▲ 上へ戻る
運営へ連絡
ルドベキアの天秤
全 3 章
著: 赤井あんず
1
0.プロローグ
​───────殺してくれて、ありがとう。生暖かい血を被りながら、彼はその言葉を聞いていた。涙を流すことすらできずに、彼は目を見開いて目の前の光景を見ていた。
読了時間
12 分
この章を読む
2
1.蛍袋の儀
​───────殺してくれて、ありがとう。生暖かい血を被りながら、彼はその言葉を聞いていた。涙を流すことすらできずに、彼は目を見開いて目の前の光景を見ていた。
読了時間
12 分
この章を読む
3
始まりの合図
​───────殺してくれて、ありがとう。生暖かい血を被りながら、彼はその言葉を聞いていた。涙を流すことすらできずに、彼は目を見開いて目の前の光景を見ていた。
読了時間
12 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行