▲ 上へ戻る
運営へ連絡
浅葱色の桜
全 2 章
著: hatsune
1
浅葱色の桜
時は幕末。江戸市ヶ谷試衛館の師範代を務めるのは、道場主近藤周助の一人娘・さくら。義弟の近藤勇と共に「武士になろう」と約束した彼女は、土方歳三、沖田総司といった仲間たちと共に、将軍警護の「浪士組」に志願する。
読了時間
10 分
この章を読む
2
浅葱色の桜
2.家出
天保十(一八三九)年さくらと名付けた娘はすくすくと成長し、彼女が六歳になった年、周助は江戸市ヶ谷甲良屋敷に試衛館という道場を作った。
読了時間
22 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行