▲ 上へ戻る
運営へ連絡
月の背中
全 50 章
著: 東亰チキン
1
第〇逃・あの野郎
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――黙れ!落ち着け!あの野郎って誰だ!
読了時間
5 分
この章を読む
2
第一逃・ルール#1
『野良仕事』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――弱い者はいつだって強い者の好きにされるのがこの世のルールだ。
読了時間
19 分
この章を読む
3
第一逃・ルール#2
『三年半』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――顎は鍛えておいたほうがいいぞ。
読了時間
20 分
この章を読む
4
第一逃・ルール#3
『たたり』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――さて、畑に三つばかり穴を掘っておこうか。
読了時間
38 分
この章を読む
5
第二逃・計画#1
『チャンス』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――聖徳太子どもが頭のなかでどんちゃん騒ぎしてるぜ。
読了時間
63 分
この章を読む
6
第二逃・計画#2
『さっきまでの友だち』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――やっちまった、くそ。頭に血がのぼるといつもこうだ。
読了時間
10 分
この章を読む
7
第二逃・計画#3
『迷い』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――頭が悪いからな。ケンカぐらい強くなくちゃどうしようもない。
読了時間
12 分
この章を読む
8
第二逃・計画#4
『儀式』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――どうとでもしろ。ただしこいつで最後だ。
読了時間
4 分
この章を読む
9
第三逃・みぞおち#1
『名前』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――嬉しすぎてみぞおちが痛くなってきたぜ、ちくしょう。
読了時間
63 分
この章を読む
10
第三逃・みぞおち#2
『ニュータイプ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――いや、説明しなくていい。たぶん、なんとなく、わかる。
読了時間
11 分
この章を読む
11
第三逃・みぞおち#3
『女スパイ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――テレビは街の電気屋でちゃんと金を払って買ってくれ。おれはこれから旅の支度をしなくちゃならない。
読了時間
54 分
この章を読む
12
第三逃・みぞおち#4
『色メガネ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――死にたいなら殺してやる。そうじゃなくても殺してやる。
読了時間
9 分
この章を読む
13
第三逃・みぞおち#5
『結論』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――口をふさげ。なんなら息の根も止めろ。
読了時間
9 分
この章を読む
14
第三逃・みぞおち#6
『番犬』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――最低だろ。くずだろ。馬鹿だろ。裏切り者だろ。
読了時間
17 分
この章を読む
15
第三逃・みぞおち#7
『けだもの』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――お前なんていらねえよ。欲しくもなんともねえよ。
読了時間
19 分
この章を読む
16
第四逃・札束#1
『彼氏』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――なんにも持ってないおれに捨てるものなんてあるわけないだろう。
読了時間
39 分
この章を読む
17
第四逃・札束#2
『鬼ヶ島』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――いいかげんにしろ!お前だけのものごとじゃねんだぞ!
読了時間
32 分
この章を読む
18
第五逃・理由#1
『半分ずつルール』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――おれとあんたの弟はほとんど友だちじゃない。
読了時間
17 分
この章を読む
19
第五逃・理由#2
『からい雨』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――変な雨だな、ちくしょう。
読了時間
88 分
この章を読む
20
第五逃・理由#3
『役者』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――いいよ。おれの人生さえぼろぼろにならなけりゃ。
読了時間
28 分
この章を読む
21
第五逃・理由#4
『羽化』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――自由になるのに理由なんていらねえだろ。
読了時間
8 分
この章を読む
22
第六逃・疑り#1
『鳩』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――さっぱりと忘れちまえよ。昨日までのことは。
読了時間
20 分
この章を読む
23
第六逃・疑り#2
『錯覚』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――騙されたくなきゃ信用しないことさ。
読了時間
16 分
この章を読む
24
第六逃・疑り#3
『はずれた予感』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――ぐさっとくるなあ。
読了時間
24 分
この章を読む
25
第六逃・疑り#4
『めまい』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――そこのところはたぶん、おあいこだ。
読了時間
65 分
この章を読む
26
第七逃・約束#1
『やさしい闇』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――真っ黒って、やさしい色だよな。
読了時間
7 分
この章を読む
27
第七逃・約束#2
『脳みそ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――お前が利口でいられるのは、おれみたいな馬鹿がいるおかげなんだぜ。
読了時間
28 分
この章を読む
28
第七逃・約束#3
『じじい』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――ヒゲなんかはやしてるけど、お前も戦ってるんだよな。たったひとりで。
読了時間
34 分
この章を読む
29
第七逃・約束#4
『操り人形』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――おれたち、まだピザを食ってねえぞ。
読了時間
117 分
この章を読む
30
第七逃・約束#5
『スパイクイズ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――全問正解したときの賞品てなんかあるのか。
読了時間
12 分
この章を読む
31
第七逃・約束#6
『誰』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――泣かすぞ、この野郎。
読了時間
7 分
この章を読む
32
第七逃・約束#7
『RS』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――あいつがいないとおれが困るんだよ、おれが。
読了時間
14 分
この章を読む
33
第七逃・約束#8
『心』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――お前、頭いいけどやっぱり馬鹿だよ。
読了時間
47 分
この章を読む
34
第八逃・いちかばちか#1
『恩返し』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――神様なんかよりこっちのほうが何百倍もご利益があるぜ。
読了時間
17 分
この章を読む
35
第八逃・いちかばちか#2
『使いみち』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――あんなガキのことはどうでもいい。
読了時間
17 分
この章を読む
36
第八逃・いちかばちか#3
『呪文』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――あいにくだな。勝てないケンカはやらないことに決めてる。
読了時間
119 分
この章を読む
37
第九逃・でたらめ#1
『常識』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――赤ん坊を作ろうなんて考えたことねえからな。
読了時間
154 分
この章を読む
38
第九逃・でたらめ#2
『証拠』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――我慢しなくていい。肉でも寿司でもナポリタンでも好きに食え。
読了時間
74 分
この章を読む
39
第九逃・でたらめ#3
『カナリア』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――おれが毒ガスなんだろ。
読了時間
87 分
この章を読む
40
第九逃・でたらめ#4
『丸い空』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――モンキーマジック。
読了時間
55 分
この章を読む
41
第十逃・運命#1
『ロックンロール』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――そんな脅し、おれには効かねえよ。
読了時間
40 分
この章を読む
42
第十逃・運命#2
『親分』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――全体的に意味がわかんねんだよ、てめえ。
読了時間
103 分
この章を読む
43
第十逃・運命#3
『天敵』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――まるで呪文だな。
読了時間
93 分
この章を読む
44
第十逃・運命#4
『マリオ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――強盗よりもずっと簡単だ。
読了時間
59 分
この章を読む
45
第十逃・運命#5
『ダブルパンチ』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――そう簡単に人類は滅びねえよ。
読了時間
73 分
この章を読む
46
第十逃・運命#6
『対策本部』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――ぶっ飛ばされたくなかったらそれ以上ナップサックについて聞いてくるな。
読了時間
107 分
この章を読む
47
第十逃・運命#7
『落とし前』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――出会い頭の事故には気をつけろよ。
読了時間
24 分
この章を読む
48
第十逃・運命#8
『顔』
この春で平成も終いとかなんとか。したらばひとつ余計に遡って昭和の与太話でもぶちかましておきませうかね。――打席に立ちもしないやつが最強チームのファンとか笑わせるな。
読了時間
103 分
この章を読む
49
月の背中・ソノシート
『ひどく暑かった夏の日の話』
『人殺しのあとにやる一杯はたぶん最高にうまい』1978年、夏。第二期高度経済成長期もオイルショックも子供たちには関係なかった。遊びやいたずらに脳みそをフル回転させ、勉強や宿題に割く時間をいかにして短縮するかが当面の課題だったあの頃。仲間がいて、駄菓子と給食があればほかになにもいらない。そんな暢気でふざけたガキどもの日常譚。本編マイナス3年で勘定しとくんなし。
読了時間
55 分
この章を読む
50
巻末
ただの巻末。読んでも面白くはない。いいわけがいろいろと書いてあるだけ。あと若い人が読んでも『なんのこっちゃ?』みたいなのばっかり。
読了時間
43 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行