▲ 上へ戻る
運営へ連絡
無能力者と神聖欠陥
全 1 章
著: 島流十次
1
【0】
1 ググ/新世2000年、3月
一度崩壊した世界は生まれ変わり、それから成長したのは人類の「脳開発」だった。頚椎にチップが埋め込まれ、脳が発達し人は超能力を手にするようになり、超能力を扱えるものは「有能」と呼ばれる。しかしチップを埋め込まれても尚能力を持てない「無能」は『石頭』と揶揄され、第二新釜山に住む大学生、ググもまた、石頭であった。ある日、アルバイト先で、一人の奇妙な「有能」の少女と出会ってから、ググの日常は変わっていく。
読了時間
10 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行