▲ 上へ戻る
運営へ連絡
仏舎利塔と青い手毬花
全 10 章
著: 北きつね
1
序章
第一話 終わり
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
17 分
この章を読む
2
第一章 過去
第一話 葬儀
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
14 分
この章を読む
3
第一章 過去
第二話 同窓会
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
14 分
この章を読む
4
第一章 過去
第三話 忍び寄る影
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
18 分
この章を読む
5
第二章 キャンプ
第一話 お泊まり会
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
18 分
この章を読む
6
第二章 キャンプ
第三話 タクミの能力?
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
15 分
この章を読む
7
第二章 キャンプ
第四話 肝試し
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
14 分
この章を読む
8
第二章 キャンプ
第五話 手紙
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
13 分
この章を読む
9
第二章 キャンプ
閑話 手紙
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
7 分
この章を読む
10
第三章 託された手紙
第一話 報告
田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。同級生たちは忘れていなかった。忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。ただ、自分を見つ
読了時間
18 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行