フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
[*label_img*] 序章 ボーイミーツガールは身勝手に ―ダイニルム歴352年6月12日 雨期には珍しい晴れ―  それはオレにとって、最悪の一日だったと言えるだろう。 「姫様、敵部隊を指揮していたとみられる騎士を捉えました!」  ベガンダの兵に引きずるように連れこまれ、乱暴に地面に投げ出される。  幸い、鎧兜のおかげで新たな擦り傷を負ったりはしなかったが、慣れない戦闘でくたびれた手足は、無様に寝っ転がされた状態から身を起こすのも億劫だった。  そこに、こんな戦場で耳にするには似つかわしくない、可愛らしい声がする。 「ふぅん、あんな粗末な戦い方するなんて、よっぽど無能なんでしょうね」  ……前言撤回。欠片も可愛くない。小生意気な女の声だ。 「最後に顔くらい拝んであげるわ。兜を取ってやりなさい!」  指示を受けて、控えていた兵がオレの兜を剥ぎ取り、相手によく顔が見えるように上体を起こした。  抵抗する力などもう残っていない。それでも最後に、こちらこそオレを殺す女の顔をよく見てやろう、と顔を上げる。  頭の上で一つに結わえられた、若草色の長い髪が、風にたなびく。  オレの年若さに驚いたのか、その瞳は大きく見開かれている。  戦の昂揚で頬はほんのり朱が差し、艶やかな唇は言葉を失ったように、薄く開いていた。  セリナ・マシカ・リリ・アカージャ。我が国ニーザンヴァルトと長年戦を続けている、隣国ベガンダを統べる王女。  先ほど姫様と呼ばれていたところを考えるに、オレとさほど歳も離れてなさそうな、この娘がそうなのだろう。 『新緑の歌姫』などとうたわれている辺り、おそらく一般的には美少女と形容されるのだと思う。  が、あいにくと物心ついてから、母上以外の女性と接する機会があまり無かったオレには、女の子の容姿の度合いというものがよくわからない。  なんせ年頃の娘を間近でまともに見たのは、彼女が初めてなのだ。女の子ってこういうものなのか、それとも彼女がずば抜けて可愛いのか、比較する知識が無いからそこは評価しようがない。  ……まあ多分可愛いんじゃないかな。わからないけど。 「あ、えっと……」  暫くぼんやりしていた姫が、ようやく声を発する。 「な、何だまだこんな若造だったのね。道理で指揮官として拙いはずだわ!」  やっぱり可愛くないな、この子!自分だって小娘のくせに! 「仕方ないだろう、初陣でいきなり騎士団長に祭り上げられたんだから!お飾りの青二才で悪かったな!」  実戦経験が無くて拙いのは事実だが、図星を指されると流石に頭にくる。 「あら、そうなの?まともに戦えもしないくせに、そんな大役任されるだなんて、一体どこのお坊ちゃんかしら?」 「……うるさいな、首を刎ねるならさっさとしろ」  ここまで来てジタバタするのも無駄だし、腹をくくる。  別に好きで死にたいわけでもないが、みっともなく命乞いする気にもなれなかった。  そんなオレを見て、姫は暫く何事か考えていたようだが、急にぱあっと明るい笑顔になり、オレに唐突な提案を持ちかけてきた。 「ねえ、貴方うちの兵にならない?」 「はあっ!?」 「その歳ならしっかり鍛えれば、きっと強くなれると思うわ!ニーザンヴァルトに逃げ帰っても、また親のコネで無茶やらされるだけよ!私なら、貴方の能力を見極めて、適材適所で使いこなしてあげ……」 「馬鹿にするな!!」  彼女の言葉に今度こそキレて、思わず怒鳴り返す。  オレの剣幕に、少女の華奢な身体がびくりと跳ねた。 「命が惜しければ祖国を裏切って、貴様の下で同胞に剣を向けろと?冗談じゃない。オレも随分と見くびられたものだ」  どんなに弱かろうと、無様だろうと、最後に残った騎士としてのプライドが、怒りとなって姫君を睨みつける。 「このまま飼い殺しにされるなんて、侮辱もいい所だ。さあ、戯れ言はもういいだろ。とっとと処刑してくれ」  ふてぶてしい捕虜の態度が、よほどお気に召さなかったらしい。姫は新緑どころか深紅に顔を染め、怒りでふるふると身体を震わせている。 「そう……そんなに私に生かされる事が屈辱なの」 「ああ、頼まれたってごめんだね」 「貴方の気持ちはよぉーくわかったわ!誰か!この男に『首輪』をつけなさい!」 「ははっ!」 「なに!?」  姫の号令で、オレの身体を支えていた兵が、逃亡を阻むように地面に抑え込む。  何がなんだかわからないけれど、このままでは殺されるよりやばい予感がする。  重い手足を必死にばたつかせて抵抗を試みるが、のしかかった兵士はびくともしなかった。  そうこうしているうちに、別の兵士が何かを持ってきて、暴れるオレの首にそれをはめた。 「なん、だ、これは……」  首輪。まさしくそう呼ぶに相応しい。触れた指先にひやりとする、金属で出来たそれは、オレの首元にぐるりと巻き付いている。 「『服従の首輪』よ。猛獣を飼い慣らすのに使うの。ご主人様に反抗的ないけないコには、合図一つで電撃が流れるわ」 「なんだと!?」  動揺するオレに、彼女はにぃっと悪魔の笑みを浮かべる。 「私の優しさを無下にした貴方に、最高の屈辱を与えてあげる」  その細い指先が軽い音を鳴らすと、オレの全身に衝撃が走った。  冬場にドアノブを握った時にバチッと来る奴、あれの倍くらい痛い感じ。意識が飛ぶほどには強くないのが却って嫌らしい。  それでもいきなりのショックでふらつくオレの元に、ゆっくりと悪魔が近づいてくる。 「私の元で生きるのが嫌なんでしょう?だから、これから私のペットとして、たーっぷり可愛がってあげるわ」  どちらが猛獣なのやら。舌なめずりでもしそうな雰囲気で、王女様はオレの頬を両手で固定し強引に視線を合わせた。 「うふふ、これからよろしくね。可愛い可愛い、私の『ポチ』」
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行