▲ 上へ戻る
運営へ連絡
拝啓、過去のあなたへ
全 3 章
著: 出雲 真昼
1
拝啓、過去のあなたへ
1日目「存在しないはずの彼女」
お盆の一週間前のこと、主人公……水原陽斗(21歳)が仕事でボロボロになりながらも、いつものように帰り道を歩いていると、幼い声が陽斗に向けて発せられた。「お兄ちゃん?」陽斗にとっては懐かしい声だった。振り向き、その姿を目の当たりにして陽斗は驚愕した。そこに立っていたのは数年前に亡くなったはずの妹、水原結奈と瓜二つの少女だった。
読了時間
22 分
この章を読む
2
拝啓、過去のあなたへ
2日目「私はあなたの妹です」
お盆の一週間前のこと、主人公……水原陽斗(21歳)が仕事でボロボロになりながらも、いつものように帰り道を歩いていると、幼い声が陽斗に向けて発せられた。「お兄ちゃん?」陽斗にとっては懐かしい声だった。振り向き、その姿を目の当たりにして陽斗は驚愕した。そこに立っていたのは数年前に亡くなったはずの妹、水原結奈と瓜二つの少女だった。
読了時間
25 分
この章を読む
3
拝啓、過去のあなたへ
3日目ブラック企業からの脱出
お盆の一週間前のこと、主人公……水原陽斗(21歳)が仕事でボロボロになりながらも、いつものように帰り道を歩いていると、幼い声が陽斗に向けて発せられた。「お兄ちゃん?」陽斗にとっては懐かしい声だった。振り向き、その姿を目の当たりにして陽斗は驚愕した。そこに立っていたのは数年前に亡くなったはずの妹、水原結奈と瓜二つの少女だった。
読了時間
7 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行