未練があれば、この世に残るのだよね?」 僕「え?」 彼女「パパとママとユウが、私を残して居なくなるのに、未練が無いはずがないよね?」 僕「あ!」 彼女「なに?パパとママが見えるの?見えるのでしょ?私の事、私の…ほら、だって、毎日、同じ時間に、ユウを迎えに行ってここを通るよ。だから、私…パパが大事にしていた、カメラで、私をたくさん撮って、ユウをたくさん撮って…だから、今度は、私が、パパとママとユウをたくさん撮ってあげることにしたの…なんで、なんで、なんで、ねぇパパとママとユウが見えるのでしょ?教えて、どこに居るの?ねぇ?教えてよ!!」  掴まれた彼女の手を振りほどく事ができなかった。  真っ直ぐに僕を見る目に、涙が流れてきていない目に、何を言っていいのかわからない。  彼女が撮影し続けたのは、ガードレールでもカーブミラーでも無かった。  飲酒運転の車にはねられて、死んだ大切な人の写真を撮影していたのだ。  4ヶ月前に、19歳の男が、飲酒運転の挙げ句に、父親と母親と一緒に居た子供を巻き込んで、ガードレールに激突した。  運転していた男は、車を乗り捨てて逃走した。車の中には、男が飲んだと思われるサワーの空き缶が多数転がっていた。その後、少し先で倒れて動けなくなっている所を警察に捕まった。  彼女は、僕が答えを持っていない事を悟ると、何も言わないで、カメラをガードレールに向けて構えてから、ニッコリと笑ってからシャッターを切った。  そして、彼女は明日も撮影に来るだろう。  家族が最後に居た場所を、家族を失った場所を、1人になってしまった場所を撮影するために…。  涙を流さないで、僕を問い詰める彼女に、僕は告げる言葉が用意できない。彼女は、これからも1人で撮影を続けるのだろう。僕は、彼女に何ができるのだろうか?  今度、僕は彼女に告げてみる 僕「ねぇ僕がシャッター切ろうか?君と一緒なら、お父さんとお母さんと弟さんが写るかもしれないよ?」  彼女が何ていうのかわからない。  でも、僕は彼女が望む”者”が写るまで何度でも声をかける。  兄がしでかした事の罪滅ぼしにはならないのはわかっている。わかっているが、僕にできる事は何もない。 --- 僕「ねぇ」 彼女「なに?」 僕「昨日も写らなかったの?」 彼女「…うん」 僕「君が一緒じゃ無いから写らないんじゃないの?」 彼女「え?」 僕「だって、君のお父さんとお母さんと弟さんは、君と一緒に居るのだよね?」 彼女「…うん。でも、私…嫌われていたかも…」 僕「そんな事ないと思うよ?」 彼女「どうして?私に見えない…写らない…私…」 僕「ねぇ僕がシャッターを切ろうか?君と一緒なら、お父さんとお母さんと弟さんが写るかもしれないよ?」 彼女「本当!」 僕「うん。でも、君のカメラは大事な大事なお父さんの物だよね?」 彼女「…うん」 僕「だから、明日また来て…僕もカメラを買ってくる。それで、君とご家族を撮ろう」 彼女「いいの?」 僕「もちろんだよ。君とご家族が笑っている写真が撮れるまで、何度でも何日でも僕が付き合うよ」 彼女「…」 僕「だから、君のその大事な大事なカメラ…少しだけ休ませてあげようよ」 彼女「…うん。そうする。でも、でも…最後に一枚だけ、お願い…パパとママとユウと一緒に撮影して欲しい…けど…ダメ?」 僕「僕でよければ、撮影するよ」 彼女「お願い」  僕は、彼女が望むままにシャッターを切った。  彼女は僕に…違う、ファンダーの奥に写るはずの父親を母親を弟を思って、笑いかける。  僕は、彼女の泣きそうな笑い顔を忘れる事ができなかった。  その日、貯めていたバイト代を全額おろして、彼女と約束したカメラを買いに行った。店員に聞いて、素人でも扱えるカメラを20万かけて購入した。  金銭的な事で償いができるわけではない。僕は、これから毎日彼女を撮影し続ける。 --- 「ねぇ」 「なに?」 「ありがとう」 「どうしたの?」 「あの時声をかけてくれて」 「…うん。でもそれは…」 「わかっている。5年…6年目だっけ?」 「そうだったね」 「うん」 「でも、君…知っていたよね?」 「うん。最初は…解らなかった…でも、《親切な|余計な事をいう》人に教えてもらった」 「そうだったの…ゴメン。黙っていて」 「いいよ。全部許してあげる」 「ありがとう」 「そのかわり」 「うん。わかっている」 「よろしくね。旦那様」 「こちらこそ。奥様」
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行