▲ 上へ戻る
運営へ連絡
偽りのワールドブレイカー
全 5 章
著: 宵月渚
1
偽りのワールドブレイカー
第一章『偽りの日常』
「この世界は偽物だった」――偽りの世界。それは、本来存在してはならない世界。本物の世界の複製とされる世界で、今も無数に存在している。その世界では、年齢、性別は違えど、自分とそっくりな姿をした人が、どこかで暮らしている。そして、普通の学校生活を満喫している少年、クダリは自身が偽りの世界に住んでいると気づいていなかった。それは、あることをきっかけに知ることになる。
読了時間
47 分
この章を読む
2
偽りのワールドブレイカー
第二章『三度目の正直』
「この世界は偽物だった」――偽りの世界。それは、本来存在してはならない世界。本物の世界の複製とされる世界で、今も無数に存在している。その世界では、年齢、性別は違えど、自分とそっくりな姿をした人が、どこかで暮らしている。そして、普通の学校生活を満喫している少年、クダリは自身が偽りの世界に住んでいると気づいていなかった。それは、あることをきっかけに知ることになる。
読了時間
90 分
この章を読む
3
第三章『偽りの妹』
「この世界は偽物だった」――偽りの世界。それは、本来存在してはならない世界。本物の世界の複製とされる世界で、今も無数に存在している。その世界では、年齢、性別は違えど、自分とそっくりな姿をした人が、どこかで暮らしている。そして、普通の学校生活を満喫している少年、クダリは自身が偽りの世界に住んでいると気づいていなかった。それは、あることをきっかけに知ることになる。
読了時間
73 分
この章を読む
4
第四章『偽物と本物』
「この世界は偽物だった」――偽りの世界。それは、本来存在してはならない世界。本物の世界の複製とされる世界で、今も無数に存在している。その世界では、年齢、性別は違えど、自分とそっくりな姿をした人が、どこかで暮らしている。そして、普通の学校生活を満喫している少年、クダリは自身が偽りの世界に住んでいると気づいていなかった。それは、あることをきっかけに知ることになる。
読了時間
121 分
この章を読む
5
終章『偽りの――』
「この世界は偽物だった」――偽りの世界。それは、本来存在してはならない世界。本物の世界の複製とされる世界で、今も無数に存在している。その世界では、年齢、性別は違えど、自分とそっくりな姿をした人が、どこかで暮らしている。そして、普通の学校生活を満喫している少年、クダリは自身が偽りの世界に住んでいると気づいていなかった。それは、あることをきっかけに知ることになる。
読了時間
6 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行