▲ 上へ戻る
運営へ連絡
異世界でもプログラム
全 54 章
著: 北きつね
1
序章
第一話 魔法商店「マナベ」
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
2
序章
第二話 火消し部隊
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
33 分
この章を読む
3
序章
第三話 新たな戦場^H^H職場
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
30 分
この章を読む
4
序章
第四話 火消し作業
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
5
序章
第五話 確執と問題
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
29 分
この章を読む
6
序章
第六話 修羅場
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
7
序章
第七話 別れ
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
48 分
この章を読む
8
序章
幕間 意思を継ぐもの
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
30 分
この章を読む
9
序章
幕間 真辺が残した物
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
10
序章
第八話 転生した?
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
17 分
この章を読む
11
第一章 少年期
第九話 ライムバッハ家
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
12
第一章 少年期
第十話 測定式
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
24 分
この章を読む
13
第一章 少年期
第十一話 神との会議
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
14
第一章 少年期
第十二話 従者?奴隷?
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
37 分
この章を読む
15
第一章 少年期
第十三話 王都に向けて
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
16
第一章 少年期
第十四話 入学試験
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
41 分
この章を読む
17
第一章 少年期
第十五話 寮生活
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
24 分
この章を読む
18
第一章 少年期
第十六話 幼年学校
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
27 分
この章を読む
19
第一章 少年期
第十七話 商人ギルド
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
32 分
この章を読む
20
第一章 少年期
第十八話 中等部試験
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
21
第一章 少年期
第十九話 中等部入学式
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
30 分
この章を読む
22
第一章 少年期
第二十話 話し合い
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
32 分
この章を読む
23
第一章 少年期
第二十一話 エヴァの事情
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
24
第一章 少年期
第二十二話 デート?!
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
23 分
この章を読む
25
第一章 少年期
第二十三話 決闘
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
31 分
この章を読む
26
第一章 少年期
第二十四話 日常
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
27
第一章 少年期
第二十五話 実地訓練
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
26 分
この章を読む
28
第一章 少年期
第二十六話 成績考査
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
30 分
この章を読む
29
第一章 少年期
第二十七話 救出劇
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
29 分
この章を読む
30
第一章 少年期
第二十八話 冒険者ギルド
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
27 分
この章を読む
31
第一章 少年期
第二十九話 逆恨み
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
32
第一章 少年期
第三十話 ラウラとカウラ
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
20 分
この章を読む
33
第一章 少年期
第三十一話 襲撃
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
28 分
この章を読む
34
第一章 少年期
第三十二話 撃退
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
28 分
この章を読む
35
第二章 冒険者マナベ
第三十三話 ライムバッハ家
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
33 分
この章を読む
36
第二章 冒険者マナベ
第三十四話 目的?
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
24 分
この章を読む
37
第二章 冒険者マナベ
第三十五話 尋問
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
19 分
この章を読む
38
第二章 冒険者マナベ
第三十六話 権利と義務
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
39
第二章 冒険者マナベ
第三十七話 旅立ちの前に
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
40
第二章 冒険者マナベ
第三十八話 今後の方針
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
41
第二章 冒険者マナベ
第三十九話 新たな力
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
26 分
この章を読む
42
第二章 冒険者マナベ
第四十話 別れ
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
32 分
この章を読む
43
第二章 冒険者マナベ
第四十一話 神からの忠告
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
44
第二章 冒険者マナベ
第四十二話 エヴァの葛藤
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
23 分
この章を読む
45
第二章 冒険者マナベ
第四十三話 冒険者マナベ
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
46
第三章 ダンジョン攻略
第四十四話 旅立ち
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
20 分
この章を読む
47
第三章 ダンジョン攻略
第四十五話 ライムバッハ辺境領
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
21 分
この章を読む
48
第三章 ダンジョン攻略
第四十六話 二人での生活
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
22 分
この章を読む
49
第三章 ダンジョン攻略
第四十七話 レイ・エヴァ・マナ
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
33 分
この章を読む
50
第三章 ダンジョン攻略
第四十八話 指輪と魔道具
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
33 分
この章を読む
51
第三章 ダンジョン攻略
第四十九話 迷宮街
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
28 分
この章を読む
52
第三章 ダンジョン攻略
第五十話 冒険者ギルド
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
24 分
この章を読む
53
第三章 ダンジョン攻略
第五十一話 探索
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
28 分
この章を読む
54
第三章 ダンジョン攻略
第五十二話 ランクアップ?
俺は、元プログラマ…違うな。社内の便利屋。火消し部隊を率いていた。とあるシステムのデスマの最中に、SIer の不正が発覚。火消しに奔走する日々。俺はどうやらシステムのカットオーバの日を見ることができなかったようだ。転生先は、魔物も存在する、剣と魔法の世界。魔法がをプログラムのように作り込むことができる。俺は、異世界でもプログラムを作ることができる!
読了時間
37 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行