フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 彼はもう帰ってしまったのだろうか?  タイムカードはすでに押されている。男性従業員の更衣室からも彼の声はしない。  バイトリーダーの彼が帰るのは最後だと思っていた。  店舗はそれほど大きくない。バイトは私を入れて5人。男性3人の女性2人だ。  タイムカードを見ると、どうやら私が最後みたいだから、店舗の中を全部見てから、セキュリティをセットして帰ろう。  彼が最後だと思って待っていたのだけど、失敗したな…。  閉店して暗くなっている店舗の確認を終わらせた。  従業員の通用口に居るガードマンに鍵を預けて帰る。 「お疲れ様」 「今日は最後だったのだね」 「えぇ少し遅くなちゃった」 「そうか、雨がまた降り出したから気をつけて帰れよ」 「うん。ありがとう」  通用口から通りを眺める。目の前に今日の日付が表示されている。 「そうか…今日…はあぁ…。ダメだな」 「何がダメなんだ?」  横から、傘が差し出される。  え?なんで? 「濡れるだろう。早く入れよ」 「え?」  なんで?彼が居るの? 「リーダー?なんで?」 「何だよ。バイトが終わって、待っていただけだろう?それに、今はリーダーとは呼んで欲しくない」 「え?あっそうだね。江口さん」  なんだろう。  少し照れてしまう。 「他の人達は?」 「もう帰った。いいから、傘に入れよ」 「え?でも、私も傘あるよ?」 「そんな小さい傘じゃ2人で入れないだろう?いいから、帰るぞ!」  彼の言っている意味がわからない。  でも、彼に強引に連れ込まれて、肩を抱かれて居る。この状況が理解できない。 「ねぇ」 「あ?」 「ううん。なんでもない」 「あぁ…そうか…」 「なに?」 「いや、なんでもない」  彼も黙ってしまう。  でも、この距離感が、彼のぬくもりが、すべてが嬉しい。  駅までの5分がもっと長ければいいのに…。  駅が見えてしまった。  この幸せな時間も終わってしまう。 「なぁ真弓?」 「なに?」 「あぁ…。なんでもない」  彼は、電車を使わない。バスで帰る。でも、駅の改札前まで来てくれた。 「…」 「…」 「それじゃ帰るね」 「あぁ…またな」 「うん。今度、入るの来週だよ」 「そうか」 「うん」 「…。真弓」 「ん?」 「あのな・・真弓。誕生日おめでとう。来年も言うからな。その次も、これから毎年だ!」  彼はそれだけ言って、バス乗り場に走っていってしまった。  え?今、彼はなんて言ったの?え?え?  私は黙って、走り去る彼を見つめる事しか出来なかった。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行