▲ 上へ戻る
運営へ連絡
Lord〜紅の足跡〜
全 4 章
著: 蜂木 トケン
1
間違い続けた愚者
1独立魔装部隊と愉快な仲間達
『彼の者、魔神に見染められし欲望の徒。其は満ちるを知らず、また己が器を見もしない。汝、こころして見よ。彼の最期、その救い難き結末を――なーんてね』見開きにはこう書いてあった。再度読み直し、本から顔を上げる。目の前の男、赤髪の青年――ポプリは額に手をやり、溜息をついた。
読了時間
53 分
この章を読む
2
2独立魔装部隊の任務
『彼の者、魔神に見染められし欲望の徒。其は満ちるを知らず、また己が器を見もしない。汝、こころして見よ。彼の最期、その救い難き結末を――なーんてね』見開きにはこう書いてあった。再度読み直し、本から顔を上げる。目の前の男、赤髪の青年――ポプリは額に手をやり、溜息をついた。
読了時間
132 分
この章を読む
3
3開幕を待つ舞台
『彼の者、魔神に見染められし欲望の徒。其は満ちるを知らず、また己が器を見もしない。汝、こころして見よ。彼の最期、その救い難き結末を――なーんてね』見開きにはこう書いてあった。再度読み直し、本から顔を上げる。目の前の男、赤髪の青年――ポプリは額に手をやり、溜息をついた。
読了時間
51 分
この章を読む
4
4愚者の魔剣
『彼の者、魔神に見染められし欲望の徒。其は満ちるを知らず、また己が器を見もしない。汝、こころして見よ。彼の最期、その救い難き結末を――なーんてね』見開きにはこう書いてあった。再度読み直し、本から顔を上げる。目の前の男、赤髪の青年――ポプリは額に手をやり、溜息をついた。
読了時間
59 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行