▲ 上へ戻る
運営へ連絡
小さな死神と老いた魔術師
全 5 章
著: 樫吾春樹
1
第一章 出会い
幾千年の時間を生きるとある魔術師がいた。彼は他人と触れ合わずに長い時を過ごしてきた。ある時出会ったのは、一人の小さな少女。彼女は自らを旅人と名乗ったが、あまりにも幼すぎる彼女に魔術師は首をかしげた。そして行き場のない彼女に「短い期間だけ一緒に過ごそう」と話した。孤独な魔術師と孤独な少女が出会い、それぞれの寂しさを抱えながら共に過ごしていく。
読了時間
20 分
この章を読む
2
第二章 修行
二人が一緒に暮らすようになってから一週間程が過ぎた。出会ったころよりも少女は明るくなり、二人の間には会話も増えていた。そんな二人に新たな問題が発生し。
読了時間
38 分
この章を読む
3
第三章 祈り
少女との生活にも慣れてきた頃。飼っていた愛猫が、ある日の朝亡くなっていた。その亡骸を抱きかかえ、二人で庭に埋めお墓を作った。そして、彼女かポツリと過去を話し始めた。
読了時間
31 分
この章を読む
4
小休止1 ごくありふれた景色
少女と出会って気づけば数ヶ月が過ぎていた。彼女の魔法の腕もどんどん上がり、日に日に教えることがすくなっていく魔術師。そんな二人のとある一日の物語。
読了時間
4 分
この章を読む
5
第四章 成長
少女も成長して十五歳となった。家事も色々とするようになり、老人のの手伝いもだいぶするようになっていた。そんな二人の生活に変化が起きて。
読了時間
25 分
この章を読む
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行