フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「やはりおぬし、昔に何かあったのじゃな」  自室に入って早々、テーブル上でふよふよと浮かぶ蜜柑が蘭李に声をかけた。彼女は蜜柑を一瞥し、しかしかけられた言葉には答えずにベッドに飛び込んだ。後から睡蓮がすーっと飛んできて、蜜柑の傍で浮遊する。 「皇から話は聞いたぞ。おぬしの行動はおかしなものであったと」 「…………健治は蜜柑さんと話なんか出来ないじゃん」 「あの天使に仲介してもらったに決まっておろう」  うつぶせのまま顔だけを蜜柑に向ける蘭李。鋭く彼女を睨み付けた。対して蜜柑は、探るような視線を放つ。 「何故言わなかった?」 「言ったってどうにもならないじゃん」 「たしかにそうかもしれんが、銃が使えることくらいは言うべきではないか?」 「なんで?」 「だっ……だって蘭李……!」  睡蓮が思わず声をあげる。冷たい視線を浴びせてくる蘭李に臆し、おずおずと言葉を絞り出した。 「みんな……蘭李のこと助けてくれてるんだよ……? だから蘭李だって、出来ることはしなきゃ……」 「別に銃を使わなくたっていいじゃん」 「使えるなら使った方が良いに決まってるじゃろ」 「コノハだけで大丈夫だし」 「だめだったじゃん……今だって取られちゃってるんだし……」 「おぬし、死ぬぞ?」 「アンタらに何が分かるんだよッ!」  起き上がった蘭李は叫んだ。肩を跳ね上げてビックリする睡蓮と、かつてないほど鋭い視線を向けてくる蜜柑を睨み付ける。 「銃が使えるって言ったらみんな使えって言う! でもあたしは使いたくないんだよ!」 「な……何があったの? 蘭李……」 「言ったって何も変わらない! だから言わなかったの! なんで分かんないの⁈」 「それは言わないと分からないじゃろ」 「そうだよ! 僕らがむりでも、シロちゃん達なら……」 「ハッ……! 言って《みんな|・ ・ ・》は生き返るわけ?」  蘭李は小馬鹿にしたように笑った。幽霊の二人は、唖然として言葉が出ない。黄色い瞳を光らせながら、蘭李は二人に言い放つ。 「あたしが銃を使えるようになるのは、《みんな|・ ・ ・》が生き返ったらだよ。そんなこと出来る? ムリでしょ? だから言わなかったのに……」  複雑な顔になり、俯く蘭李。室内に沈黙が降りる。睡蓮は何かを言おうとして、しかし言葉が見つからずだんまりした。蜜柑は蘭李を見つめたまま顎に手を当てていたが、やがて静かに口を開く。 「つまり、おぬしは銃で《みんな|・ ・ ・》を殺したんじゃな?」  刹那、ピタリと蘭李の体が硬直した。黄色い瞳は揺れ、あからさまに動揺している。すーっと浮遊した蜜柑は腰に手を当て、顔だけをぐいっと彼女に近付けた。蜜柑色の瞳が黄色い瞳を捉える。 「銃が使えるのに使わない。《みんな|・ ・ ・》が生き返れば使う。殺したのは自分じゃないと喜んだ。それはつまりおぬしは、銃で《みんな|・ ・ ・》を殺した罪悪感から使えないということじゃろ?」  ブルブルと震え始める蘭李の体。汗が頬を伝い、左手に添えられた右手はぎゅっと強く握っている。それでいて縛り付けられたように、蜜柑から目が離せなかった。 「………おぬしは分かりやすいのう。ま、我もそうなのかもしれぬが……」  蜜柑はため息を吐き、顔を離す。まるで椅子に座っているかのように、宙で足と腕を組み、蘭李を鋭く見下ろした。 「おぬしは馬鹿か?」 「は…………?」  それは蔑みにも近かった。蜜柑と蘭李の間に不穏な空気が流れる。見守っている睡蓮はハラハラと気が休まらない。蜜柑は構わず言葉を続けた。 「魔力者が人を殺すのは当たり前じゃ。それをいちいち罪悪感に潰されていては、あっという間に殺されるぞ」 「……当たり前? 友達を殺すのも?」 「無論じゃ。《そういう状況|・ ・ ・ ・ ・ ・》になったらな」 「自分が生き残るためであっても?」  眉をひそめた蜜柑は体勢を変えず、再び子孫の眼前に近寄った。 「ならば、おぬしが死ねば良かったではないか。何故、おぬしは友を殺してまで生き残ったのじゃ?」 「それはッ………」 「所詮自分が可愛いのじゃろ? 死ぬのが怖いのじゃろ? ならばそんな偽善の罪悪感など捨てろ。持っているだけ無駄じゃ」 「偽善だって……⁈」 「ああそうじゃ。偽善じゃ」  黄色と蜜柑色の視線が交差した。どちらも静かな怒りを帯びており、下手をすればすぐにでもそれが爆発してしまいそうだった。 「劉木南へ行ったとき、おぬしはコノハが使えなくなり銃を使った。今回でも、どんな幻術をかけられたのかは分からぬが、恐らく保身の為であろう、銃を使った。結局おぬしは、いざとなれば銃を使う偽善者なのじゃ。それなら始めから使ってしまえ。無駄なことをするな」 「そんなことッ……!」 「魔力者など皆人殺しじゃ。おぬしだけではない。良き仲間を殺すことなどいくらでもある。友を殺してしまったと嘆くなら、殺してまで手に入れた生(・)を全うするべきではないか?」  蘭李は目を見開いた。全身から力が抜け、唖然と先祖を見つめる。蜜柑色の視線は、呆れたような色に変化した。  そこへ、もう一人の先祖がふよふよと浮遊してくる。 「そうだよ蘭李! 銃を使うと思い出しちゃってつらいかもしれないけど、その友達の分もがんばって生きなきゃ!」 「ぬっ……? そうじゃ! それがおぬしへの課せられた罪と思えば万事解決じゃ! あくまで偽善者を続けると言うなら、せいぜい罪を償いながら生きるんじゃな!」  蜜柑は意地悪くケラケラと笑う。そんな彼女に若干引き気味な睡蓮だが、蘭李の傍へ寄り、両手の拳を握った。 「それに蘭李、銃使うのとっても上手いんでしょ? ならそれでみんなを助けてあげなよ!」 「………そんなのムリだよ……」  小さく呟いた蘭李。布団の上で体育座りをし、頭を抱えて縮こまった。 「銃を握ると思い出すんだ……パニックになる……間違ってみんなを殺すかもしれない……」 「大丈夫だよ! 少しずつ慣らしていけば!」 「そうじゃな。それにさっきも言ったろう? それは罪だと思えばいいのじゃ。苦しみながら生き残れ。偽善を貫くならな」  蘭李は答えなかった。そのままの体勢で沈黙を貫いた。蜜柑と睡蓮は顔を見合わせ、部屋から出ていく。ポツンと一人、自室に残された蘭李。  しばらくした後、もぞもぞとベッドから降りた。部屋のドアノブに手をかけ、ゆっくりと回しながら引く。 「………出来るわけない……そんなこと……」  そう呟いた彼女は部屋から出ると、静かにドアを閉めた。 * 「ごめん。急に泊まるなんて……」 「いやいや。全然大丈夫だよ」  健治がにっこりと笑う。雷も微笑みを返し、持っていたカップを口につけた。温かい紅茶が彼女の喉を通る。  向かいのソファーに健治が座った。彼の前のテーブルには、湯気を上げるカップが置いてある。 「君こそ大丈夫なのかい? 家に帰らなくて」 「あんなことがあったら帰りにくいし……」 「そうだよねぇ……」  健治はカップの取っ手に指を絡めて持ち上げた。コーヒーのにおいを楽しみながら、それを口に含む。雷の鼻にも、コーヒーの香りが漂ってきた。 「まあそもそも、対立しているのに一緒に住んでいる方が珍しいと思うけどね?」 「うち一人じゃ暮らしていけないし……お母さんはうちの味方だから……」 「ああ、そうなのか」 「………うち、間違ってたのかな」  雷は俯き気味に、カップをテーブルに置いた。健治はコーヒーを飲みながら、目だけを雷へと向ける。 「六支柱が強いのは分かってた。でも行かずにはいられなかった。お父さんなら殺しかねないと思ったから。でも………」 「結果、皆を傷付けた」  雷は唇を噛み締めた。カップをテーブルに置いた健治は、ソファーの背にもたれて足を組んだ。 「たしかに六支柱は強い。彼らにとって、君達が来ることも想定内だっただろう。君達の行為は、客観的には無駄だったかもしれない」 「ッ………」 「でも、助けたいと思ったその気持ちは無駄じゃないと思うな」  顔を上げると、健治は薄く笑っていた。それを見て、雷はみるみるうちに目に涙を溜める。 「ありがとう……」 「あとは実力が追いつけばね」 「実力より戦い方を考えた方がいいんじゃねぇの?」  リビングに入ってきたのは双子だった。二人はメルにトレーニングルームを案内してもらい、そこで少し体を動かした後、こちらに戻ってきたのだ。  躊躇いもなくリビングを横断する彼らに、背後のメルは眉をひそめる。雷は慌てて涙を拭った。 「実力が無いなら無いなりに、どうにか勝てる方法を探せばいい」 「それが出来れば苦労しないんじゃないかな」 「考えるんだよ。手っ取り早いものなら、何か有効な魔法道具を揃えておく、とかな」 「魔法道具を……」  蒼祁は一人用のソファーに腰かけた。その背もたれに肘を置くのは朱兎。メルは、主の背後に立った。 「ところで、お前の親父は何処にいるんだ?」 「え?」  蒼祁の問いかけに、雷は目をぱちくりとさせた。 「うちの家だけど………まさか乗り込む気⁈」 「コノハが取られたままだろ」 「危ないよ! それこそ作戦なのかもしれないし………」 「俺が負けることはない。それよりあいつらが暴走し出す前にカタを付けないと、面倒なことになりかねない」 「あいつら?」  雷は首を傾げた。腕を組む蒼祁は、彼女に鋭い視線を送る。 「蘭李とコノハだよ」 「蘭李……とコノハ?」 「ああ」  雷は健治と顔を見合わせた。二人とも戸惑いの表情を浮かべ、再び蒼祁を見る。 「蘭李は分かるけど……コノハも? どうして?」 「俺の言っている暴走は、蘭李の魔力の暴走じゃない」 「と、言うと……?」 「思考の暴走だな」 「めるちゃーん! 大変だよぉー!」  唖然とする健治と雷をよそに、壁から突然現れた睡蓮は、メルのもとへ一直線に飛んできた。彼女は驚いて彼に振り向く。 「どうしたのですか?」 「蘭李がいないんだよぉー! さっきまで家にいたのに、僕らがちょっと外に行って帰ってきたらいなくなってて……」 「探しましたか?」 「探した! でも見つからないの!」 「どうしたんだい? メル」  異変に気付いた健治が、彼女から事情を聞く。すると、一緒に聞いていた蒼祁が小さく舌打ちをした。 「もう行きやがった……あいつ行動力だけは人一倍だな……」 「行ったって……まさかお父さんの所に……⁈」 「そこ以外あり得ないだろ。おい、お前の家に連れてけ」 「分かった!」 「朱兎はここに残ってろ」 「わかったー!」 「二人とも気を付けてね。メル、ついていってあげて」 「かしこまりました」  雷と蒼祁は立ち上がった。足早にリビングから出ていき、メルと睡蓮も二人の後を追う。残された朱兎は、蒼祁が座っていたソファーにボスンと飛び込んだ。ふかふかのソファーの感触を楽しむ彼を眺め、健治は朱兎に笑いかける。 「朱兎は知っているかい?」 「ん? 何を?」 「蘭李がなんで銃を使わなくなったのか」  朱兎はキョトンとした真っ赤な瞳を健治に向けた。しばらくの間の後、彼は無邪気な幼児のようににっこりと笑った。 「わかんない! オレ、バカだから!」
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行